浮気の慰謝料の相場はどのくらい?タイプ別に解説

記事の著者:Kanako

浮気で慰謝料を得るためには、浮気相手がパートナーのことを既婚者だと知っていることと、体の関係があったことの証拠があることが、金額を大きく左右します。多くの場合、慰謝料は50~300万円の間におさまるでしょう。

慰謝料は精神的苦痛に対して支払われる金額なので、精神的苦痛が大きければ大きいほど額は上がっていくのが一般的。パートナーに浮気された時、浮気相手にどれくらいの慰謝料を請求できるのかチェックしましょう。

慰謝料の金額はケースバイケース

浮気によって支払われる慰謝料には、明確な基準はなくケースバイケースで設定されます。相場はおよそ50〜300万円。

かなり振り幅がありますが、損害が大きいほど慰謝料が高くなるのが一般的。夫婦と浮気相手の年齢や夫婦の婚姻期間、パートナーの落ち度、相手の状態や関係性、あなたが感じた精神的苦痛などさまざまな要素が加味されます。

一般的に夫婦の年齢が高く、婚姻期間が長い場合の方が慰謝料は高いです。さらに、浮気相手との交際期間が長いほど高くなります。

また、浮気の原因がパートナーに非がある場合、あなたが受け取る慰謝料は高くなっていきます。精神的苦痛の場合、自殺未遂やノイローゼ、医者の診断書(うつ病など)があると慰謝料は高くなるでしょう。

支払われる慰謝料の相場

ケースバイケースで決まりますが、基本的には以下のような基準で金額が変動していきます。

夫婦関係を続ける場合:50〜100万円

浮気発覚後も夫婦関係が続いている場合、相場は50〜100万円。浮気相手との交際期間が短い場合や、離婚や別居はしていない状態のときなどが当てはまります。

これは、浮気が別居や離婚に至るほど精神的な苦痛が伴わなかったと見なされるケースです。

別居に至った場合:100~200万円

離婚まで至らなくても浮気が原因で別居することになった場合、相場は100万円〜200万円。夫婦関係を続ける場合よりも値段が高くなっているのは、別居という苦労の分を上乗せされているためです。

離婚に至った場合:200~500万円

浮気が原因で、夫婦が離婚した場合の慰謝料の相場は200~500万円。ここまでくると、精神的苦痛がかなり重度のケース。パートナーが浮気相手とすでに同棲している、交際期間が2~3年以上といった場合の金額です。

1000万というケースも

過去の実際の判例で、なんと1,000万円という高額な慰謝料の支払いを命じられたケースもあります。

この場合は、夫の浮気、つまり不貞行為を問いただしたところ、夫が一方的にキレてしまい、暴力に発展したようです。婚姻期間も30年間と長く、妻が受けた精神的苦痛はとても大きいということで、1,000万円が認められました。ここからも分かるように、夫婦として連れ添った期間が長ければ長いほど慰謝料も高額になる傾向があります。

慰謝料が支払われないこともある

浮気であっても、慰謝料が支払われない場合があります。例えばこのようなケースが該当します。

浮気相手が、相手が既婚者だということを知らない場合、不倫の時効が成立した場合、肉体関係がなかった場合など。必ずしも支払われないというわけではありませんが、こういった場合は慰謝料請求できない可能性が高いといえるでしょう。

夫に対しても慰謝料請求可能

自分のパートナーが浮気をしていた場合、通常はその浮気相手に慰謝料を請求するものと考えるでしょう。例えば、夫が浮気をしていたことが判明した場合、慰謝料を請求するとしたら、夫の浮気相手の女性が対象となるはず。

ですが、実は、夫に対しても請求することができます。浮気(不貞行為)は二人で行った不法行為なので、その請求対象も二人とすることが可能なのです。ただし、二人に対して請求しても慰謝料が2倍になることはありません。