風俗嬢の離婚率・離婚する理由:好奇の目に晒されるとトラブルが

記事の著者:577281

風俗嬢は外見もきれいな人が多く、その美貌に惹かれる男性も多いでしょう。ただ、結婚相手として考えると、男性の目には風俗嬢はどのように映るのでしょうか。

その実態を確かめるためには離婚率を見るのが一番です。風俗嬢の離婚率や離婚の理由からその実態を解説していきます。

風俗嬢の離婚率

風俗嬢の離婚率について、特に高いことを示すデータはありませんが、さまざまな推測がされています。

風俗嬢はその生活スタイルや周りの目から、なかなか安定した家庭を築きにくいとする見方も。反対に、疑似恋愛である風俗で働いているため、本当の恋愛に対しては一途な女性が多いという意見もあります。

結局のところ、風俗嬢の離婚率については人によるところが大きく、一概には何とも言えません。離婚にいたる材料は少なからずあるものの、場合によっては円満な家庭を築けるようです。

風俗嬢が離婚する理由その1:金銭感覚の違い

風俗嬢の離婚の原因として、金銭感覚の違いが挙げられます。風俗嬢は短期間で多くのお金を手にできるため、ともすれば金銭感覚が一般人とかけ離れていることも。

風俗嬢で収入の多い人は月収100万円を達成していることもあります。そうした人がいざ結婚すると、風俗嬢を続けているかどうかにかかわらずお金の使い方が粗くなってしまうことがあるようです。

結婚すると、夫婦で一緒に家計を管理することが求められるでしょう。その時にお金の使い方が粗いと将来の設計ができなくなるほか、夫からの反感も買いかねません。

もしも結婚を機に風俗業界をやめていても、月収の低さが気になって他の職業に就けない場合もあります。また風俗業界に戻ることがあれば、気にする男性もいるかもしれません。

もちろん、一般的な職業で問題なく働ける人もいます。風俗嬢全員の金銭感覚が狂っているわけではありません。

風俗嬢が離婚する理由その2:周囲の目

風俗嬢は他の職業と同じく立派な職業ですが、しばし偏見を持たれます。人によっては他人の性欲を処理する仕事が卑しく見えるのでしょう。

風俗嬢が結婚する時には、そのような偏見から反対されることもあります。また、職業に偏見を持っていなくても、いつまでも続けられる職業ではないという安定感の無さから結婚に反対する人もいます。

偏見の問題は別としても、風俗嬢だとわかると好奇の目を引く場合もあるでしょう。そのため、風俗嬢であった過去を隠して結婚する人もいます。

ただ、風俗嬢だった秘密を知られると、それが離婚の原因になる時もあります。その理由としては、夫が風俗嬢という職業に良い印象を持っていなかったことのほか、隠し事をされていた点がショックだったこともあるでしょう。

離婚によるデメリット:家族への影響

風俗嬢が離婚することによるデメリットのうち最も大きいものは家族への影響ではないでしょうか。子どもがいる場合、育て方に苦労するかもしれません。

風俗嬢の勤める店は多くの場合、繁華街にあります。繁華街の近くは治安が悪く、子どもが悪い影響を受ける可能性が考えられます。

また、勤務時間が夜中だったり不規則なため、子どもを世話する時間が思うように取れない時もあるでしょう。

子どもが物心つくと、風俗嬢という職業をどう説明するか迷うかもしれません。学校での人間関係の中でトラブルにもなりかねません。

しかし、それらのことを除けば、風俗嬢が離婚をするデメリットは特にはなさそうです。黙っていれば風俗に来る客にはわかりませんし、お互いの詳しい事情は聞かないことがマナーです。