不倫を清算する方法・別れ話の注意点:別れ方にもコツがある!

記事の著者:Kanako

不倫相手でも、別れるときは上手に清算したいもの。しかし、どのように伝えたら良いかわからないという人は多いです。伝え方が悪いとトラブルになったり、なかなか別れることができなかったりします。

不倫を上手に清算したいけれども、どのように切り出したら良いのか迷っている人は参考にしてみてください。

不倫を上手に清算する5つの方法

感情的にならない

別れ話で感情的になってしまうと、相手も過剰に反応してしまいます。怒りながらや、明らかに機嫌が悪い状態で別れ話をするのは控えましょう。相手も不愉快な気持ちになってしまいますし、別れ話がこじれる原因の一つになってしまいます。

続けていたらリスクがあることを知らせる

家族にバレてしまったことや、友達にバレてしまったという話をすることで、不倫を上手に清算できることがあります。火遊び程度の気持ちで不倫をしていた場合は、相手から別れ告げてくる可能性も高いです。

連絡の頻度を減らす

故意的に連絡する頻度を減らすと、別れたいという気持ちを相手に察してもらうことができます。しかし急に連絡する頻度を減らしたり、全く連絡をしないとすると相手はあまりいい気持ちはしないので、少しずつ減らすことが重要です。

会わない

別れ話をして不倫相手と別れるためには、会わない方法もあります。相手に飽きたと思わせることができますし、不倫相手から別れ話をしてくる可能性もあります。会わない期間が長くなり、自然消滅することも期待できるでしょう。

他に恋愛関係があることをちらつかせる

他に恋愛関係があることをちらつかせると、円満に関係を終わらせられることも。相手が遊びで不倫をしていた場合は、不倫をやめる良いきっかけになると言って、別れを了承してくれることもあるでしょう。

不倫を清算する際に注意すること

好意を見せる

別れ話をする際に、未練がある素振りを見せてはいけません。本当は好きなんだけどという態度を取ることで、相手が別れないように説得してくる可能性があります。隙を見せてしまうと別れるどころか、そのまま不倫関係を続けてしまう可能性が高くなるでしょう。

優柔不断な態度をとる

別れ話をする際に、優柔不断な態度をとるのはNG。優柔不断な態度は、不倫関係がだらだらと続いてしまう原因の一つです。別れ話をする際は、別れたいという意志を強く持って話を切り出しましょう。

相手を怒らせてしまう言動をとる

別れ話をする際は、相手を怒らせないように注意しましょう。別れるからと言って悪口や不愉快な言葉を選んだりすることも、絶対にしてはいけません。相手を怒らせてしまうと、最悪不倫をしていたことを職場や家庭にバラされてしまう可能性もあります。

不倫を上手に清算するには

別れ話をどのようにするかで、不倫を上手に清算できるかが決まります。別れ話をする際は、意志を強く持って相手に理解してもらうことを最優先に話しましょう。

そうすることで、お互いにとって良い別れを迎えることができるはずです。