割り切り不倫のメリット・デメリット:必ずしも割り切れない?

記事の著者:Kanako

「割り切り不倫」という言葉をご存知でしょうか。割り切り不倫は、相手と本気になることはなく、その場しのぎの疑似恋愛を楽しむ、というスタンスのもとで行われる不倫のこと。割り切り不倫の特徴やメリット・デメリットはどんなものなのでしょうか。

割り切り不倫とは?

割り切り不倫とは、文字通り、相手と割り切った関係の不倫を指します。

恋愛感情はなく、お互いが不倫関係以上を望まないため、さっぱりした付き合いを楽しむことができます。

割り切って不倫をしているということもあり、バレないための作戦もしっかりと立てられるのも魅力。

双方が不利にならないような、アリバイ作りなども協力して行うことができます。

割り切り不倫と普通の不倫の違い

割り切り不倫と普通の不倫との違いは、長期化しないという点です。ワンナイトで楽しむことも多いため、証拠が残ることもなく、1度きりの肉体関係を楽しむだけ。そのため、手軽に楽しむことができます。

普通の不倫であれば、配偶者と別れてほしい、自分と一緒になってほしい、別れたら周りにバラす、など不倫相手に脅されるリスクがありますが、割り切り不倫にはそんな心配も不要です。

割り切り不倫のメリット・デメリット

泥沼化しない

割り切り不倫は、一晩だけの関係も多いため、泥沼化しないというメリットが存在します。そのため、お互いに不倫をカジュアルに楽しみたいと思っていれば、気が楽に付き合えます。肉体関係だけなので、記念日など面倒なことも気にする必要がありません。

肉体関係以上を望まない

長期間の不倫は精神的に依存し、また相手の配偶者に気づかれることもあります。

その点、割り切り不倫では、お互いが恋愛関係にはならないことを前提として考えているのでその心配がありません。肉体関係以上を望まないので、別れや離婚などの問題を考える必要がないのです。

飽きる心配がない

割り切り不倫は、一晩だけの関係がメインになるので、相手に飽きてしまったりすることがありません。そのため再度会うことになっても、気まずい雰囲気なく関係を続けることができます。1人の人と長期間付き合うことが苦手な人に向いています。

相手が本気になることもある

割り切った関係で始めた不倫とは言え、相手が絶対に本気にならない可能性はありません。場合によっては、相手が本気になってしまうこともあります。

そうなると関係は泥沼化したり、安易に相手を切り捨てられないといった問題も生じるかもしれません。あくまで互いが割り切れる関係、恋愛感情と肉体を切り離せる場合にのみ行える関係ですので、安易に割り切りと考えてはいけません。