ハッピーメールのメッセージ機能で返信率を上げるポイントや頻度:共通点をしっかりアピールしよう!

記事の著者:639282

ハッピーメールで「なかなか相手からメッセージの返信が来ない」と悩んでいる人は多いでしょう。自分が相手を気に入ったからといって、相手から必ず返信をもらえるわけではありません。

ハッピーメールでメッセージの返信率を上げるためには、相手が返信したくなるようなメッセージのポイントを理解することが大切です。

メッセージ機能で返信率を上げるポイント

相手のプロフィールに触れる

相手のプロフィールに触れていくことは忘れないようにしたいところ。自分の話ばかりのメッセージや「よろしくお願いします」だけのいかにも定型文っぽいメッセージは避けるようにしましょう。

定型文は「出会えれば誰でも良い」感がはっきり出てしまいますし、自分の話ばかりの人はナルシストっぽく感じてしまいます。

相手の仕事や趣味、好きなものなどを見て興味を持ったということをしっかり伝えましょう。プロフィールをしっかり見ていると、それだけ相手に興味を持っているということになるので返信率を上げることに繋がります。

共通点をしっかりアピール

ただ相手のプロフィールに興味を持った、というだけではアピールが足りません。自分との共通点も含めて、気が合うことをしっかり伝えましょう。

「同じサッカー好き同士で盛り上がれたら嬉しいです!好きな選手って誰なんですか?」など、そこから派生して質問をしてみるのもありです。

ただの形式的な挨拶や自己紹介よりも、共通点やそれにまつわる質問を交えたメッセージの方が明らかに返信率は高くなるでしょう。

写真について褒める

写真、つまり相手の見た目について褒めることも結構大切なもの。誰だって褒められれば嬉しいものです。例えそれが社交辞令だと分かっていても、嬉しいことには変わりないです。

ただし分かりやすすぎるくらいの社交辞令になってしまっては意味がありません。媚びようとしているのが明らかに分かってしまうので、逆に相手が引いてしまう場合もあります。

「可愛い」「かっこいい」とストレートに言うよりは、「ロング似合いますね」「スーツ姿素敵ですね」「おしゃれですね」といった褒め言葉の方が望ましいでしょう。お世辞っぽさがなくなります。

最初は丁寧なメッセージが一番

最初は丁寧な話し方でメッセージを送るのが良いです。親しみやすさも大事ですが、馴れ馴れしすぎると嫌がられてしまいます。

馴れ馴れしい人=チャラいといった印象を持つ人も多いですし、チャラい人は「遊ばれそう」といった印象から警戒されることも多いもの。メッセージの返信率をあげたいなら、なるべくマナーのあるメッセージを送るように心がけましょう。

最初は敬語でさん付け呼びは忘れずに。丁寧な対応をしてくれる人は信頼されやすく、返信してもらいやすいです。

メッセージの適切な頻度

ハッピーメールでメッセージを交換するとき、実際どれくらいの頻度でやり取りをするべきなのか迷うこともあるでしょう。

メッセージを送りすぎて「うざい」と思われたらやはり印象はマイナスですし、そうは言っても1日1通程度ではそのまま自然消滅してしまいそうなもの。

適切な頻度としておすすめなのは、平日であれば1日3~4往復くらいです。たくさんメッセージが来ると嫌がる人は多いので、送りすぎには気をつけましょう。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]