バツイチ子持ちの彼女と付き合うときの注意点7つ:相手の時間に配慮しよう

記事の著者:Kanako

男性から意外と人気が高いのが、バツイチ子持ちの女性。長く独身でいる女性よりも、一度は結婚を経験しているバツイチ子持ちの女性に魅力を感じる人は意外と多いです。

しかし、離婚を経験していることから、恋愛を進めていくのをためらっている男性も。バツイチ子持ちの彼女と付き合うためにはコツがいくつか存在するので、ポイントを掴んで幸せな付き合い方をしましょう。

バツイチ子持ちの彼女と付き合うときの注意点

1.子どもを含めて彼女を大切にする

自身の恋愛よりも、子どものことを第一に考える傾向が強いのがバツイチ子持ちの女性です。付き合う男性に対しても、子どもの将来の父親としてふさわしいか、冷静に見極めようとします。

子どもが好きであることはもちろん、彼女だけでなく子どもも大切にする姿勢を見せることが大切です。

2.LINEや電話を強要しない

子どもと過ごす時間が多く、自分のために使える自由な時間が少ないのもバツイチ子持ちの女性の特徴。そのため、LINEや電話を強要すると彼女の迷惑になってしまうことがあります。

彼女が返事できるのは、子育ての合間だということを意識して、相手のペースに合わせることが大切です。

3.デートの時間帯に配慮する

子どもの生活時間帯に合わせて行動することが多いバツイチ子持ちの女性とデートする場合、その時間帯に配慮することが重要です。

子育ての邪魔にならないように、平日のランチタイムなどがおすすめ。また、子どもを連れたデートの場合、土日の早い時間帯から行動するのもいいでしょう。

4.浪費はせず、経済的に自立する

バツイチ子持ちの女性が、付き合う男性に対してシビアに求めていることが、経済力があるのかどうかです。浪費グセや借金はもってのほかで、将来自分と子どもを養えるのかを見極めようとします。

経済的にも彼女と子どもを支えられる姿勢をアピールすることが大切です。

5.二人の時間は、”1人の女性”として接する

子どもがいるとなかなか難しいですが、少ない二人の時間は、母親というよりは1人の彼女として接することを心がけましょう。話題は家庭や子どものことではなく、お互い興味のある話題にすると盛り上がります。

離婚によって、女性として引け目を感じている彼女に、女性として好きであることをしっかり伝えましょう。

6.離婚原因は信頼関係を築いてから話してもらう

バツイチ子持ちの女性に離婚原因を無理に聞き出そうとすることは、相手のトラウマに触れてしまう可能性があります。

強引に話してもらおうとはせず、信頼関係を築いた後に、彼女が話しやすい雰囲気のときにさり気なく聞いてみて。

離婚原因を聞いたら、その気持をケアするように、彼女と向き合いましょう。

7.結婚を視野に入れて付き合う

バツイチ子持ちの女性が付き合っている男性に求めるのは、恋愛を楽しめる彼氏ではなく、子どもの父親であり、自身も含めた家族を守ってくれるような存在です。

結婚を視野に入れて付き合うことが当然で、彼女と子どもの心の準備をじっくり待って、受け止める姿勢が大切。

すべてを受け入れる覚悟が大切

pairs公式サイトより
pairs

バツイチで子持ちの女性は、自分の恋愛より子どものことを大切に思う人が多いです。そのため、よい関係を築くには彼女だけでなく、子どものことも含め、すべてを受け入れる覚悟が大切。

デートでも子どもを大切に思っていることを言動で示し、彼女に将来の父親のイメージを持ってもらいましょう。

上手くいかなくなってしまった場合には、マッチングアプリpairsで新しい恋を探すのがおすすめ。pairsでは、これまで20万人以上が恋仲になり、そのうち約60%が入籍・結婚の予定があると明らかになっています。

また、所在地・年齢・学歴・年収・職業・価値観などの条件から、理想の相手を検索することができるので、自分と相性のいい相手を見つけることができます。

ちょっとした時間に検索できるので、仕事などで忙しい人にもおすすめです。

[無料]ペアーズで出会いを探す