嫌がられるLINEの返信とは?返したくなる返信内容も紹介

記事の著者:Kanako

コミュニケーションツールとして誰もが使っているLINEですが、既読無視や誤送信など、トラブルが絶えませんよね。

その原因は、メッセージの送り方にあります。あなたのLINEの返信も、もしかしたらめんどくさいと思われているかもしれません。

そこで今回は、男性に嫌われるLINEの返信パターン5選を紹介します。対策法も載せておくので、ぜひチェックしてみてください。

男性に嫌がられるLINEとは?

今では、好きな人との距離を縮めるのに必要不可欠なツールとなったLINEですが、使い方次第では相手に嫌われてしまうことも。

LINEがきっかけでそんな悲しい結末にならないためにも、男性に面倒くさがられるLINEの返信のパターンを知っておきましょう。

これらのことをしないように気をつければ、楽しい会話がいつでも楽しめます。

既読無視をする

これはLINEが普及し始めた時から言われていることなので、いまさら説明することもありませんね。

あなたがメッセージを既読にしたら、なるべく早めに返信をしないと、読んだのに無視していると思われるので、相手への印象は悪くなります。

もし返信がすぐにできないのなら、ポップアップ機能でメッセージ内容を確認をするだけにして、既読状態にはしないようにしましょう。

催促・連続でいくつもLINEを送る

既読無視が気に触っても相手は仕事中かもしれませんし、たまたまスマホを開いた時にメッセージを見て返し忘れているかもしれません。

返事が欲しい気持ちは分かりますが、待つことも大事です。連続でLINEを送る、催促のLINEを送るなどの行為は避けましょう。

自分が暇でも、相手が暇とは限りません。

長すぎるメッセージ

会話を続けようとする努力は大事ですが、やたら長い文や日記のような文章は控えましょう。

長すぎるメッセージは何が言いたいのか伝わりにくいですし、送られた方も長文で返さなきゃいけないのかな?というプレッシャーになります。

また、知り合ったばかりの相手に自分の全てをさらけ出せばいいという訳ではありません。

仲良くなってから、何を食べたのか、どこに行ったのかなどの会話を広げるのが良いでしょう。

スタンプや絵文字を過剰に使う

コミュニケーションは言葉のキャッチボールです。可愛いスタンプや面白いスタンプがたくさん増えてきていますが、加減は必要でしょう。

相手が真剣な話や相談をしてきた時は、特に要注意です。相手の真剣な文章に対して、スタンプだけの反応をしたら、相手は馬鹿にされたように感じるかもしれません。

またスタンプだけ大量に送るということも、男性からは嫌われる行為です。どう返信すれば良いのかも分からないし、返信すること自体面倒になってLINEが途切れてしまうこともあるでしょう。

返信したくなるLINEとは?

ここでは、男性が思わず返したくなるLINEをまとめました。

すぐに実践できるものもあるので、LINEが苦手な人や好きな人とのLINEが続かないという人はぜひチェックしてみてください。

回数より返しやすさを重視

伝えたいことはないけれど、LINEでつながるだけの目的だけで送るLINEは返事がしにくいです。

ポンポンとリズミカルなLINEをすることで相手が気軽に返信できるようなLINEをこころがけるのが重要です。

返しやすい文章を心掛けた方が、ただ連投するより仲良くなれるでしょう。

LINEパターンを読み取る

少しLINEのやり取りをすると、相手がどんなメッセージを送るか、LINEのパターンが見えてくるはず。

もし相手が短めで気軽な言葉のやり取りを楽しむタイプなら、あなたのメッセージも軽めの短い文で返すのがいいでしょう。

逆にしっかり長めの文だったり、いくつかに分けてメッセージを送るタイプの相手なら、あなたもわかりやすさを重視したメッセージの返し方をすると好印象です。

スタンプはノーマルなものを

スタンプは、自分がセンスがいいと思うものだけを送信しましょう。無料だからといっぱい使うのはあまりよくありません。

自分のキャラに合わないスタンプを送って、男から「この子不思議ちゃん?」などと誤解されることもありません。

スタンプ1つで印象を変えましょう。

夜は寝落ちLINEで相手に自分のことを考えさせよう

「ごめん。寝ちゃってた!」と送って、LINEを継続しましょう。

あえて深夜になったら既読をつけて返信せず、彼に「あれ? 寝ちゃったかな?」とあなたのことを考える時間を作らせましょう。

そして朝に「おはよう!」もしくは仕事終わりに「おつかれさま〜」と返信するのです。