会計士の浮気・不倫事情:真面目なイメージに要注意!

記事の著者:276107

会計士は仕事が安定していて収入も高く、婚活市場では人気の職業。真面目な人も多く、浮気や不倫をするイメージがないと思っている人も多いはず。

確かに会計士は真面目な人が多い職種ですが、お金と時間に余裕があると不倫や浮気をしやすい傾向にあります。

リゼクリニックが実施した2018年の調査によると、既婚男性の38.5%は不倫経験があるそう。真面目なイメージの強い会計士であっても、きっかけさえあれば不倫に発展することは十分考えられるのです。

公認会計士は真面目で勤勉家が多い

公認会計士は、弁護士の次に取得が難しい資格。会計士試験に2回合格し、2年間の実務と補習を受けたのち最終試験に合格した人が晴れて公認会計士として認められます。

金融関係のプロなので、それなりの知識がないといけません。そのため勉強熱心で、真面目な人が多いのが特徴。実際接したことがある人は分かると思いますが、少し変わった人が多いことも特徴です。

とにかく会計士は忙しい

個人事務所でも、会計士は忙しい職業。繁忙期は4~5月ですが、大手事務所に所属している場合は1年中が繁忙期なんてこともあります。普通にお付き合いをするのも難しい状況に陥るため、不倫をする余裕がないともいえます。

ある程度の地位があれば自分の時間を確保することもできますが、駆け出しや中堅クラスでは忙しさが落ち着くことはありません。それでも不倫をしている人は、やりくりが上手な人といえます。

不倫の心配はなし?

真面目で勉強家ともなると、恋愛に関して疎い人が多いのも事実。しかし、100%不倫しないとは言い切れません。事務所の大きさに関係なく、出会いはたくさんあります。

お金と時間に余裕があれば、浮気や不倫の芽は生まれやすいもの。何かきっかけがあれば一気に発展してしまうこともあります。

また会計士や弁護士、税理士などの「士業」というのはかなりモテる職業。会計士だから心配しなくいいというわけではありません。

どんな人と不倫するのか

会計士は、同じ事務所の事務員との不倫が多いと言われています。一緒にいる時間も長く相談に乗る時間が増えていくと、お互いに意識していくのです。

他にも、お客さんに手を出す場合も。会計士というのは企業に訪問して監査を行うことがあり、そのときにサポートしてくれる企業側の事務員と仲良くなることがあります。中には積極的に口説く人も多いらしく、そのまま不倫に発展するケースも。

会計士は外に出る機会も多いので、出会いはあちこちにあるのです。

会計士との離婚は大変

不倫が発覚して、離婚に至る可能性もあります。会計士の離婚は、収入が大きいためかなり大変です。

離婚する際には、財産分与や養育費、離婚給付額などをしっかり決めなければいけません。また形の無い物も立派な財産なので、分与する必要があります。しかし、その評価が難しく納得行く答えが出るまで時間がかかることも。

最初は遊び感覚だった不倫もここまでくると大事。離婚しないためにも、火遊びはほどほどにしておく方がいいでしょう。

会計士の浮気・不倫事情まとめ

不倫はどんな職業に就いていても100%安心とは言い切れません。忙しいと言いながら不倫をしている人もいるので、少しでも怪しいと思ったら問い詰めてみましょう。

話し合うことなく悩み続けるのは辛いだけ。二人で解決することで明るい未来が見えてくるはずです。