Omiaiに業者やサクラはいる?悪質ユーザの見分け方と特徴をチェック!

記事の著者:fujiimomoko

最近話題のマッチングアプリOmiai(オミアイ)は、Facebookを介して利用することができる人気マッチングアプリです。

Omiaiは恋活や婚活を重視しているので、恋人探しををしようか考えている方は、Omiaiを利用してみようと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、Omiaiを利用したくても、「業者」や「サクラ」「勧誘」などが心配で、なかなか利用する勇気が出ずに悩んでいる方も多くいると思います。

そこで以下では、Omiaiにサクラや業者がいるのか、ということや万が一業者などにあたってしまった場合の対処法、見分け方をご紹介していきます。

これからサクラや業者について解説していきますが、Omiaiはマッチングアプリの中でも、トップクラスで安全なアプリなので、どのマッチングアプリを使えばいいのか迷っている方におすすめです。

[無料]Omiaiで出会いを探す

目次

1.Omiaiにはどんな悪質ユーザーがいるの?


本当に出会えると評判のOmiaiですが、マッチングアプリというと、出会い系サービスだから、サクラや業者といった怪しい人たちがたくさんいるのではないかと疑ってしまいます。

しかし、マッチングアプリと、出会い系サービスは全く違うものであり、集客の仕方から違うため、サクラや業者はほとんどいないのが実際のところです。

以下では、Omiaiにどのような悪質ユーザーがいるのか、いないのかを見ていきます。

1-1.Omiaiにサクラはほぼいない!

多くのマッチングアプリを使っていると、「サクラ」やという単語をよく聞きます。

サクラとは、運営側が利用者のふりをして登録していたり、同じく運営側によって雇われた人を指します。

主なサクラの目的は、利用者のふりをして、本当の利用者にお金をたくさん使わせることです。

「真面目に出会いを探しているのに、運営側がお金を巻き上げようとするなんて、最悪だ!」と感じた方もいるかもしれませんが、結論から言うと、Omiaiにはサクラはいません!

お酒が好きです!仲良くなったら
一緒に飲みに行きたいです(≧ω≦)」

サクラゼロを宣言!
20代30代限定毎日10,000組がマッチングの
出会えるアプリ♡

Omiai公式Twitter

実際にTwitterの公式アカウントでもこのようにサクラゼロを宣言しています。

何故サクラがいないのかと言うと、Omiai側にサクラを雇うメリットがないからです。

サクラは主に、メールなどのやり取りをするごとにお金が発生する仕組みのマッチングサービスに潜んでいます。

そのようなサービス上では、サクラに相手の異性と長々とやり取りさせることでお金が発生しますが、Omiaiではメッセージなどのやり取りは月額定額制で送り放題

わざわざ長々とメッセージのやり取りをさせたところで、全く利用料金は変わりません。

また、Omiaiの運営会社は「株式会社ネットマーケティング」という上場している会社です。そんな会社が、わざわざサクラを雇って信用を落とすようなことはしないでしょう。

1-2.Omiaiには業者はほぼいない

サクラは運営社側に雇われた人ですが、業者は運営会社とは一切関係ない人たちで、主にお金が目的のユーザーを指します。

業者は個人情報を偽って登録していたり、援助交際を斡旋している業者が偽装して登録しており、運営側が登録の段階ではじくのが難しいため、どのマッチングアプリでも極小数ながらいます。

そのため、Omiaiにも潜んでいる可能性がゼロではありません。

目的は、マッチングアプリの利用者になりすまし、悪質サイトなどに誘導し、個人情報を盗んだり架空請求をしたり、水商売のお店に誘導することです。

Omiai上のやり取りは、運営側にしっかりと監視されています。業者は運営の監視から逃れるため、マッチング後すぐにでもLINEを交換しようと言ってきます。

普通の人は、マッチング直後に「LINE交換をしよう」などと言い出さないので、そのような話を切り出されたらすぐに運営に報告しましょう。

また、上記にもあるように、Omiaiでは運営の万全な監視体制や、通報後の素早い行動が行われているので、長々とOmiaiにもぐっている悪質業者はいません。

omiai登録して可愛い子からイイネ来たと思ったら業者で強制退会させられてた。そんなもんだよな(´・_・`)

Twitter

実際、このように業者は見つかり次第、強制退会させられるようです。

また、facebookを登録しないと使えないようになっているうえに、基本的にfacebookのアカウントは複数持てないので、悪質業者はほぼいないでしょう。

しかし、facebookのアカウントを持ち、通報される前の業者はいる可能性があります。ほぼいないでしょうが、少しでも怪しいな、と感じたら、その人とのやり取りはやめるようにしましょう。

1-3.宗教・ネットワークビジネス勧誘もほぼいない

勧誘は、利用者を装った人が、さまざまなことについての勧誘をしています。

ビジネス系の勧誘でいうと、よく聞く「ねずみ講」は法律でも防止策がとられていますが、「ネットワークビジネス(マルチ商法)」は合法なので、業者が平然と勧誘をしてきます。

いきなり「簡単に稼げる話がある」などと言われたら、すぐにやり取りをやめましょう。あなたはOmiaiに出会いを探しに来たのであって、決してお金を稼ぎに来たのではない、と念を押しておきましょう。

また、ビジネス勧誘以外に宗教勧誘なども挙げられます。最初は無料のセミナーなどに誘われ、だんだん有料のものに勧誘してくるようになるので、少しでも変なイベントに誘われたりしたら、すぐに距離を置きましょう

勧誘の場合も、業者と同じく、facebookアカウントを複数持つことが難しいこと、通報されたり、運営がおかしいと判断した場合はすぐに退会させられることなどから、数は少ないと言えますが、ゼロではないので自分自身でも注意しましょう。

2.万が一Omiaiで業者のような人と遭遇した場合の見分け方と特徴

「サクラはいないとは分かったけど、でもやっぱり少しでも勧誘や業者がいる可能性があるんだ」と不安に思った方もいるはず。

そこで以下では、もし万が一、Omiaiで勧誘や業者の疑いがある人物から連絡が来てしまったときのために、見分け方と特徴をご紹介します。

少しでも怪しいな、と感じるユーザーがいたら、以下の3つのことに当てはまっていないか、ぜひチェックしてみて下さい!

2-1.Facebookの友達が少ない

OmiaiはFacebookを介して利用するので、その際、友達の数が10人程度であれば業者や勧誘目的の可能性が高いです。

先ほどもご紹介した通り、facebookアカウントは基本的に、1人1つまでしか持てない(もし複数アカウントを持っていることをfacebook側にバレたらアカウントが停止される)ようになっています。

そのため、普通の人なら1つのアカウントを大切に使いますが、業者はアカウント停止をも恐れずに偽アカウントをいくつも作るのが特徴です。

偽アカウントをわざわざ本当の友達にフォローさせるような人はいないので、極端にfacebookの友達が少ない人は警戒するようにしてください。

2-2.プロフィールの写真が魅力的

業者などの悪質ユーザーのOmiaiやラインプロフィールに使用されている写真には、本人のものではなく、より色々な人を引っかけられるように、モデル並みの美人の写真を使用しているものが多いのが特徴です。また、露出の多い写真を掲載している人にも注意してください。

写真の写りが他の利用者より極めて良いと感じたら、その相手はサクラや業者などの可能性が高いです。

また、よく似ている人の写真を見つけられなかったりすると、最初の1枚だけ女性の写真で、後の写真はペットや景色が設定されてる場合もあります。

もしこのようなアカウントからアプローチが来ても、絶対に反応しないのがおすすめです。

プロフィール写真について詳しく知るならコチラの記事をチェック!
Omiaiのプロフィール写真の特徴とポイント:いいねが集まるコツって?

2-3.頻繁に連絡が来る

業者や勧誘目的のユーザーは、利用者に対して頻繁に連絡をとろうとしてくるのも特徴。自分はまだ返信していないのに連絡が来たり、いきなり長文を送られた場合は、かなり怪しいです。

また、このように文章の中で他のサイトや、ほかのアプリへの誘いがある場合は、移行先でお金や個人情報を巻き上げる業者の可能性が高いので、誘いは絶対に無視しましょう。

Omiaiからラインへ移行してから急に怪しくなる場合もあるので注意してください。

2-4.年齢認証がない

Omiaiでは、運転免許証などの公的なもので顔写真から住所、生年月日など全てをスマホで撮影し、その画像を運営会社に送り身分を証明する必要があります。

そして、これらが運営会社によって承認されると、プロフィールで年齢認証が表示されるようになります。

業者は、自分のことを特定されないために、年齢認証をしていないことが多いのが特徴なので、年齢認証がない人は疑ったほうがいいでしょう。

ただ、悪徳な業者は、何も知らない個人のアルバイトから運転免許証を借りて、その人になりすましてOmiaiに登録することもあるので注意してください。

2-4.恋人探し以外を目的とする自己紹介

プロフィールの自己紹介でもサクラや業者を見分けることが出来ます。

例えば、友達募集と表記しているアカウント男性会員の気を引くような性的な表現、勧誘をしているアカウントは基本的に疑ったほうがいいでしょう。

Omiaiはマッチングアプリの中でも特に真面目に恋人を探す人が多く集まるアプリなので、それ以外の目的のアカウントは基本的に業者やサクラとみなして問題ありません。

2-5.イエローカードのユーザーとは関わらない

ときどき、Omiaiにはプロフィール画面にイエローカードが表示されているユーザーがいますが、業者に限らず、絶対に関わらないことをおすすめします。

イエローカードが表示されているユーザーは、過去に他ユーザーに違反通報され、運営側から厳重注意を受けたことがあるユーザーです。

次、何かしたら、退会だよというユーザーを指します。

業者かどうかはともかく、不快なことをさせられる可能性は極めて高いでしょう。

3.万が一業者や勧誘に遭った時の対処法3つ


「いくら変な人はなかなかいないと言えど、やっぱり不安だな」「見分けられたとしても、もし連絡が来てしまったらどうすればいいんだろう?」

こんな疑問を持つ方のために、以下ではもし自分が業者などの悪質ユーザーから連絡を送られてきた場合の対処法を3つご紹介していきます。

3-1.メッセージが来ても無視する

いたってシンプルな対処法、それは、来たメッセージをすべて無視するということ。ラインで変なメッセージが来たときも同様です。

「本当にそんなので相手に効くの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、連絡をする側は何度送っても、送った相手から返事がないとそれ以上メッセージを送る気力がなくなります。

なので、最初はしつこいなと感じることはありますが、しばらく無視をすることで、業者はその利用者に連絡を取ることを諦めます。

3-2.運営側に通報する

業者などの悪質ユーザーは、通報することでOmiaiの運営側から適切な処分がされ、今後あなたに連絡を送れなくなります。

また、この方法は、自分のため以外にも、他の人が同様の被害に遭うことを防止できるので、怪しいと確信した場合は、すぐさま通報しましょう。

3-3.ブロックする

業者や悪質ユーザーからのしつこい連絡に耐えられない場合は、Omiaiやラインでブロックをするのが手っ取り早くオススメ。

ブロックすることで、相手からは一切連絡が来ることはなくなります。なので、3つの対処法の中でも一番簡単です。

しかし、一度ブロックすると二度と連絡を取ることができなくなるので、その相手が本当に業者などの悪質ユーザーなのか、しっかりチェックしてからブロックするようにしましょう!

ブロックの仕方やブロック機能の説明に関してはOmiaiでブロック・非表示するとバレる?方法と見分け方を紹介をチェックしてください。

4.サクラや業者が近寄らなくなる自己紹介文のひとこと

他のマッチングアプリに比べるとOmiaiにいるサクラや業者は少ないほうですが、遭遇するリスクは決して0ではありません。

しかし、自己紹介文に「冷やかし、ヤリモク、ネズミ講などの勧誘してきたら通報します。ブログやホームページでのやり取りしようなど誘導された場合も無条件で通報します。」と書くだけでサクラや業者は近づかなくなります。

サクラや業者は通報されたりアカウント停止になることを恐れているので、自己紹介文にこのように書いているユーザーとは関わろうとしません。

また、プロフィールの書き方に迷っている方はコチラの記事をチェックしていいねを増やしてみませんか?
Omiaiで異性からいいねをもらえるプロフィールの作り方!男女別の例文もチェック

5.終わりに

Omiaiの悪質ユーザー事情についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

悪質ユーザー数はゼロではないにせよ、Omiaiは非常に安心して利用できるマッチングアプリです。

会員数も多く、より多くの人とマッチングできるので、まだ利用をしたことがない方はまずは公式サイトを確認してみて下さい!

[無料]Omiaiで出会いを探す