不倫の行く末・結末のパターン5つ:ハッピーエンドは難しい?

記事の著者:Kanako

不倫には周りが見えなくて燃え上がっているときや、時間が経って冷静になるときがあります。時には誰かを裏切っている罪悪感に襲われることもあるでしょう。

人の性格が違うように、不倫関係の結末も様々です。現在不倫している相手とこのまま良好な関係を続けることができるのか、不安に感じている人も多いはず。

不倫をした先に待っている結末は、ハッピーエンドなのでしょうか。不倫関係に不安を抱いている人は要チェックです。

不倫の結末5つ

不倫にはどんな結末が待ち構えているのでしょうか。ハッピーエンドとバッドエンドを合わせて5つのパターンを見ていきましょう。

1.静かに自然消滅

1つ目は、不倫相手の家族にもバレずに自然消滅するパターン。お互いが不倫をしていることに罪悪感を感じている場合や、火遊びで不倫を始めた場合に起こりやすいです。

お互いにだんだん連絡を取らなくなり、そのまま関係も終わります。相手の家族に不倫をしていたことがバレる前に、別れることが多いので、不倫によるトラブルも起こりにくいでしょう。

2.相手の家族にバレて修羅場

2つ目は、不倫が相手の家族にバレて修羅場になるパターン。

不倫相手の夫婦の関係性が冷めきっているものであれば、穏便に収まる可能性もありますが、相手に子供がいたり夫婦関係が円満に続いている場合は、慰謝料や養育費の請求をされることもあります。

不倫をした夫にも非がありますが、女性というのは夫よりもそれを受け入れた相手の女性に対して敵意を見せるケールが多いです。そのため最悪不倫を会社にバラされたり、今の生活を脅かされてしまうこともあるでしょう。

3.不倫相手の子供を妊娠

3つ目は、不倫相手の男性との子供を妊娠してしまうパターン。相手の家族にバレずに不倫関係を続けていたとしても、2人の不倫関係に間違いなく変化が起こります。

相手が割り切った関係を望んでいる場合は、中絶してほしいと言われる可能性もあるでしょう。もし子供を諦めたとしても、女性側には深い傷が残ります。それがきっかけで不倫関係が終わってしまうこともあるのです。

4.略奪に成功するも2人の関係も終わってしまう

4つ目は、不倫相手の略奪に成功するも2人の関係も終わってしまうパターン。

すでに離婚が約束されていたり、夫婦関係が冷めきっている場合は、相手が離婚した後、晴れて恋人同士になることができるでしょう。しかし、実際は手に入らない恋を求めていただけで、恋人になったら飽きてしまうということも。

また、長く時間を共にすることで知らなかった相手の本性を知り、幻滅してしまうこともあります。せっかくお互いがフリーになったのに、終わってしまうという結末もあるのです。

5.略奪に成功してハッピーエンドに終わる

5つ目は、不倫相手の略奪に成功してハッピーエンドに終わるパターン。不倫相手と心から一緒にいたいと考えている場合は、このケースが一番のハッピーエンドです。

実際に奥さんから彼を奪った後、結婚して幸せになった夫婦も存在します。

不倫の結末は良いものばかりでない

不倫には様々な結末がありますが、人によっては自然消滅で終わることがハッピーエンドと受け止めることもできますし、再婚しても相手の浮気癖に悩まされてしまう人もいるでしょう。

もし不倫を考えている人がいれば、このような結末が待ち受けていることを頭に入れることが大切です。本当に不倫をして幸せになれるのかを今一度考えてみては。