事務員の不倫・浮気事情:仲を深めるきっかけが多いのがポイント

記事の著者:SARAS編集部

浮気や不倫は、悪いことであるとイメージする人は多いはず。一方で、「失楽園」を始めたくさんの浮気や不倫をテーマとするヒットドラマが生まれ、人気ジャンルとして流行っているのも事実です。

MR総合探偵社興信所による調査では、既婚者の男性の26.9%、女性の16.3%が不倫経験があるという結果が出ています。中でも、職場での社内不倫が多いと言われ、出会いの機会が多い女性事務員と不倫関係になる男性が多いです。

事務員の不倫事情について、気になる人はチェックしてみてください。

事務員が不倫関係になりやすいのはなぜなのか?

一言に事務員と言っても、一般職から総合職までさまざまな事務員がいます。毎日通う会社には、社内不倫のきっかけとなる出来事がたくさんあるもの。

一緒に仕事をしていたり、会社の飲み会で仲良くなったり、きっかけが多いのがポイントです。

残業時間で二人になるのが多い場合

残業は仕事が終わらないから残るわけですが、日中に比べて少人数で気が緩み、普段話さないようなプライベートな話もすることもあります。

少人数で何時間も同じフロアにいることで親密度が増すだけでなく、2人きりになることで恋愛感情を抱くことも。

仕事の失敗をフォローして貰えたとき

業務や得意先相手に失敗をして、フォローしてくれた上司と不倫関係になるのはよくある話です。

仕事のフォローしてくれる、頼りになる人に恋愛感情を抱くことは多く、既婚女性は特に、家庭でみる旦那と仕事が出来る上司との差に惹かれ、不倫にはまっていってしまうパターンが多いです。

飲み会などで仕事中とのギャップに気づいたとき

会社の飲み会は、仕事が終わって会社の愚痴を言い合ったりするプライベートな場所。

会社での雰囲気と違う人や、普段仕事のときは淡々としているのに飲み会では明るく楽しい人だったりと、ギャップにときめいてしまう人も多いはず。

仕事での頑張りを認めてもらえたりしたとき

会社で仕事を頑張っても、家庭ではないがしろにされる人ほど、不倫をしやすい傾向にあります。癒しを求めているともいえますが、この場合、承認欲求が働いている場合が多いです。

誰しもが、自分を認めて欲しいという気持ちを持っています。頑張っている人ほどその気持ちは強く、家庭でそれが満たされないと、職場で仕事が出来る自分を認めてくれる相手に好意を抱くのは当然であるとも言えます。

まとめ

毎日通う会社には、社内不倫のきっかけとなる出来事がたくさんあるもの。さまざまな業務を担う事務員は、不倫相手と出会い、仲を深める機会が多いと言えます。

社内不倫は気づいていても、あえて何も言わないという人も多いです。不倫関係がバレた場合は罪に問われる可能性もあるので、面倒に巻き込まれたくない人も少なくありません。