元彼に連絡したい時の心構え:タイミング&内容が肝心

記事の著者:Kanako

元彼に連絡を取りたい場合は、タイミングやきっかけに注意しなければなりません。別れてすぐに復縁を申し込んだり、面倒くさいLINEを入れたりすることで、相手から鬱陶しいと思われる可能性があるからです。

今回は、元彼に連絡取りたい場合に気を付けなければならない注意点や内容についてみていきます。連絡してみたいけどきっかけがつかめない、どんな内容を送ればいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

元彼に連絡したい時の心構え

別れてすぐの連絡はNG

別れて数日も経たないうちに、元彼に復縁の申し出や頻繁な連絡をして、何とか心をつなぎ留めたいと考える人がいますが、それは逆効果。男性は追いかけたい生き物なので、恋愛感情が冷めてしまった相手から追いかけられる事を嫌います。

そのため、別れてすぐの連絡は極力控え、接点を減らしていくことから始めましょう。お互いがしっかりと冷静な状態に戻るためにも、一度しっかりと距離を置くことをおすすめします。

別れて焦る気持ちを落ち着けることも大切です。焦らずゆっくりと気持ちを確かめ、自分の気持ちに再度自信が持てるようになったら、元彼に連絡を取ってみましょう。

相談やネガティブな内容は気をつけること

相談すれば元彼なら応えてくれる、と思い連絡を取る人がいます。しかし、元彼も自分の時間を大切にする必要があります。相談をする相手を間違えてはいけません。相談は、恋人時代であれば受け入れてもらえていたかもしれませんが、恋人関係が解消された今では無効です。

また、ネガティブな内容を延々とされてしまっては、元彼もうんざりしてしまいます。まずは、その悩みや相談事を自分で解決できるよう、自立することから始めましょう。相談は、身近な相手や親身になってくれる友人などに話すようにしましょう。

縁が切れてしまった今、元彼は頼れる存在とは限りません。面倒だと思われてしまっては意味がありませんから、しっかりと自分で悩みを解決することができるよう動いていきましょう。

復縁は最低でも半年待つ

復縁を望んでいると、すぐにでも連絡を取りたくなってしまうものです。しかし、それでは元彼には逆効果だということを知っておきましょう。男性は、基本的に追いかけることが好きなため、追われてしまうと今以上に気持ちが冷めてしまうことが多くあります。

別れてしまった以上、昔の恋人だった頃に戻ることはできません。最悪の場合、利用され身体だけの関係などになることもあります。そうならないよう、まずは別れてから最低でも半年は一定の距離を開けるように心がけましょう。

距離を保つことで、元彼も冷静さを取り戻すことができます。また、その期間に冷静になることで、久しぶりに連絡を取れば近状報告などをスムーズに行うことができ、そこから復縁などのきっかけをつかむことができます。間違ってもすぐに連絡を取ろうとしないよう、自制心を持つことも必要です。

しつこい連絡は嫌われる

元彼になってしまった今、頻繁な連絡は鬱陶しく感じるでしょう。のため、連絡頻度はできるだけ下げ、彼氏だった時と同じ返信頻度を強要しないよう心がけましょう。付き合っていた時であれば許されていたわがままも、元彼となって半ば他人になってしまった現在では通用しません。

うまく復縁するためには、その距離感を大切にしなければなりません。「やっぱり別れなければよかった」と思わせるためには、相手が心地いいと感じる距離感を演出することが大切です。しっかりと距離感を見極めなければ、ただのうざい女性でしかありませんから、注意してください。

次の恋を探すなら!おすすめマッチングアプリ

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。