パティシエと出会う方法5選

記事の著者:577281

パティシエという職業にはおしゃれで華やいだ雰囲気が感じられます。そのため、パティシエと出会いたい、もしくは結婚したいと考えている女性も多いです。加えて、パティシエを恋人に持てば素敵なデザートも振舞ってもらえるかもしれません。

それでは、パティシエと出会うためにはどうすればいいのでしょうか。お菓子職人にあこがれる女性はこれから述べる方法を試してみてください。

食べに行く

最も簡単で安価な方法です。パティシエの中には菓子店やレストランに勤めている人もいるため、お店に食べに行けば出会いの機会も生まれます

もちろん、行って普通に食べて帰ってくるだけではパティシエにアピールできません。顔を覚えてもらう工夫をしましょう。

まず礼儀作法をしっかり守って、出てきたデザートを美味しく食べましょう。どんな風に美味しかったか従業員に伝えて、料理で感動したことを話します。そして、何度か足を運んでください。

顔なじみになったら、「いつもすばらしいデザートを作ってくれるパティシエにお礼が言いたい」と伝えましょう。うまく行けばパティシエと会えるので、その時自分を覚えてもらいましょう。後はまたお店に通いながら、さらに仲良くなるだけです。

アルバイトに入る

もしもパティシエのいるお店が従業員を募集しているなら、アルバイトとしてお店に入る方法もあります。従業員になれてもパティシエと働く場所が違うかもしれませんが、少しでも会う可能性があるなら有効な方法です。

この方法の欠点は、プライベートの時間がアルバイトに割かれてしまう点でしょう。本業とのダブルワークになるため、体力的にきついかもしれません。

ただ、パティシエと一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、向こうもあなたを女性として認識してくれます。時には仕事上の良きパートナーとしても頼ってもらえるかもしれません。

料理教室に習いに行く

パティシエによっては料理教室で講座を開いていることがあります。出会いを目的としてパティシエの料理教室に通う方法もおすすめです。

料理教室に参加していれば、パティシエの技を間近で見る絶好の機会です。この時に仲良くなりたいパティシエか確認してみましょう。もしも他に良いパティシエがいそうなら、他の料理教室を試せます。

パティシエは忙しい人が多いのか、会場を借りて1回だけの料理教室を開く場合がどちらかといえば多いようです。

そのため、1回の料理教室で連絡先を聞いたりして次につなげるか、あるいは何回か続く形式でじっくり仲を深めていくか考える必要があります。

専門学校生と仲良く

すでに成功しているパティシエと出会うことが難しければ、パティシエの卵と仲良くなりましょう。製菓専門学校で勉強していたり、レストランで修行中の男性が将来パティシエになるかもしれません。

この方法のデメリットは年単位で待つ時間が発生するかもしれない点です。パティシエになるために必要な資格は決められておらず、なるための条件は修行をして一人前と認められるという曖昧なものです。

そのため、パティシエになろうと思ってもなれない状況もあるかもしれません。そのかわり、不遇な時代を抜けてパティシエになった暁には、支え続けたあなたのことを誰よりも大切にしてくれるはずです。

家庭的な面をアピール

パティシエにあなたをアピールするときには家庭的な面を伝えましょう。料理のできるパティシエに家庭的な面を見せることは、一見無意味に思えます。しかし、実際は非常に有効な方法です。

実のところパティシエは毎日の仕事に時間を取られ、家庭の事はおろそかになりがちです。製菓には調理の前準備や調理後の後片付けが必要です。さらに、お店の料理をしていない時でも新メニューの開発や練習をする必要があります。

そのため、家事を取り仕切る奥さんの存在はパティシエにとって非常にありがたいものです。パティシエとの出会いを求めるなら、家庭的な人物になってみてください。