モデルの離婚率・離婚する理由:華やかな裏には苦労が潜んでいることも

記事の著者:577281

華やかな世界に生きるモデルですが、恋愛に関して順風満帆とは限りません。モデルの中には俳優やアスリートなどと結婚する人もおり、熱愛報道および離婚報道でメディアを賑わせています。

テレビや雑誌を見ていると離婚を伝えるニュースを目にすることもあってか、モデルの離婚率が高いように思いがちです。しかし、それは本当なのでしょうか。離婚の理由とデメリットにも触れながら、以下に真相をお伝えします。

モデルの離婚率

モデルの離婚率について、公式に発表されているデータは不明です。ただ、テレビ番組や雑誌などではモデルの離婚報道が目を引くため、離婚するイメージが強いでしょう。

また、モデルの中には繰り返し離婚と結婚を繰り返す人もいます。ただ、ファッションモデルやグラビアモデル業界は離婚率が高いという噂も聞かれないため、離婚する人は少数派だと言えます。

おそらく、モデルの離婚率は一般家庭と変わらないでしょう。多そうに見えるのは、メディアによって大々的に報道されるせいです。

モデルは仕事の都合上、有名人と知り合う機会が多くなります。離婚報道で興味を引くような有名人とたまたま結婚する確率が高いため、離婚した際も大ごとにされやすいのでしょう。

モデルが離婚する理由その1:外見とのギャップ

モデルの方々は外見で勝負するべく、日夜美貌に磨きをかけています。私たちが目にする姿は言わばその努力の産物で、その姿は大変魅力的です。

結婚を考える人にとってもモデルは魅力的に見えるため、容貌から好きになるパターンが多いことは一目瞭然でしょう。そのため、いざ結婚してから内面とのギャップの違いに苦しむ場合があります。

俗に「美人は3日で飽きる」と言われますが、これは結婚する異性の心理を的確に表した言葉です。男性でも女性でも、交際していくうちに相手のより内側の部分に注意が向くようになります。容貌は単なるきっかけに過ぎません。

共同生活をするうちに意外な側面が明らかになって幻滅されるケースもあるでしょう。

また、その外見から他の異性からお誘いの声も絶えません。不倫の有無に関わらず、他の異性との関係は夫婦の仲に亀裂を生みかねません。

モデルが離婚する理由その2:ライフスタイルが合わない

私たちがよく見るモデルの姿は一朝一夕で完成されたものではありません。食事から睡眠、日々の運動など、モデルの方々は日常生活の隅々まで気を配って健康的な外見を作っています。

モデルにとっては仕事の時間以外のオフの時もおろそかにはできません。体調維持に余念が無く、しばしばストイックな生活を貫かざるを得ないでしょう。

そのため、一般の人とライフスタイルが異なることも少なからずあります。もしも夫婦間の生活時間帯が合わず、顔を合わせる時間も少ないとしたら離婚の原因になってもおかしくはありません。

中でも食生活の違いはすれ違いの原因になりやすいため、注意が必要です。ヘルシーな食事を心がけるモデルにとっては配偶者の協力が不可欠でしょう。

離婚によるデメリット

モデルが離婚することによるデメリットとして代表的なものは、商品のイメージダウンが挙げられます。

2015年7月には、モデルの仁香氏が2014年に離婚していたという報道がありました。

一連の報道の中で、仁香氏が離婚を発表しなかったのは、自身がプロデュースする恋愛や幸運に効果のあるブレスレットのイメージダウンを避けたかったからと推測されました。

モデルは関わった商品の顔となり、商品のイメージを左右します。離婚の持つネガティブなイメージは仕事の上でマイナスに働く可能性があります。

昨今ではゴシップはインターネット上にいつまでも残ります。モデルの方々は他の業種よりもイメージに気をつけていることでしょう。