警備員がモテる理由5選:守ってくれそうな安心感で大人気!

記事の著者:639282

警備員は会社や店などの施設内を巡回し、トラブルがないかチェックする仕事。一見地味な仕事にも思えますが、警備員は犯罪を未然に防ぐための重要な役割を担っています。

警備員の仕事は、時に危険も伴うのでハードな部分が多いです。だからこそ警備員はその仕事ぶりや振る舞いが評価されてモテる傾向にあります。

警備員がモテる理由

仕事のぶり以外にも警備員がモテる理由はいくつもあります。

守ってくれそうな印象

危険がないかどうか施設内を警備するのが仕事。職業柄、警備員の男性はいざというときに頼りになる安心感があります。危険なトラブルから女性を守ってくれそうなイメージも強いもの。

女性は男性に頼りがいや強さを求めがち。恋人や結婚相手が弱々しく情けない部分が目立つ人だと、不信感を抱いたり呆れてしまうことも。

これに対して警備員のように「守ること」を主な仕事とする職業の男性は、そのたくましい印象から、他の職業の男性と比べて強い頼りがいを感じます。

鍛えられた体つき

警備員として長く仕事をしている男性は、仕事中に何か危険なことがあっても大丈夫なように護身術を心得ていたり、体を鍛えていることがほとんど。細身の男性よりも、がっちりとしていて体の大きな男性が多い傾向は強いです。

マッチョな男性が好きな女性、身長が高くたくましい体つきをしている男性が好きな女性は多いもの。そんな女性たちを中心として、警備員や警察官、消防士など、体を鍛えている男性が多い職業は密かに人気を博しています。

硬派なイメージ

警備員の男性は、どこか硬派で真面目な性格をしていそうな印象。警備し犯罪を未然に防ぐ立場だからこそ、私生活もしっかりとしているイメージです。

実際、警備員は「周りの人を守りたい」といった強い正義感や男気を持った人たちがなる傾向があります。地味でも危険が伴う可能性があるため、基本的に真面目な人に向いている職業です。

硬派な男性は、別の女性に手を出したり二股をかけたりするようなことはしません。そういった安心感が、警備員のモテる理由につながります。

コミュニケーション能力が高い

ショッピングモールなどの警備員は、常日頃からさまざまな人と話す機会があります。同僚と仕事のことで話すのはもちろんのこと、モール全体を見ていくため用があってショップ店員の女性と話すことも。

買い物客から道を聞かれることも多々。そのため警備員をしていると、コミュニケーション能力が磨かれていきます。

たくさんの人と出会う分、知識や見聞も広がりやすいのもポイント。警備員の男性は話が面白かったり、聞き上手であることも多いという特徴があります。

助けられたことで恋愛に発展することも

警備員の男性は、女性に惚れられやすいシチュエーションに身を置いているとも言えます。

たくましい警備員の男性に守ってもらったり、助けてもらったことがきっかけでその人を好きになってしまうことはあるもの。相手が特別イケメンではなくても、自分を助けてくれた人には女性は強く惹かれてしまいます。

自分のかっこいいところをアピールできる場面が多いため、警備員の男性は女性にモテやすいです。さらに容姿がそれなりに整っていれば、同じ職場で働く女性からも人気を集めるのは間違いなし。