ハッピーメールでクレジット決済しても大丈夫?安全性を徹底解説!

記事の著者:kubotaanna

ハッピーメールは、大手老舗の出会い系サイトとして人気。会員数は500万人を超えており、身近で利用している方も多いのではないでしょうか。

会員登録は無料ですが、通話やメール、掲示板などを利用する時にポイントが必要です。そのポイントは、クレジットカードや銀行振込、コンビニ決済を通じて購入するのが主流。

ポイントのためだけに銀行やコンビニに行くのは手間だし、手早く購入できるクレジットカードを使いたいという方は多いはず。

しかし、クレジットカードで支払うと出会い系サイトにデータが残ってしまうのではないか、悪用されて不正請求が来るのではないかといった心配がある人も多いでしょう。

結論から言えば、クレジットカードでも安心してハッピーメールを利用することができます。今回はハッピーメールにおけるクレジット決済の仕組みについて解説していきます。

安心して利用し、素敵な出会いに繋げてください。

セキュリティーは万全!

ハッピーメール側から漏洩や悪用されることはなく安心して利用できます。なぜなら、ハッピーメールと利用者の間に、株式会社EICというカード代行決済会社が入っているので、ハッピーメール側には利用者のカード情報は残らないからです。

もちろん代行決済会社のセキュリティは徹底されているので安心です。カード代行決済会社ではhttps:というSSL通信を採用していて、通信を暗号化することでデータの盗用や改ざんを防いでいます。

また、代行決済会社のEICの取引銀行が三菱東京UFJとなっているので、会社としての信頼もある程度保証されるでしょう。

カードの利用明細からもバレないので安心

クレジットカードは毎月、利用明細が届くのでそこに出会い系サイトの名前が載っていたら恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。

ですがハッピーメールでは、株式会社EICというカード代行決済会社の名前で請求されるので、クレジットカードの明細にハッピーメールなどと記載されることはありません。

クレジットカード明細から出会い系サイトを利用していることがわかることもないので、クレジットカード登録をしても、家族に出会い系サイトを利用していることがばれてしまうことはないです。

クレジットカードで年齢確認も可能

ハッピーメールでは、年齢確認の際に書面とクレジットカードどちらか選ぶことが可能です。書面の場合は、免許証や保険証などの写真をメールかFAXで送信して確認します。

一方クレジットカードの場合は、必要な情報を画面上に入力するだけで年齢確認が完了。このとき100円が確認料としてかかりますが、100円分のポイントが付与されるためほとんど無料と変わりありません。

書面で送る際は、まず書面の写真を取ってさらに個人情報を消す加工をしなければならないので、クレジットカードの方が手間がかからず年齢確認できます。

クレジットカード情報はハッピーメール側に残らないのか

クレジットカードを一度登録してしまえば、簡単に決済できるようになるので便利ですが、カード情報が残ってしまわないかと心配している人もいます。

しかし、ハッピーメールとクレジットカード情報の間には、カード会社が存在します。そのため、ハッピーメールにはクレジットカード番号などの情報は一切伝わっておらず、カード代行決済会社に情報が入っています。

退会してもハッピーメール側にカード情報が残ることはないため、安心して利用できます。

しかし、簡単にポイントを購入できるようになると、手軽さゆえについ使いすぎてしまう危険性が高まります。使いすぎには注意しつつ、ハッピーメールを利用して、理想の相手を見つけましょう!