書道家の離婚率・離婚する理由:収入の不安は夫婦仲にも影響しやすい?

記事の著者:1270626

一度は愛し合い結ばれた二人。それでも結婚生活を通してすれ違いが発生したり、問題が起きたりと、離婚してしまう夫婦も多いのが現状です。

離婚には職業が関係していることもあります。ここでは書道の道を極め、高度な技術と教養をもった専門家である書道家について紹介。書道家には様々な働き方がありますが、主に書道から収入を得る人を総称して書道家と呼びます。

書道家の特徴と離婚率

書道家といっても、書道を使っての働き方は様々です。中学校や高校での書道教員や、教室を設けての指導者が多いようですが、芸術家として活動する人もいれば、商品や広告のデザインなどの商業利用向けに書道を行う人もいます。

そんな書道家の離婚率は低め。書道家として活動している人はほとんどが教員であり、安定した職業なので離婚することも少ないのでしょう。

しかし、書道教室を経営したり、芸術家として活動する場合は、収入が安定しないこともあります。

書道家が離婚する理由

浮気や不倫

学校以外で書道を学ぶのは、主婦やOLなどの30代半ばの女性が多いそう。

書道教室で指導員をしている場合、そういった女性との出会いが増えるので、浮気や不倫などにつながってしまいます。また、その年代の女性は既婚者も多く、ダブル不倫のリスクも。

パートナーが指導教室での指導員をしている場合は、指導対象がどういった方なのかを聞いてみるといいかも。

不安の解消にもなり、パートナーも気をつけてくれるでしょう。

金銭面への不安

中学校や高校での書道の教員をしている場合、公務員として安定した収入を得ることが可能です。しかし、教室を開講したり、芸術家として活動したりする場合は、必ずしも収入が得られるとは限りません。

収入が安定しないことから、夫婦の間に溝が生まれ、それが離婚につながってしまう場合もあります。

家での教室開講

書道教室を開講する際、何処か場所を借りるのが一般ですが、自分の家をリフォームして教室を設ける場合もあります。パートナーにとっては、家に生徒という名の他人が頻繁に上がりこむことになるため、それがストレスへとつながるようです。

そういったストレスからすれ違いが生まれ、書道家が離婚する原因になっていきます。書道教室を自分の家でやりたいと考えたとき、しっかり夫婦で話し合い、互いに納得のいくような方法を考えられると良いでしょう。

アーティスト気質

芸術家として活動している書道家はアーティスト気質なことがあります。アーティストはナルシスト気質だったり、自分中心であったりと、癖のある性格の人が多いです。

そういった性格が原因で夫婦生活が長くは続かないことも。芸術肌なのは良いですが、大切なパートナーとのコミュニケ―ションは、親しき中にも礼儀ありだということを意識して、思いやりをもって行動できると良いでしょう。

離婚のデメリット

収入が安定していない書道家は、相手の収入に支えられて生活している場合も多いため、離婚後の生活に苦しむこともあります。芸術的な書道家として成功するために使っていた時間を、生活のために捨てる覚悟も必要です。

書道家が離婚を防ぐために

書道家が離婚を防ぐためには、まずは浮気や不倫などの問題を起こさないことが大事。書道教室の生徒は生徒として扱い、パートナーを大切にするよう心がけましょう。

また、金銭面において不安のある夫婦の場合は、書道家として働くスタイルを改善する必要があります。書道家は働き方が複数あり、選択肢も豊富です。

収入の少なさで悩むのなら、もっと安定した働き方を始めるよう夫婦で話し合ってみましょう。商業向けの書道家は、デザイナーのように受注仕事をすることもできます。

芸術家とはまた違いますが、書道を活かせる仕事です。自分の好きなことを生かしながら、安定して収入を得られるようになることが、離婚を防ぐための第一歩といえるでしょう。