銀行員の浮気・不倫事情:職員同士や顧客相手との可能性も!

記事の著者:SARAS婚活編集部

仕事ができて、律儀で真面目なイメージのある銀行員。

仕事ができて頭もいいとなると、放っておく異性は少ないです。結婚するまでも、その好物件から争奪戦は否めませんが、結婚しても女性からのアプローチは絶えません。

仕事ができて学歴が高い人は結婚におけるメリットが多く、結婚後も自慢の夫になります。

そんな銀行員は、よく不倫や浮気をする傾向あり。銀行は男女問わず人が多い職場ということも、不倫や浮気をしてしまうことに繋がります。

銀行員はなぜ不倫が多いのか?

銀行員は、高学歴や頭の良い人、仕事ができる人が活躍する職種です。職場には男女問わず人がいるので、ちょっとしたことでも恋愛関係になり、こじれやすい傾向があります。

また職員同士の不倫も多いですが、顧客との不倫もあるのが銀行員の特徴。

銀行員は男女問わずキリっとしているイメージが強いので、顧客からの印象も良く、恋愛的な目線で見られることも。銀行員は様々なシチュエーションで不倫になり得る環境が整っています。

仕事ができるだけでモテる対象になることもあるので、歯止めが利かなくなると不倫関係に持ち込んでしまうことも多いです。

銀行員の不倫の実態

銀行は人数が多く、男女一緒に働く職場。毎日一緒に仕事をしたり、時には飲み会をしたりしていると仲が深まることも多いです。その環境を利用して、気に入った異性と親密になり、不倫が所々で発生している状況。

バレれば咎められて左遷ということもあり得ますが、優秀な人が不倫していたり上司が不倫していた場合は、暗黙の了解になることがあります。不倫が黙認される環境であるかどうかは、職場によって異なります。

大手の銀行は昔から不倫が多いとされているため、職員同士の不倫などは見てみぬふり。

いつどこで不倫しているのか?

銀行員の不倫相手は様々なケースが考えられます。そのため、一概には言えませんが、大体は仕事終わりを利用して会っていることが多く、家族には残業と称して遅くまで飲んだり、ホテルに行ったりします。

家族にはバレていないつもりでも、銀行員の残業はそこまで遅くなることは少ないですから、すぐにバレてしまうことも。

しかし、中には激務の仕事を任されていて、不倫なのか仕事なのか判断しづらい人もいるようです。仕事のふりをして、不倫を楽しんでいることもあります。

休日は銀行はやっていませんが、休日出勤というものがないわけではありません。休日出勤だから、と嘘をついてスーツで外出し、外で着替えて不倫相手に会うことも。巧妙なやり方で、不倫相手との時間を楽しんでいます。

銀行員の不倫相手はどんな人が多いか?

銀行員の不倫相手は、同じ職員同士、顧客など、様々なケースが考えられます。また、近隣の支店の人と不倫関係になることも多いようで、どういったきっかけが不倫に発展するのかは人それぞれ。

不倫することによって家庭は蔑ろにされてしまいますが、銀行員同士でダブル不倫している可能性も。ダブル不倫の場合、バレれば普通の不倫よりも泥沼化してしまいます。しかし銀行員の不倫では少ないことではありません。

周りの銀行員は黙認しがちなので、どんどん不倫が生まれてしまいます。顧客の相談に乗りながら親密な関係を築こうとする人もいるとなると、どこで不倫が誕生するのか予想するのは難しいです。