ハッピーメールの最終利用履歴の上手な活用方法・注意点まとめ

記事の著者:kubotaanna

1600万人が登録しているマッチングサービス、ハッピーメールを使ったことはありますか?

こちらのサービスは、なんといっても登録者数が多いため、大都市だけでなく地方での相手探しにもおすすめです。

掲示板を使うことで、恋人〜セフレまで目的に合わせた出会いができるのもポイントになっています。

このハッピーメールには「最終利用履歴」という表示項目があります。これは登録者がそれぞれ最後にログインした時間はいつかを示すものです。

今回は、「最終利用履歴」の上手な使い方と、メリット・デメリットを紹介します!

まだハッピーメールに登録していない人は、まず登録してみましょう。きっと、理想の相手と出会うことができるでしょう。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]

ハッピーメールの最終履歴の使い方

ハッピーメールの最終利用履歴は、プロフィール欄の一番下の項目。日付と時間が表示されています。

これによって、気になる相手が最後にいつログインしたのかが分かるようになっています。実はこれ、意外と出会い系サイトでは意外と重要なのです。

最終利用履歴で出会いの確率を上げる

出会い系サイトでは、もちろん異性と出会うことが目的で利用する人が多いわけですが、やみくもに探していても出会いの確率は高まりません。

出会い系サイトは、登録しただけで利用していないという人も多いのです。

一般的なSNSでも、登録したけどほとんど見ていないという人も多いですから、それと同じです。

最終利用履歴を使って出会いの確率を上げるには、お目当ての相手が見つかった時にまず最終利用履歴を確認してください。

最終利用履歴が今の時間に近ければ近いほど、相手がログインして出会いを探している可能性が高く、返信が早い可能性が高いです。

アクティブに活動している人ほど、その瞬間出会いを求めている確率が高く、実際に会える確率も高まります。

最終利用履歴を使えばポイント節約にもなる

ハッピーメールの最終利用履歴を活用することで、ポイントの節約にもなります。

ハッピーメールの場合、男性はポイントを消費して女性とコンタクトをとりますが、やみくもにメールを送り続ければ、ポイントを無駄に消費してしまうことになりかねません。

そこで、最終利用履歴を活用します。相手の最終利用履歴を確認して、相手がしっかりと活動しているかどうかを見ましょう。

最終利用履歴が最近であればあるほど、返信の可能性が高まります。まったく活動していない女性にポイントを使ってメールを送っても、返信がない可能性が高いのでやめましょう。ポイントを無駄に消費してしまうのを防ぐことができます。

女性は、実際に男性に会ったときに、最終利用履歴を確認しているか聞いてみてもいいでしょう。

やみくもに送るタイプなのか、しっかり考えて送っているのかは、その後発展的な付き合いをするかどうかの指標にもなります。

最終利用履歴を使うことのデメリット

最終利用履歴を使ってメッセージを送ることによって、相手にマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

これは複数の相手と並行してやりとりをしている場合に起こります。

たとえば、Aという人とずっとメールをしているときに、同時にBという人があなたからのメールを待っているとします。

あなたはAとメールをしているので、最終利用履歴はかなり最近になっています。それにもかかわらず返信をもらえないBが、もしあなたの最終履歴を見てしまった場合、あなたへの印象はよくないものになってしまうことがあります。

LINEの既読スルーと同じで、印象が良くないので気を付けましょう。

最終利用履歴は消すことができない

ハッピーメールの最終利用履歴にはメリット・デメリット両方ありますが、最終利用履歴は消したり非表示にしたりすることはできません。

インターネット上には様々な履歴を消す裏ワザのようなものが紹介されていますが、ハッピーメールにはそういった機能はないので、最終利用履歴をうまく活用するしかありません。

出会いの効率を上げるには大変便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]