税理士の浮気・不倫事情

記事の著者:276107

不倫はいけない!そう分かっていても好きになった人が既婚者だった場合、諦めきれずに不倫という道を選ぶ人も多い世の中。他にも不倫でないと燃えないという人もいたりして、意外と周りに不倫経験者というのは多いのです。

一見すると真面目そうな税理士ですが、税理士ってどんな仕事?不倫するなら相手はどんな人?そんな気になる税理士の不倫事情は?

税理士は真面目な人が多い

税理士になるにはさまざまなハードルを超えなければいけません。法律を学び、簿記検定1級、経理や金融機関の実務を2年以上経験、司法試験や公認会計士の国家試験に合格などなど条件がたくさんあるのです。勉強だけしていればいいわけではないので適正も問われる職業です。

このように難易度の高い条件をクリアするには生半可な気持ちでは難しいことが分かります。ゆえに税理士を目指している人というのはとても真面目な人が多く、それこそ恋愛よりも勉強!というような優等生が多いのも特徴です。

税理士になれば高収入で安定しているので婚活市場ではかなり人気の職業。結婚するなら真面目で高収入なのに越したことはありません。

真面目すぎて不倫とは無縁?

恋愛に奥手な人も多いですが、不倫とは全く無縁ではありません。またそれまで遊びを知らない人が一度道を外すとどっぷりハマってしまうのは、税理士だろうと真面目だろうと同じ。きっかけがあれば不倫に発展することも十分。

また税理士というのは給与が高く、時間の余裕もある職種です。不倫や浮気をしやすい環境であることは間違いありません。税理士になって余裕が出てくるとつい浮気の虫が騒ぎ出すこともあるようです。

不倫相手は職場内が多い

税理士というと個人事務所を構えている人も多い職業です。事務所を構えるにあたって事務員さんを雇っているところも少なくないでしょう。となると不倫や浮気の可能性は高くなります。

同じ空間に長い時間一緒にいると親近感を覚え、そのまま恋愛関係へ発展することがあります。社内恋愛と同じく、社内不倫が多いのはこういった環境も影響しているでしょう。

時間の融通が効きやすいので不倫が長期化するケースも。社内不倫はちょっとしたことで周囲にバレる危険性がありますが、そういったスリルも二人にとってはスパイスになります。

クライアントにも要注意!

社内不倫に比べると少ないですが、まれにクライアントと恋仲に発展することもあります。この場合、W不倫の可能性も。色々と相談に乗るうちについ浮気心が芽生えてしまうのかもしれません。

ちなみにW不倫の方がバレにくいと言われています。お互い離婚してまで付き合うというほどではないことを分かっているからでしょう。

税理士という肩書きがすでにブランドのようなものなので、女性側から積極的なアプローチも多々あります。その女性が好みのタイプだったら、男性としては願ってもないチャンスというわけです。

浮気や不倫をしない男はいない

真面目で優しい人だからといっても結局のところ不倫する人はするのです。税理士というお堅い職業についていても同じ。むしろ不倫しやすい環境ということを覚えておいた方がいいかもしれません。

個人事務所ともなればなおさら社内不倫のチャンスです。旦那さんが税理士だからと安心していると、いつの間にか不倫されていた!ということも。

税理士はステータスもお金も時間もあります。それまで恋愛とは無縁だった人も、税理士ブランドを得ることで一躍モテモテになるでしょう。それくらい世の中の女性にとって魅力的な職業というわけです。

さいごに

基本は真面目な人が多い税理士ですが、中には不倫を繰り返す人もいます。相手は決まって社内の事務員さん、なんていうのはよくある話です。

いつもとなんだか様子が違う、携帯を肌身離さず持つようになったなど気になることがある場合は少し注意した方がいいかもしれません。