芸能人・タレントの浮気・不倫事情

記事の著者:276107

ここ数年、ワイドショーを賑わしているのが不倫や浮気といったもので「ゲス不倫」なんて言葉まで誕生しました。もはや不倫していない芸能人はいないのでは?というくらい次から次へ発覚し、正直世間ももうおなかいっぱい状態です。

そもそも芸能人やタレントの不倫はどういう人と付き合うのか。またどういう結末を迎えたのか。どうでもいいと思っていても他人の色恋沙汰はつい見てしまうものです。ぜひチェックしてみて。

芸能界は不倫の温床?

不倫のニュースを見ない日はないくらい不倫が溢れている芸能界。最初は「まさかこの人も?!」と驚くこともありましたが、ここまで多いともはや不倫していない人の方が珍しいのかもしれません。

ですがこれはあくまで人目にさらされる仕事だからこそではないでしょうか。一般企業でも不倫をしている人は五万といます。ただ芸能人やタレントと違って全国ネットで報道されないだけで案外周りには多くの不倫経験者がいるものです。

芸能人の不倫相手はやっぱり芸能人?

不倫のニュースを見ているとやはり同業者で不倫をしているケースが多いようです。俳優とグラビアタレント、俳優とモデル、タレントと歌手、歌手同士などなど似たような環境で不倫に発展しまうものなのかもしれません。

他にも最近ではアナウンサーと局内スタッフの不倫というのもありました。意外と身近なところで相手を見つけているようです。

ただ中には一般人と不倫をしているケースも少なくありません。地方へ行く機会が多い芸能人・タレントの場合は地方でそういう相手を作った方がバレにくいので好都合なのでしょう。

バレたらもう芸能界にはいられない?

最近の風潮としては世間からのバッシングを受けて芸能活動が困難になることも増えてきました。スポンサーが降りる事態に発展すれば違約金が発生することもあり、そのまま表立った活動が難しくなるケースもあります。

もちろん不倫をするのが一番良くないとは分かっていますが、少々行き過ぎている場合も無きにしも非ずではないでしょうか。

ただその芸能人やタレントのキャラクター性などで不倫が許される場合もあります。他にも芸能事務所のバックアップによって不倫自体が報道されない可能性もあります。

逆にその人の高感度が高くても干されることがあります。良い方・悪い方どちらに転ぶかは不倫報道後の行動に大きく左右されているようで、誠実性があるのかどうか。これから不倫報道があった場合はこういった点に注目するのも面白いでしょう。

そもそもどうやって不倫がバレるのか

芸能人やタレントというのはプライベートは一般人よりも警戒しています。それでもなぜ不倫がバレるのか。スクープというのは週刊誌の記者が張り込んでいるイメージですが、元々の発端というのは別にいることが多いとされています。

いわゆる「タレこみ」というもので、マネージャーやファンがリークしているケースというのはよくあるんだそう。現場マネージャーの場合、仕事が雑用メインになるのでどうしても関係が悪化することもあり、半ば腹いせのように週刊誌に情報を持ち込みます。

そしてもっともリークしているのが「付き人」。付き人というのは待遇もあまり良くないうえ、場合によっては芸能人から日常的に嫌がらせや酷い仕打ちを受けることもあります。ですので入れ替わりも激しく、辞めたあとに復讐もかねて出版社へ持ち込みます。付き人としては報酬ももらえて一石二鳥。

マネージャーにしても付き人にしてもプライベートをよく知る人物であるのは間違いありません。情報源としては最も信頼出来るともいえます。

さいごに

最近では不倫であることを公式に発表するカップルも増えてきました。長年夫婦関係が破綻している状態などの場合に多く、あまりに堂々としているので見ているこちらが圧倒されてしまうほど。

遊びは芸の肥やしとも言われたのはもう昔の話。今後もこの手のニュースは減ることはないでしょう。ただ、もう不倫ネタに視聴者が飽きてしまって不倫がそう珍しくないものになってきました。