自分のことを好きな人を見分ける方法10選:当てはまるものがあるかチェックしよう!

記事の著者:1149109

自分に好意をもってくれている人がいると聞くと嬉しいものです。他の人から聞くのではなく、自分で見分けることができたらなお良いでしょう。

自分を好きな人が見分けられれば、相手が自分に想いを寄せていると一足早く気付けるはず。万が一よく思っていない相手からの好意であれば、なるべく深入りしないようにあえて距離を置くことも可能です。

自分のことを好きな人を見分けることはどちらのケースであれ、自分にとっては良い方向にもっていきやすくなります。

自分のことを好きな人を見分ける方法

この中の1つでも当てはまれば好意を持たれている可能性があると言えますが、あてはまる項目数が多いほど好かれている可能性が高まるでしょう。

頻繁に視線が合う

好きな相手というものは、ついつい目で追ってしまうものです。そのため、頻繁に目が合うという人は自分を好意的に思って見ている可能性が高いです。好きかどうかの判断まではしかねますが、自分に関心があると受け取ってよいでしょう。

一方で、自分が常に見てしまっているために相手が視線を感じて、偶然目が合ってしまう可能性もあるので、要注意です。

LINEが来る頻度が多い

急を要しない、特に内容が無い連絡が頻繁に来るのであれば、相手から好意を寄せられていると考えられます。

ただし、あくまで自分に対してだけそうであるかどうかが重要です。他の相手にも、暇なときには他愛ない連絡をしているのであれば、それはその人自身のコミュニティーション方法だと考えられることも。

あなたにだけ頻繁に連絡があるという場合には、好意を持たれている可能性が高いでしょう。

距離感とボディタッチ

お互いの距離が近いと、自然と肩や手などに触れてしまう場合があります。気が付けば相手から近付いてきて、距離が近くなっているようであれば、それはその人からの好意のサインです。

触れたい、近くにいたいという気持ちから無意識にボディタッチをしていることもあります。

過去の話を話す

過去の恋愛について話を聞きたがる相手は、自分に好意を寄せていることが多いです。また、自分の話を頻繁にしてくる相手も同様に言えます。

過去の話をすることは、相手のことをよく知り、同じように自分のことも知って欲しいと考えるから。プライベートな内容を話すのは、あなたに心を開いている証拠です。

過去の恋愛について聞くことは、あなたの好きな男性のタイプを知ることに繋がるからでしょう。

些細な変化に気付いてくれる

例えば髪型を変えたことやリップの色を変えたなど、些細な変化に気付いてくれるのであれば、その相手はあなたのことを好きな可能性が高いと言えます。

ほんの些細な変化を気付いてくれた上であえて口に出して伝えてくれたのであれば、相手が自分に好意を寄せていると考えて間違いないでしょう。

予定を合わせようとしてくれる

一緒に出かける予定を立てる際に予定が合わなくても、わざわざ別の日を作って少しの時間でも会おうとしてくれる場合は、自分に好意があると考えてよさそうです。

また、予定が合わなくても相手からまた誘い直してくれる場合も同様です。誘いを断られても脈なしとは限りません。

褒めてくれる

容姿や性格を褒めてくれるのは、好意のサインです。よく褒めるのは、相手に気に入られたい場合や好きになってほしいという気持ちからくるものです。

一度や二度だけでなく、マメに褒めてくれるのはあなたへの好意の現れでもあります。

悩み相談をする

男性はなかなか自分の弱みを見せることはありません。相手から悩みを相談される際に「あまり人に話したことはないんだけど…」と特別感を出されたら好意を持っている可能性が高いです。

好きな相手には自分の秘密を知っていてほしい、2人だけの秘密がほしいという気持ちも。

味方になってくれる

仕事でミスをしたときやあなたが落ち込んでいるときに励ましてくれる相手も、あなたに好意を持っていることが多いです。

常に否定的な意見を言わず、味方になってくれるのはあなたに頼ってもらいたいという気持ちもあります。

あなたに気に入ってもらいたいと思っていることも。

食事に誘う

いきなりデートではなくカジュアルな食事に誘うというのも、あなたへのアプローチの可能性が高いです。相手に会いたいときに簡単に誘えるというのも理由のひとつです。興味のない相手は自分から誘ったりしません。

食事をする中で距離を縮めて、相性がいいかどうかを確かめたいという理由もあります。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。