同級生と不倫するきっかけ&メリット・デメリット:再会によって昔の恋心が燃え上がる

記事の著者:Kanako

同級生との再会には、懐かしいものがあります。お互いをよく知っていることや、共通の思い出が多いことから、再会後にぐっと関係性が近くなることもあるでしょう。

そんな同級生と不倫をしてしまうきっかけは一体どのようなものなのでしょうか。実際に同級生と不倫をした場合のメリット・デメリットも合わせてみていきます。

同級生と不倫するきっかけ

きっかけその1 同窓会での再会

同級生との再会で一番多いのは、学校の同窓会。小学校、中学校は住んでいる地区にある学校に通うことが多いです。しかし、高校で別々の学校に進学して、そのまま合わなくなるのはよくあること。

20代後半から30代になって、久しぶりに地元の友達と再会すれば、一気に懐かしい記憶が蘇ってきます。昔の恋心が再燃して、そのまま不倫に発展してしまうのでしょう。

きっかけその2 共通の友人の結婚式

共通の友人の結婚式も不倫のきっかけになります。久々に再会した相手であれば、思い出話に花が咲くでしょう。再会する場所が結婚式場ということもあり、自分がフリーであれば誰かと恋愛をして早く結婚したいと考えます。

そういったときに再会した同級生が魅力的であれば、思い切ってアプローチをしてしまうのかも。勢いでワンナイトラブをして、朝起きてから相手が結婚していたと知ることもあります。

きっかけその3 仕事関係での再会

職場の移動や取引先など、仕事関係で同級生とばったり会うこともあります。当時はなんとも思っていなかった相手でも、仕事をこなす姿や成長した姿に惹かれ、恋愛に発展することも。

同じ職種の仕事であれば仕事の苦労も分かち合うことができるため、一緒にいて楽しい時間を過ごすこともできるでしょう。

同級生と不倫をするメリット

同級生と不倫をするメリットは、信頼感があること。赤の他人ではなく、お互いのバックグラウンドを知っているので、不倫をするハードルが低いです。すでに顔見知りの相手だからこそ、遠慮なくお酒を理由にした行動がとれます。

地元の話を気軽にできるので、簡単に仲も深まるでしょう。一度一線を超えてしまえば、そこから不倫関係を始めてしまうのは簡単なのです。

同級生と不倫をするデメリット

同級生と不倫するデメリットは、バレるリスクが高いこと。共通の友人や知人が多いため、2人で会うときは常に緊張感が必要です。お互いに地元を離れていなければ、不倫現場を見つけられてしまう可能性が高いでしょう。

周りにバレないように、気を遣い続けることに疲れてしまう人もいます。

同級生と不倫をする前に

不倫は法律で罰することはできませんが、確実に一つの家庭を壊し、誰かを裏切っています。同級生の奥さんが自分の知り合いである可能性もあるでしょう。不倫に発展する前に、一度冷静になって相手との関係を考えてみましょう。