カメラマンの出会い事情・出会いを見つける方法:出会える機会が少ない!

記事の著者:845749

カメラマンという職業は幅が広くピンキリです。プロカメラマンの数も少なく休みも不規則なので出会える確率は低いです。プロカメラマンといっても企業に専属するのかフリーなのか、被写体は何かでも大きく変わります。

報道機関の社員かモデルでもなければカメラマンと出会う機会は少ないです。そのため、自分から行動することを心がける必要があります。

カメラマンの出会い事情

そもそもプロカメラマンはどんな仕事をしているのか

プロカメラマンの仕事は会社員のように専属で勤めている人もいれば、フリーで仕事をする人もいます。被写体によって都合を合わせなければいけないので、2人で会う時間が少ないカメラマンも存在します。

キレイなモデルさんと出会う機会が多いので浮気が心配な人もいる思いますが、モデルを撮るカメラマンだけがカメラマンではないのでよく見極めましょう。

カメラマンの給料

専属の場合、通常の会社員と同様で初任給300万円〜から少しずつ上がっていくという形です。フリーですと0円から一千万円まで幅があります。

カメラマンの休日

被写体に合わせるので休日は不規則であることが多いです。例えば夜空を取るカメラマンであれば、夜の間起きてなければいけません。

商売道具のカメラはいくらかかるのか

最低でも20万以上のカメラが必要で、そのほかの器具を揃えても百万円を越す額になります。レンズだけで良いものを選べば100万円するケースもあります。

カメラマンの学歴

学校に通った人やアマチュアの趣味からプロになった人までさまざまな人がいます。特別な資格は要らないので学歴がない人もカメラマンの仕事をしています。

カメラマンになるにはどこか決まった学校に通わなくてはいけないということはなく、独学でもカメラマンになることはできます。

それほど学歴も問われない職業なのでお金をかけずにカメラマンとしてデビューすることも可能です。大卒なら芸術系大学か総合大学の写真学科などを卒業している人が多く、カメラについての細かな歴史にも精通している可能性があります。

専門学校ではより実務的な仕事のノウハウを教わります。こちらの方が即戦力になりやすいです。

カメラマンと出会うには

コスプレする

アマチュアが多いことが難点ですが、コスプレイヤーとカメラマンの恋愛はよく耳にする話。

幾分かそれを期待してカメラを買う男性もいます。アマチュアのカメラマンが多いと思いますが、コスプレイヤーになればカメコさんにモテることは請け合いです。

合コンする

プロカメラマンに限ったことではないですが、合コンの企画を関係者に頼むと良いでしょう。

しかしそんなツテがない人もいるので、現実的にはオンラインSNSやマッチングアプリで探す人がほとんどです。

街コンサイトのえくるはエリアや日付、タイプ別で探すことができます。合コンは小規模ですが街コンは大人数で開催されることが多いです。人数が多い分、カメラマンがいる確率も高いといえるでしょう。

えくるでカメラマンがいそうな街コンを検索してみるのがおすすめです。

ミクシィグループ主催の街コン「えくる」

マッチングアプリを使う

カメラマン自体が数が少ないので、アピールしてる人は少ないように思います。検索にかけても趣味がカメラの人がヒットしてしまいプロカメラマンと出会うのは困難です。

しかし、この問題はプロカメラマンがいるコミュニティを利用することで解消されます。ペアーズには現在約20,000のコミュニティが存在しているので、プロカメラマンのコミュニティに入っている人を探せばカメラマンに会うことができるでしょう。

女性は登録が無料なので、利用してみてください。

[無料]ペアーズで出会いを探す