台湾人と国際結婚するときの流れ・注意点まとめ

記事の著者:SARAS編集部

台湾は日本人に人気の旅行先であるため、台湾で出会い国際結婚となるカップルは多いようです。

そこで今回は台湾人の男性と、日本人の女性が国際結婚を行う場合、どのようにして国際結婚の手続きを行えばいいのかを紹介していきます。

日本で先に結婚の手続きを行う場合と、台湾で先に結婚の手続きを行う場合とでは、手続きの方法が異なるため、国際結婚を考えている方は、両方の手続き方法をチェックしておきましょう。

日本で先に結婚の手続きを行う場合

台湾人の男性と日本人の女性が、日本で先に結婚の手続きを行う場合、まず台湾人の男性が、東京都港区白金台にある台北駐日経済文化代表処というところへ行く必要があります。

台北駐日経済文化代表処とは、他国の男性と国際結婚を行う際に、行く必要がある大使館と同じようなところです。実は台湾は日本では、中国との国交の関係で1つの国として認められておらず、大使館はありません。

台北駐日経済文化代表処へ行く際には、以下の書類を台湾人の男性が用意し、婚姻要件具備証明書を発行してもらう必要があります。

・台湾の戸籍標本
・パスポートとそのコピー1部(写真のページ)
・印鑑
・証明写真

台湾人の男性の婚姻要件具備証明書を用意することができたら、必要書類を用意し、市役所へ行き婚姻届を提出します。

以下の3つは、台湾人の男性が用意する必要があります。

・婚姻要件具備証明書
・台湾の戸籍謄本
・パスポート

以下の2つは、日本人の女性が用意しましょう。

・戸籍謄本
・身分証明書

婚姻届を役所へ提出し、婚姻届が受理されれば、日本側での婚姻登録は完了となります。

台湾側での手続き

日本での婚姻登録が完了したら、次は台湾側で結婚手続きを行う必要があります。手続きを行わなければ、台湾で夫婦だと認められません。

・日本人女性の戸籍謄本
・台湾人男性の戸籍謄本
・2人のパスポートと印鑑

これらの書類を揃え、台湾側に報告届を提出します。受理されれば、台湾側でも婚姻登録が完了となります。

台湾で先に結婚の手続きを行う場合

台湾で先に結婚の手続きを行う場合、日本人の女性が台湾へ行き手続きを行うようになります。

まず日本人女性が行うことは、台湾の台北市、または高雄市にある財団法人交流協会在台事務所へ行き、婚姻要件具備証明書の発行を行います。

婚姻要件具備証明書を手に入れることができたら、市役所へ婚姻登録をしに行きます。

台湾人の男性は、以下の2つを用意する必要があります。

・身分証明書
・印鑑

以下の3つは、日本人の女性が用意しましょう。

・婚姻要件具備証明書
・パスポート
・印鑑

書類を用意することができたら、台湾の市役所へ行き、書類を提出して申請し、無事に受理されることができれば、台湾での婚姻手続きは完了となります。

日本での手続き

台湾での手続きが完了したら、次は日本での手続きを行う必要あります。日本での手続きを行わなければ、日本では夫婦として法律で認めることはできません。

台湾人男性は、以下の3つの書類を用意する必要があります。

・台湾の戸籍謄本
・台湾の役所から発行された婚姻書
・印鑑

日本人女性は、これらの書類を用意してください。

・戸籍謄本
・身分証明書
・印鑑

必要書類を用意して、日本の市役所へ書類を提出、受理されることができれば、日本での婚姻の手続きは完了となります。

台湾へ行ったり日本へ行ったりと大変ですが、必要な書類さえ揃えることができれば、手間なく結婚の手続きを行うことができます。

国際結婚をするなら

日本人よりも外国人の顔や性格のほうが好み、外国人と付き合いたい、結婚したい、と考える方も多いのではないでしょうか。そんな方にはマッチングサービスのマッチドットコムがおすすめです。

こちらのサービスは日本を含めた世界25カ国で利用され、1500万人を超える会員がいます。

入力した希望の条件をもとに、マッチした会員を毎日紹介してくれます。さらに、有料会員になると相手とのメールでのやり取りが可能に。たくさんの人と出会うことができます。

無料の登録のみでも、タイプの人を検索して探すのはもちろん、相手のプロフィールを見たり、SNSで言ういいねのようなウィンクという機能を使うことができます。まずは気軽に登録してみましょう。

無料で出会いを探す[マッチドットコム]