ネパール人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

記事の著者:SARAS編集部

ネパール人の男性と付き合っていて国際結婚を考えているという日本人女性もいるでしょう。

日本で働いているネパール人はたくさんいますので、素敵な人と出会う可能性もあります。

今回はネパール人の男性と国際結婚したいと考えている女性のために、どのように国際結婚の手続きを行っていけばいいのかということを分かりやすく紹介します。

ネパール人の男性と結婚する場合の注意点も書いていくのでチェックして下さい。

ネパールから結婚手続きをするのが一般的

国際結婚をする場合、日本からでも海外からでも結婚の手続きを行うことができるというのが一般的でした。しかし、ネパール人との国際結婚の場合は異なり、日本からの結婚の手続きは行うことができません。

なぜ日本から結婚の手続きを行うことができないのか。それは日本にある駐日ネパール大使館で婚姻届けを貰うなど、結婚に関する書類を受け取ることができないからです。

ネパール人と結婚する場合、必ずネパールへ行き、結婚の手続きに必要となる書類を取得する必要があります。これらの書類は結婚する2人が一緒に行かなければもらうことができません。

そのためネパール人と結婚する方は、必要な書類を全て揃えた上で結婚の手続きをする必要があります。

ネパール人との結婚の注意点

日本の法律では結婚することができる年齢は男性で18歳、女性で16歳となっています。しかしネパールの法律では異なります。男性は22歳、女性は20歳からでしか結婚することは認められません。

後見人の同意があった場合でのみ18歳からでも結婚することが認められます。

また結婚できる年齢だけでなく、年齢差にも決まりがあります。ネパールでは20歳以上の年の差の男女の結婚は認められていません。ただし裁判で認められれば結婚することができるそうです。

ネパールでの結婚手続きに必要な書類

日本人の女性がネパール人の男性と国際結婚する場合、ネパールへ行き結婚の手続きとなります。

日本人女性は、以下の4つを用意してください。

・戸籍謄本
・独身証明書
・パスポート
・証明写真

ネパール人は以下の4つを用意してください。

・ナガリタ
・独身証明書
・証明写真
・両親のナガリタ

ナガリタはネパール人の身分証明書のことをいいます。

ネパールでの結婚手続きの方法

結婚に必要となる書類が揃ったら、旦那さんとなるネパール人の男性の住んでいる地域のCDO(セントラル・ディスリクト・オフィス)の結婚課へ行きます。しかしCDOで結婚手続きを行ったからといってすぐに結婚とはならず、待機期間が最低でも15日間あるのが一般的です。

確認が終われば結婚証明書を発行してもらうことができます。結婚証明書を発行してもらったら、3ヵ月以内に日本に戻り、駐日ネパール大使館、または日本人女性の本籍地である市役所へ結婚証明書を提出します。

ネパール人男性と日本人女性が結婚するためには、日本で必要な書類を揃え、2人でネパールに行って手続きを行い、結婚証明書を発行してもらう。その後日本で結婚手続きという流れになります。

ネパールに行くために長期ビザを取得したりしなければならないので、ビザの取得が大変だったりしますが、それさえクリアできれば、時間がかかるだけで難しくはないと言えるでしょう。

国際結婚をするには

国際結婚に憧れたり、外国人の彼氏が欲しい、でも留学や旅行をする時間もお金もない…という方にはマッチングサービスのマッチドットコムがおすすめです。

アメリカ発祥のこちらのサービスは日本を含め世界25か国、1500万人以上の登録者がおり、多くの人が利用しているサービスです。

スマホ1つで時間が空いた時に気軽に相手を探すことができます。また、ネットでの出会いに抵抗がある方でも、マッチドットコムは検閲や審査などセキュリティに力を入れているので、サクラや怪しい人のいる可能性が低く、安心して出会いを探すことができます。

メールアドレスの入力だけで簡単に無料で利用することができます。まずは気軽に登録してみましょう。

無料で出会いを探す[マッチドットコム]