ハッピーメールで遭う被害の特徴:危険を回避する方法を解説

記事の著者:kubotaanna

ハッピーメールは人気のある出会い系SNSサイトですが、様々な手口に引っかかってしまい被害に遭っている男性も少なくありません。純粋な出会いを希望してハッピーメールを利用している方ほど、悪質業者や援助交際の被害に遭いやすいです。

実際にあった被害や、危険を回避するための方法、注意点について紹介します。参考にして、安全にハッピーメールを利用してください。また、まだハッピーメールに登録していない!という人がいれば、ぜひこれを機に登録してみてください。

今回は、ハッピーメールで起こりうる危険について紹介しますが、これらを気をつけて行動すれば、危険な目にさらされることはないでしょう。ハッピーメールを使って良い出会いをし、交際につながったというケースも多くなっています。

起こりうる危険を知った上で、安全に使用し、ハッピーメールで良い出会いをしましょう!

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]

ハッピーメールで遭う被害の特徴

お金を貸してと言われる

ハッピーメールで好みの女性とメールをやり取りし、実際に会うことになって、初めて会ったのにいきなり女性が「お金を貸して!」と言ってくるケースです。

可愛い女性からの頼みを断りきれなくて、お金を貸してしまう男性も多いようです。お金を貸しても、お金が戻ってくる可能性は限りなく低いでしょう。

可愛い女性だからと油断してはいけません。

援交デリへルに騙される

ハッピーメールでは、援デリ業者が不正に登録をしているサクラ(メールレディ)が多く、騙されて被害に遭う場合があります。

2015年に、サイトが売春に利用されていることを知りながら、売春クラブの経営者らが買春客を勧誘するのを黙認した罪で、ハッピーメールの社長が逮捕される事件もありました。

ポイントを大量購入させられる

女性からメールが来たら、メールの長さをチェックしてみてください。短い文章のメールが2回ほど来た場合、サクラ(メールレディ)の可能性が高いです。

男性側のメールの質問に答えてこなかったり、うまくはぐらかしてきて質問には答えない場合もサクラだと疑った方が良いでしょう。

メールしている女性は、男性にどんどんポイントを使わせる、ポイント稼ぎのアルバイトの女性だと考えられます。騙されると、ポイント大量購入の被害に遭います。

待ち合わせ場所で会えない

ハッピーメールで知り合った女性と会うことになり、かなりのポイントを購入してメールしたのに、いざ待ち合わせ場所に行ったら会えないという被害。

相手の女性はポイントを購入させるためにメールをたくさん送らせたいだけで、実際に会う気は一切ないことが大半です。

アドレス回収者に注意!

ハッピーメール内で知り合った相手には、すぐにはメールアドレスを教えない方が良いと言われています。サイト内には、アドレス回収者が存在していて、教えてしまうと迷惑メールが大量に来たり、架空請求のメールが来たり、他のサイトに登録するように誘導されたりします。

ハッピーメールでは、メールアドレス回収者を見つけ次第すぐに排除していますが、悪質業者は後を絶ちません。

ラブホテルで財布を出しっぱなしにしない

警戒心が薄い男性は、いざ女性とラブホに行ったときに財布を出しっぱなしにしている場合があります。

出しっぱなしの財布を盗む目的の女性も存在するので、必ずかばんにしまったり、目の届くところに置きましょう。

お金を求めてくる女性にも要注意。お金を先に払い、女性に逃げられてしまう被害に遭っている男性も多いようです。

偽ハッピーメールが存在する

有名なハッピーメールの名前を使っている、偽サイトがいくつか存在しており、ハッピーメールだと思って登録してしまったら、悪質業者だったという被害があります。

退会方法が記載されていなかったり、課金が後払い方式の場合は、とても危険です。

登録する前に、偽ハッピーメールではないかよく確認してから登録しましょう。下のボタンから本物のハッピーメールのサイトにアクセスできます。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]

ハッピーメールで起こりうる危険

ハッピーメールを利用するにあたって、当然いくつかの危険があります。危険をあらかじめ知っておけば、事前に対策をとることができます。

ハッピーメールに限らず出会い系サイトには、どんな危険があるのでしょうか?

いきなりLINE IDを送ってくる

ハッピーメールでは、男性にいきなり女性からLINE LDを送ってくる場合があります。これは、ハッピーメールに女性の名前で登録している悪質業者です。

初めてのメールにLINE IDを入れてメールする行為は、規約違反です。しかし男性はLINE IDが書いてあるメールが届くと喜んでしまい、LINEで返信してしまいます。

最近は、ハッピーメールのサポートのおかげで悪徳業者は減ってきましたが、もしいきなりLINE IDが送られてきても無視してください。

架空請求や別の有料サイトには誘導されたり、LINE IDが流用される危険性があります。

美人局に注意

ハッピーメールなどの出会い系サイトで、最も怖いのは美人局の女性です。美人局とは、男性が自分の彼女や奥さんに他の男性を誘わせて、言いがかりをつけてお金を揺するという犯罪行為のことを言います。

いまどきそんな人いるの?と思うかもしれませんが、実際被害は跡を絶ちません。

女性とメールを始めてすぐに、「好き」とか「会いたい」と言ってくる女性には要注意です。会ったこともないのに文字だけのメールのやり取りで「好き」と言ってくることは、普通ならあり得ません。

業者からのメールは危険

業者だと見抜くには、まず女性のプロフィールとメールを確認しましょう。

テンションが高くて、絵文字がたくさん使われている場合は、業者だと疑ってください。普通の女性は、初対面のあなたに対してやたらと絵文字を使いません。

また、プロフィールにアダルト要素が含まれていたら、こちらの業者の可能性があります。

業者の女性のプロフィールは、写真がとても可愛い、胸元を強調している写真、積極的にメールを送りつけてくる、メール内容もアダルト要素がやたらと含まれているなどが特徴です。危険なサイトに誘導されないように業者を見抜きましょう。

性病の危険

ハッピーメールで出会った女性ともしセックスすることになったら、必ずコンドームをつけましょう。

コンドームをつけてさえいれば、相手が仮に性病だったとしても、それを防ぐことができるためです。相手の女性がエイズという可能性もゼロではありません。

コンドームをつけないでセックスをして、予定外の妊娠をする可能性もあるので、双方のためにコンドームは必ずつけましょう。

ハッピーメールなどの出会い系を活用する人は、多かれ少なかれ、多くの男性と関係を持つ女性である可能性があります。

万が一に備えて、病気を持っている女性との性交渉を避けるため、コンドームは必要です。

ハッピーメールは危険だと思ったら

以上、ハッピーメールで起こりうる危険を紹介しましたが、気をつけて行動すれば安全に利用することができます。良い出会いが実現するよう、慎重に相手を見極めましょう。

それでも、ハッピーメールは危険だ!という人は、マッチングアプリのOmiaiがおすすめ。Omiaiには、約300万人の人が登録しているため、様々な年代・趣味嗜好の人と出会うことができます。

また、なによりフェイスブックと連携しているため安全に利用することができるのがポイントです。

[無料]Omiaiで出会いを探す