アメリカ人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

記事の著者:SARAS編集部

今アメリカ人の男性と付き合っており、国際結婚を考えているというそこのあなた。国際結婚において日本人同士の手続きとは異なるということを知っていますか?

国際結婚の場合は手続きが分かりにくく、また日本式とアメリカ式では結婚の方法が異なるので面倒です。

そこで今回はアメリカ人と国際結婚する時の流れ、そして注意点について分かりやすく紹介していきます。アメリカ人との国際結婚を考えている方はぜひチェックして下さい。

日本で国際結婚する場合

アメリカ人の男性と日本で国際結婚する時の流れについてみていきましょう。

婚姻要件具備証明書を手に入れる

日本で外国人が国際結婚する場合、必ず婚姻要件具備証明書が必要となります。婚姻要件具備証明書とは本国の法律上、婚姻することができることを証明するための重要な書類となります。

東京港区赤坂に米国大使館があるため、大使館へ行き書類を貰うようにして下さい。大使館へ行く時には予約が必要となります。アポなしで突然行くのはNGです。

もしアメリカ人である男性が軍人であった場合は、米国大使館ではなく米国法務官から婚姻要件具備証明書を貰うようにして下さい。

市役所へ婚姻届けの提出

アメリカ人である彼氏が婚姻要件具備証明書を手に入れることができれば、市役所へ行き婚姻届けを提出しに行きましょう。

市役所へ手続きをしに行く時に必要となる書類で、女性が用意するものは、以下の4つです。

・婚姻届
・印鑑
・本人確認書類(パスポートや運転免許所)
・戸籍謄本

婚姻届けは市役所にあるので事前に貰っておき書いてから市役所へ行きましょう。アメリカ人の男性には、以下の3つを用意してもらいましょう。

・婚姻要件具備証明書+訳文
・パスポート+訳文
・出生証明書+訳文

これらのものを用意して婚姻届けを提出するのですが、アメリカ人との国際結婚の場合の手続きは時間も手間もそれほどかかりません。

アメリカ人と日本の法律に沿って国際結婚した場合は、アメリカ国内でも法的に有効となります。婚姻届けを出した後に米国大使館へ行く必要はありません。

婚姻要件具備証明書の書類を貰う時にだけ、米国大使館へ行く必要があります。

アメリカで国際結婚する場合

アメリカ人の男性とアメリカで国際結婚する場合もあるでしょう。その場合の国際結婚する時の流れを見て行きましょう。

マリッジライセンスを取得する

アメリカで国際結婚するためには、マリッジライセンスが必要となります。マリッジライセンスは役所で貰うことができます。

アメリカ人の男性に必要なのは、以下のどれか一つです。

・運転免許証
・パスポート
・出生証明書

一方、日本人女性はパスポートが必要です。

他にも申請料が必要なので用意しておきましょう。

ただし、州によって申請に必要な書類や料金は違いますので、必ず確認をしてください。

必要な書類を集めてから教会の牧師、また裁判所の裁判官、資格のある司式者のもとで結婚式を行っていきます。結婚を宣誓しマリッジライセンスに司式者の署名をしてもらいます。

署名を入れてもらったマリッジライセンスは、取得した役所に提出します。

その後日本大使館へ行き提出し報告届けを出して手続きは終了となります。

・婚姻届書 2通
・戸籍謄本 2通
・婚姻証明書 2通
・婚姻証明書の和訳 1通
・出生証明書、またはパスポート 2通

が必要となりますので必ず用意するようにして下さい。

国際結婚と聞くと手続きが難しいイメージがありますが、アメリカ人と結婚する日本人が少なくないからか手続きはそこまで難しくないといえるでしょう。

しかし日本式、またアメリカ式とでどちらが簡単に手続きを行うことができるかというと、日本での手続きの方が簡単のようです。

国際結婚をするなら

国際結婚をしたくて外国人と知り合いたいけどクラブやパーティーに行って話しかけるのは勇気がない…そんな方にはマッチングサービスのマッチドットコムがおすすめです。

こちらのサービスは海外でも有名で、世界25か国1500万人の人が利用しています。

通勤時間などのスキマ時間で気軽に相手を探すことが可能です。検索では通常のマッチングサービスにもあるような年齢や身長だけでなく、黒人・アフリカ系、中東系、白人・コーカサス系などから人種の選択もすることができます。

無料の会員でもプロフィールを作成したり、条件に合う相手を探すことができます。まずは登録をしてみましょう。

無料で出会いを探す[マッチドットコム]