会計士がモテる理由5選:真面目で金銭面も問題なし!

記事の著者:SARAS婚活編集部

国家資格である会計士は、婚活市場でも特に人気が高く、異性からの支持を集めている職業です。転職によってさらにキャリアアップすることができるため、どう転んでも安心して見守ることができます。

結婚相手として申し分ない会計士は、付き合う段階から争奪戦が予想されます。アプローチをしっかり行って、目当ての会計士を捕まえて。

会計士がモテる5つの理由

高収入で無駄遣いしない

会計士は国家資格の必要な職業であり、限られた人しか就職することができない狭き門です。それを通過し、会計士として働いている人は、平均年収が926万円と収入も申し分ありません。(参照:平均年収.jp

また、会計士というだけあり、お金のしくみや重要さを誰よりも理解しています。一般的な会社員などよりも財布の紐が固く、お金の無駄遣いが少ないため安心です。

無駄遣いすることなくしっかりと管理するイメージがあるので、異性からしても安心できます。高収入で無駄遣いしない男性は、婚活市場では優遇され、とてもモテます。

知名度は低いがしっかりした職業

会計士と聞いても、実際どんな仕事をしているのか理解している人は多くありません。しかし、国家資格が必要なことから、頭が良く、安定して働ける仕事であることは理解できます。

そのイメージから、将来安泰で安心してついていくことができそうと心強く感じます。女性は、安定した余裕のある男性に惹かれる傾向にあります。

会計士は金銭面やそこから生まれる余裕から、安心して付き合っていける人が多く、その分競争率も高いです。

身近にいる場合は、会計士のことをあらかじめ調べ、どんな職業なのかについて知っておくと良いでしょう。仕事の内容や大変さに理解があることを示していけば、心を開いてくれるかもしれません。

知性を感じられる

会計士は、頭がよくなければなることはできません。そのため、会話の至るところから知性を感じます。自分もある程度の教養がなければ話についていくことができないため、その段階である程度のふるいにかけられるでしょう。

しかし、自分と同等の知識量を求める会計士は多くありません。話を聞いてほしいだけという場合もあるので、しっかりと相槌を打ち、会話ができる程度の教養は身につけましょう。

つまらない会話をすることは少なく、楽しませてくれるので、異性も有意義な時間を過ごすことができます。

激務のためほかの異性と知り合う機会が少ない

会計士は激務なことが多く、帰りが遅くなることも。結婚後は家と職場を往復する生活が待っているので、ほかの異性と浮気するなどの心配をする必要がないのは安心です。

お金を持っていたり、安定した仕事をしている男性は、結婚してもモテますが、会計士は激務でそういった心配がほとんどありません。

しかし、自分のこともあまりかまってもらえないので、場合によっては我慢する必要があります。

勉強熱心な一面も

会計士は、学生時代から多くの勉強をしてきました。しかし、就職後も知識を常にアップデートするため、落ち着くまでは常に勉強する必要が。勉強熱心でないと会計士にはなれません。

勉強熱心さはプライベートでも発揮されます。出かける際の下調べやレストランの予約などでも、真面目な勉強熱心さが発揮されるので、会計士の人に任せれば楽しく充実したデートをすることができそう。

何に対しても手を抜かない姿勢も、異性に好感を持ってもらえる理由の1つ。

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。