理学療法士がモテる理由5選:親身なサポートに心が奪われる!?

記事の著者:639282

理学療法士は怪我や身体的障害のケア、そして回復のためのリハビリなどに携わる仕事。重い怪我や障害に悩む人の助けとなり、親身になって回復のためのサポートを行っていくため、多くの人から信頼や好感を持たれやすい特徴があります。

そのため理学療法士は、モテる職業の一つに挙げられることも。実際に患者と理学療法士の関係から恋愛に発展し、結婚するケースも珍しくないと言われています。優しい印象が強い理学療法士がモテる理由とは。

理学療法士がモテる理由

話しているときの空気

理学療法士は主に怪我や障害のケアを担当し、専門の療法を提案することで医学的リハビリを行っていく職業。怪我の治療中の人や身体的な障害を抱えている人にとって、怪我や障害と闘いながら回復を目指すのは困難なこと。

それをサポートする立場にあるので、理学療法士は患者を精神的に刺激しないための気遣いや空気作りも必要。そのため理学療法士は穏やかで優しい人が多く、担当してもらった人は話しているときの心地良さに安心感を覚えやすいです。

心身共に不安定になっている人をケアしていくのが理学療法士。共に落ち着けて、心に余裕が持てる空気感を作ることは職業柄得意なのでしょう。そんな優しく落ち着いた雰囲気に惹かれる女性は多いです。

親身なサポート

怪我のリハビリでお世話になったことがきっかけで、理学療法士に恋愛感情を抱く人は多くいます。怪我を負っている期間は、誰もが精神的に不安定になるもの。怪我との闘いに寄り添い、サポートしてくれる理学療法士に特別な感情を持つ人が多いのも納得です。

精神的に追い詰められているときほど、周りの優しさが心に染みます。担当の理学療法士の先生がいなければ自分はどうなっていたかと思うくらい感謝を覚えるケースだってあるはず。

リハビリ中は、手を握ったり体を支えてもらったりすることも多くなります。そういったボディタッチの機会が影響して、思いがけず理学療法士を好きになるパターンも少なくありません。

真面目そうな印象

真面目そうな印象を持たれることが多いのも、理学療法士という職業のイメージからくるもの。医療に携わり人助けをする仕事をしているため、真面目で誠実そうな印象を持たれることは多くなります。

理学療法士という仕事は簡単なものではないため、仕事にも一生懸命な人も多いです。しかし、理学療法士はその仕事のハードさと比べるとそこまで高い収入を得ているわけではないのが現状。

そんな中でも前向きに仕事をこなしているため、周りから見ても真面目で良い人といった印象を持たれやすいのです。

信頼の厚さ

理学療法士は医療に携わる職業なので、肩書としての信頼も厚いです。高収入ではありませんが、その仕事内容は評価されるべきもの。

理学療法士を始めとした医療分野の職業は周りから信頼されやすいため、恋人や結婚相手として選んでも親や友人に反対されることはありません。

明るい人柄

理学療法士は、ポジティブで明るい人が多いといった特徴も。なぜなら精神的にナイーブになっている患者と接するのにあたって、前向きな姿勢を崩してはいけないからです。

そんな明るい人柄に魅力を感じ、恋愛感情を抱く人は多くいます。理学療法士に限らず、明るい人や笑顔が素敵な人のもとには多くの人が集まるため、モテるのは確かです。

一緒にいたらポジティブになれそうといった、理学療法士が持つ雰囲気に惹かれるのでしょう。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。