不動産屋がモテる理由5選:モテ要素が仕事で身に付く?!

記事の著者:1066523

不動産屋は、部屋を貸している管理会社と部屋を借りたい客との間を取り持つ仲介業者。家を借りたいときに、誰もが必ず訪れる場所です。

部屋探しの担当であれば、基本的に一人の社員が最後まで担当します。部屋を見て回る際に2人きりになることもあるため、部屋の内見を重ねるうちに好意を持たれることも多いそう。

不動産屋がモテる理由に、職業は関係しているのでしょうか。気になる真相をみていきます。

不動産屋がモテる理由5つ

社交的

不動産屋は様々なお客様の接客をしていくうちに、誰とでもすぐに打ち解けられる性格になっていきます。そのため、合コンなどでも雰囲気を盛り上げてくれる存在になることが多いです。

そんな気さくで社交的な姿を見て、女性は不動産屋に惹かれるのでしょう。

気が利く

接客業の不動産屋は、普段からお客様に対して気を遣っています。部屋を決めることは、大金が動くということ。自分の営業成績にも関係してきます。そのため、お客様の小さな要望にも気づく必要があるのです。

職業で身に付けた癖が普段の生活でも自然と発揮され、周りの人の小さな変化にも気づきます。そんな不動産屋の気が利く点を魅力に感じる人もいるのです。

会話が楽しい

部屋を見にいく際に、不動産屋と2人っきりになることは珍しくありません。お客様を乗せた車内で終始無言でいるわけにもいかないので、不動産屋は会話のレパートリーを多く持っています。

日頃からお客様を楽しませるための会話をしているため、不動産屋の会話スキルは高度です。会話が楽しいということは、おしゃべり好きの女性にとって重要なこと。

女性にいつもでも話していたい、と思ってもらえることがモテるポイントなのでしょう。

給料が高い

不動産屋は勤めている会社の規模にもよりますが、20代から30代前半のうちは年収300万円~500万円程度と言われています。不動産営業では「基本給+インセンティブ」の形が取られていることが多く、その月の売上が多くなればなるほど合計の収入は上がる仕組みです。

どの職業の人と交際や結婚をしても、当たり前のようにお金は必要。しかしパートナーがお金を稼いでいれば、プレゼントは高価なものが期待できますし、高級レストランでディナーをすることも夢ではありません。

貯金がない男性と結婚することに不安を感じてしまう女性も多いので、給料の高い不動産屋はモテるのでしょう。

平日休みの人には嬉しい相手

不動産屋は土日休みの人に対応できるように、土日出勤をします。定休日を設けていても、接客業のため休日以外に設定している不動産屋の方が多いです。

休日が休みでないことを不満に感じる人もいるかもしれませんが、平日休みの仕事をしている女性にとってはむしろ好都合。同じ平日休みの男性は、予定を合わせやすいのです。

平日にデートをすることも可能なので、恋愛に進展しやすい間柄と言えます。

不動産屋は仕事柄モテやすい

不動産屋は、毎日仕事で多くのお客様と接します。そのため、自分で意識していなくても接客スキルやコミュニケーション能力が自然と磨かれていくのです。

仕事で身に付けたモテる要素が普段の生活でも垣間見え、女性にモテているのでしょう。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。