理学療法士の浮気・不倫事情

記事の著者:276107

ケガや病気をした際、リハビリのお手伝いをしてくれるのが理学療法士さんです。病院勤務で安定していることもあり今人気の職種でもあります。そして何といってもイケメンが多いという噂。

実はこの理学療法士のいう仕事は不倫や浮気が多い職業と言われていて、男女問わずモテると言われています。理学療法士に浮気・不倫事情が気になる人、旦那さんや奥さんが理学療法士という人はぜひチェックしてみて。

理学療法士に不倫が多い理由

まず大きな特徴は勤務地です。理学療法士は病院勤務になりますが、そもそも病院という場所が不倫が多い職場のため理学療法士も巻き込まれてしまうんだそう。職場内だけでなく患者さんとも不倫に発展することも多い病院。

治療の過程で接する機会が多い理学療法士も同じです。親身になって治療をサポートしているうちにいつのまにか惹かれあってしまうことは普通に恋愛においてもよくあること。これは不倫も同様です。

医師ではないからと安心している旦那さん、奥さんが多いですが、理学療法士は医師と同じくらい不倫に向いている環境ともいえるでしょう。

男性理学療法士は看護師と患者からモテる

リハビリを行う際、看護師と連携を取りながらケアするのが理学療法士です。自然と看護師と会話する機会も増えていき、だんだん親密な関係に発展することがあります。

共通の話題が豊富なうえ、お互い過酷な仕事ということで理解し合える存在になり気付けば男女の仲に、というケースは本当によくあるそう。男性理学療法士と看護師の組み合わせが最も多いとも言われています。

また患者からもとにかくモテるのがこの仕事。男性理学療法士は優しくて若い人が多いのでつい女性患者さんはキュンときてしまうんだとか。目の保養くらいで済めばいいのですが、そのまま不倫になることも中にはあるようです。

女性理学療法士は男性患者にご注意を

理学療法士というのは患者にボディタッチすることも多く、勘違いしてしまう男性患者も少なくないようです。よって女性理学療法士は患者から好意を寄せられることも多く、中にはそのまま不倫に発展することもあるそう。

治療する上で体に触らなければいけないことは患者も分かっているのですが、どうしても意識してしまうもの。そういった期間が長くなれば相手も同じ気持ちなのでは?と気持ちが盛り上がってしまうそうです。変な噂が立ってしまうと後々面倒。好意が迷惑ならばはっきりお断りする勇気も必要です。

仮に不倫に発展したとしても退院後は別れてしまうカップルも多く、長続きする方が珍しいとも言われています。お互いに一時的なものなのかもしれません。

病院は人目につきにくい

病院には人目につきにくい場所がいくつもあります。通常の不倫であれば不倫相手と会う際、周囲に気を配る必要があります。なぜなら二人の関係が周囲にバレればそれで不倫も終わってしまう可能性が高いからです。しかし病院はその点についてはあまり考える必要はありません。

空き部屋や関係者以外立ち入り禁止となっている場所など人目につかない場所がたくさんあり、昼間でも密会しやすいのが病院の最大のメリット。大きい病院になればなるほど有利でしょう。これなら不倫に発展しやすいのも納得です。

また理学療法士の場合はある程度就業時間が決まっているので仕事の後に密会することも容易。残業と言っておけば少々遅くなっても疑われることがないため、家族にバレにくいのも理学療法士の不倫の特徴ともいえます。

さいごに

男女問わず理学療法士というのはモテる職種です。男性の場合は看護師を、女性の場合は患者さんに要注意です。不倫に発展しないようお互いがお互いをケア出来るような関係でいたいもの。

最近帰りが遅くなった、なんだか身なりをいつも以上に気を遣うようになった。そんなささいな違和感を感じたときは怪しいかもしれません。泥沼になる前にしっかり対処しておくことをおすすめします。