プロ野球選手の離婚率・離婚する理由:女性にモテるため不倫しがち

記事の著者:577281

プロ野球選手は仕事柄知り合う機会が多いため、タレントやアナウンサーと結婚しがち。しかし、そうして結婚した野球選手でも一定数が離婚しているという事実もあります。

離婚事情は、スターとしての野球選手とは違った側面が明らかになりました。また、プロ野球選手というだけでモテるため、不倫してしまう人も多いようです。

プロ野球選手の離婚率

スポーツ選手は一般的に離婚率は高めと言われています。その理由は、長期間外に出る機会が頻繁にあることや不倫を行うために十分な財力を持っていること。

ただ、プロ野球選手の離婚率は低いという噂があります。具体的な数値は不明ですが、他のスポーツ選手の例に当てはまらないようです。

プロ野球選手の離婚率が低めな理由は、野球一筋に打ち込むため他の女性に目をくれている余裕がない点。

もちろんサラリーマンでも離婚をする人としない人に分かれるように、個人の性格を全体の傾向まで拡大しているだけの可能性もあります。そのため、案外一般家庭と変わらない離婚率であるとも言えます。

プロ野球選手が離婚する理由その1:派手な女性関係

プロ野球選手は他の女性に目を向ける余裕がないため、不倫による離婚は少ないという意見があります。一方で、豊富な資金力とスマートなルックスを不倫に活かすプロ野球選手も存在します。

プロ野球選手にとっては練習などで家を空ける機会をいくらでも作れるため、不倫しやすい環境。また、球団仲間でキャバクラに打ち上げに行くこともあり、そこから不倫が始まります。

また、職業柄芸能人と知り合う機会も多いため、遊び相手には困らないはず。それは、プロ野球選手と芸能人が結婚する例も多いことが物語っています。

不倫の相手にとっても、地位や名声、財力、ルックスの全てを兼ね備えたプロ野球選手は格好の遊び相手です。プロ野球選手としても女性に囲まれるのは嬉しいもの。

プロ野球選手が離婚する理由その2:引退後のギャップ

2016年に50歳で引退した元中日ドラゴンズ選手の山本昌のような例外はありますが、おおむねプロ野球選手の選手生命は40歳ごろまでの場合が多いです。

ほとんどの場合、プロ野球選手は引退した後は球界を離れた職業を選ばなければいけません。アナウンサーや野球解説者として野球に関われる機会は少ないです。

プロ野球選手でなくなれば、収入面から生活面まであらゆるところで変化が起きます。そのときに、結婚した女性から今までとは違った評価を受けることも。

プロ野球選手でなくなった人物との結婚生活に魅力を覚えなければ、離婚する女性も出てきます。

離婚によるデメリット

プロ野球選手は球団に雇われているわけではなく、全て個人事業主として球団と契約を結んでいます。そのため、性格の不一致などの理由で離婚しただけでは、まったく契約状況に影響はありません。

むしろ、離婚にいたった理由が重要視されることも。例えば、道義に反する女性関係などが明らかになれば厳重注意および罰金などの処罰がなされます。風紀を乱す行いをした野球選手を球団としても放置できないからです。

また、プロ野球選手はスターであるため、離婚の状況を週刊誌などにうるさく報道される可能性があることもデメリットとして挙げられます。