ハッピーメールの年齢確認の方法・提出するべき書類:個人情報保護を徹底しているから安心!

記事の著者:639282

ハッピーメールを利用するためには、年齢確認を済ませる必要があります。18歳以下のユーザーの利用をなくし、トラブルを防止するために年齢確認は必要な工程です。

しかしハッピーメールに年齢確認の書類を送ることは安全なのかと不安に思う人も多いでしょう。ハッピーメールの安全性や年齢確認方法、提出すべき書類を知って利用してみてください。

ハッピーメールの年齢確認の方法

ハッピーメールで年齢確認をする方法は二つあります。一つ目は、身分証明書などの年齢確認書類を写真に撮って送ること。二つ目はポイントをクレジットカードで購入する方法です。

確認書類を写真に撮って送る

確認書類を写真に撮って送る方法は免許証などの書類を撮影し、ハッピーメールの専用フォームから添付して送ります。

・生年月日or年齢
・書面の名称
・書面の発行者名

これらの情報が見えるように写す必要があります。影に隠れたりしてしまわないように気をつけましょう。

住所や名前、顔写真の情報は必要ありません。年齢が確認できれば問題ないため、名前や住所などの個人情報は送る際に塗りつぶす加工を施しておくと良いでしょう。

クレジットカード決済による確認

クレジットカード決済による確認はハッピーメールのポイントを100円分以上購入することで済ませることができます。

男性の場合はハッピーメールのポイントを後々購入することにはなるでしょう。そのためクレジットカード決済は、確認書類を送るよりも手っ取り早い方法になります。

ハッピーメールに登録後にポイントをクレジットカード決済で購入すると確認は終了です。自分名義のクレジットカードを持っているということは18歳以上であることの証明になるからです。

ハッピーメールの年齢確認で提出するべき書類

ハッピーメールの年齢確認で提出するべき書類は、以下のような書類が有効です。

・運転免許証
・健康保険被保険者証
・国民健康被保険者証
・年金手帳
・パスポート
・外国人登録証明書
・住民基本台帳カード
・共済組合員証
・社員証
・学生証
・診察券
・区民証
・身体障害者手帳
・保険証券(証書)
・健康診断証明書
・在学証明書
・卒業証書
・マイナンバーカード

必要事項が書類の表面と裏面に分かれて記載されている場合は、写真を表と裏で2枚分送る必要があります。

ハッピーメールの年齢確認における安全性

ハッピーメールでは個人情報保護を徹底している

ハッピーメールは、JAPHICマークという個人情報保護法の遵守を徹底する事業者に与えられるマークを取得しています。これは個人情報の漏えいや不正使用をしないことの証です。

ハッピーメールのプライバシーポリシーでは送ってもらった年齢確認書類は年齢確認のためだけに使用し、その後はしっかりと破棄することを定めています。そのためハッピーメールに送った確認書類は不正に使用されるようなことはないということです。

クレジットカード情報も暗号化される

クレジットカード情報も暗号化されて送信されるため、カード情報が外部に漏れる心配はありません。

またクレジットカードは代行会社を通じて決済されるため、ハッピーメール側にはカードの情報は一切伝わらないようになっています。そのため運営から悪質な請求が来ることもありません。

またカードの明細にも代行会社の名前が載るため、ハッピーメールと記載されることはありません。ハッピーメールを使っていることは他の人にバレません。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]