婚活女性の実態・婚活あるある5選:疲れる前に知っておきたい事実

記事の著者:aokihirari

婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)によると、婚活サービスを利用して結婚した人の割合は10.4%で、年々その数字も増加傾向にあります。今では数多くの人たちが婚活をしており、悩みや面白エピソードなどを持っているでしょう。

では今回は婚活女性の実態とはどういったものなのか、婚活についてのあるあるを紹介していきます。婚活をしている女性はきっと「あるある」と言いたくなるものばかりでしょう。

婚活女性の実態とは

婚活女性の実態として、なかなかうまくいかずにやきもきしている人が多いというのが実態です。女性が婚活したいといって婚活を始めてもなかなかすぐにいい出会いはなく、また出会ったとしても成婚にはいたらないというケースが多い傾向にあります。

出会いが少ない、出会っても結婚したい男性の理想が高いのでいい男性に巡り合わないといったことで進めない婚活女性が多く、結婚相談所を利用すればすぐに出会えそうなものですが、そう簡単ではないようです。

また婚活女性は「結婚」「出産」という言葉にとても敏感になりがち。友達のお祝い事であったとしても素直に喜べず、周囲からの言葉に思わずイライラしてしまうという人が多いというのが実態です。

他にはどのような実態が隠されているのかチェックしてみて。

いい人に出会えない

イケメン、高収入、などみんなが憧れるような男性は、婚活パーティーやお見合いに参加しなくても結婚できてしまうため、婚活市場にはなかなかいないのが実情です。

ただ、女性としては結婚相手にいい条件を求めてしまうことが多いので、なかなかいい出会いがないと思い込んでいる人も多い傾向にあります。

婚活はなかなか良い人に出会えないことで精神的な負担が増えるだけではなく、相談所やパーティー等の費用がかさんで経済的負担が増えることも不安や悩みの種になっている模様。

婚活地獄

こうした婚活女性の実態を招いている原因として、婚活地獄に陥ってしまっていることが考えられます。

婚活地獄とは、婚活が思うように進まないことで、自分に自信が持てなくなりネガティブなことしか考えられなくなってしまっている状態のことです。

婚活地獄に陥ると、焦れば焦るほどうまくいかなくなったり、良い条件を求めすぎて1つ1つの出会いが大切にできなくなってしまうこともあります。そして抜け出せずにいると、婚活をする意欲をなくし、中には結婚を諦めてしまう人も少なくありません。

さらに上を追い求めてしまう

ある程度理想の条件を満たした人とうまくいっても、「もう少し婚活を続けたら、もっといい人がいるかもしれない」と期待してしまう人も多数。

このようなケースでは、婚活のやめどきを自分で決めることができなくなり、ずるずると続けてしまうことが多いようです。

「もっと良い人がいるかもしれない」という気持ちに一定の時期に終止符を打たなければ、結婚のチャンスを逃して手遅れになってしまうことも。

婚活あるあるを紹介

あるある①イケメン男性はサクラ

婚活女性の多くは結婚相談所を利用しています。最近では20代のうちから結婚相談所を利用している女性が増えてきました。結婚相談所では真剣に結婚したい人が利用しているので、いい人と出会うことができれば結婚まですぐに行くことができます。

しかし結婚相談所を利用している女性はきれいな女性が多いのに対し、利用している男性にイケメンはあまりいません。イケメンで好条件な方もいますが、サクラである可能性が高いです。

イケメンで収入もあるような好条件な男性は結婚相談所を利用しなくても結婚できるため、まず結婚相談所などにはいないと思って間違いないでしょう。

あるある②インターネットネット広告が婚活だらけになる

婚活女性はインターネットネットで、婚活についてさまざまなことを調べます。

インターネットには、一度訪問したことのあるサイトに関する広告が別サイトでも出てくるリターゲティング広告というものがあります。そのためインターネット上の広告が婚活だらけになってしまいがちです。

婚活のことを考えていなくても、スマホをいじればすぐに婚活に関する広告が出てくるので、頭から離れないという人がたくさんいます。

あるある③パワースポット巡りが多くなる

パワースポット巡りが趣味になる婚活女性が多くなります。パワースポット巡りをしたり、また縁結びの神社に行きがちになり、その土地土地で縁結びのお守りを買って気が付けばお守りだらけ…ということになりがちです。

また、婚活していることを知っている家族や友達から縁結びのお守りをもらいさらい増えていくということもあるある。

あるある④本屋さんで「婚活」の字を見るとつい立ち止まる

本屋さんに行けば、婚活女性の為の本がたくさん出版されています。婚活女性のためのファッションやメイクが載った雑誌や、さまざまな書籍につい目がいき立ち止まることも。そしてつい購入してしまうという女性が多いようです。

本や雑誌に限らず、友人の結婚・出産というワードにも敏感になり、結婚に関するアンテナが高くなっています。

あるある⑤年齢と服装のギャップ

婚活を行っている女性の多くが化粧はバッチリ、服は可愛らしいという人が多い傾向にあります。

20代の女性なら可愛らしい服でも違和感はありませんが、30代後半を過ぎて可愛らしい服はイメージダウン。少しでも若く見えるよう若作りした服装になりがちなので婚活の際には要注意です。

婚活女性の実態まとめ

婚活は決して楽なものではなく、婚活女性は心も体も疲れがちです。これから婚活をする方は今回のこの記事を読んで不安になってしまったかもしれませんが、婚活をしている女性の多くが同じ気持ちを抱えているので、一人で不安になる必要はありません。

焦らずに気持ちをリフレッシュしながら婚活を行えば、婚活はただ辛いものではないと分かり楽しむことができます。婚活をしなければ出会えなかった男性ときっとたくさん出会えるはずです。

楽天オーネットは大手ネット企業の「楽天」が運営する結婚相談所(2018年11月に親会社が変更されました)。ネットでお相手男性のプロフィールを検索でき、あなたの希望にあったデータマッチングが特徴。もちろん人によるサポート体制も充実しているので安心です。

楽天オーネットの特徴

  • インターネットで婚活プラン&料金シミュレーションが無料でできる
  • ネットでお相手を検索できる
  • データマッチングやコーディネートサービスが充実
楽天オーネットの結婚チャンステスト

SARAS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。