彼氏が頼りにならない女性の悩み

記事の著者:SARAS編集部

いつも自分がリードしている、いまいち包容力に欠ける…そんな頼りない彼氏に悩んでいる女性は、意外と多いもの。嫌いではないけれど、ふとした拍子にこのまま付き合っていて大丈夫なのかな…と不安になってしまいます。

今回は、彼氏が頼りにならない女性の悩みや、そんな彼氏に自信をつけさせる方法をご紹介。

彼氏が頼りにならない女性の悩み

頼りにならない彼氏がいる女性は、どのような悩みを抱えているのでしょうか。頼りないと言っても、精神的なものから肉体的なものまで、その悩みは様々です。彼氏が頼りにならない女性の悩み、その一部をご紹介します。

女々しい部分が目立つ

喧嘩をすると泣き出したり、いつまでもうじうじしていたり、とにかく彼氏が女々しい…。女性としては、彼氏に男らしくリードしてほしいものですが、頼りにならない彼氏はそんな考えがありません。

また、このようなタイプの情けない彼氏相手だと、揉めた際に彼女が折れなければいけないことが多く、それを不服に感じる人もいます。

いざというときに不安

力が弱いなど、物理的に頼りない彼氏。ムキムキに鍛えてほしい訳ではないけれど、万が一の際あっけなくやられてしまったり、最悪逃げ出してしまいそうなタイプの男性は、女性としては付き合っていく上で非常に不安です。

こういった物理的な頼りなさは、努力次第でどうにかなるのに…と不満を感じてしまいます。

フォローが下手

情けない男性は、アクシデントや手配ミスで予定が狂ってしまった時、対処できずにオロオロする人が非常に多いです。

彼氏がこの調子なので、結局いつも彼女がプランを組み直す羽目になってしまいますが、女性はこのような時彼氏にスマートに対応してほしいと感じます。

頼りない彼氏に自信を付ける方法

少し頼りないくらいは個性や愛嬌…とはいえ将来のことを考えると、やはり彼氏にしっかりしてほしいものです。頼りない彼氏に自信をつけさせるにはどうしたらいいのか、その方法をご紹介していきます。

彼氏に判断を委ねる

何かを決める時、とにかく彼氏に「どうしたらいいと思う?」「どうしたい?」と問いかけましょう。最初は決められないと言われる可能性が高いですが、そこで焦ってはいけません。

返ってきた答えに対して反論や否定をせず、言われた通りに行動してみてください。そうすることで少しずつ彼氏の自信へと繋がっていきます。

ジムなどに一緒に通う

体力面の情けなさが目立つ彼氏であれば、一緒にジムなどに通ってみるといいでしょう。彼氏のモチベーションを上げるために、鍛えている男性をわざと褒めたり、いざというときに頼りになる男性がいいと発破をかけることも効果的です。

メンタル的な部分とは異なり、筋力などは比較的効果が出やすいもの。とはいっても一人ではすぐにやめてしまう可能性が高いため、一緒に通えば絆も深まり一石二鳥です。

更に頼りない女性を演じる

もしかすると彼氏は、あなたが頼れる存在であるがゆえに甘えているだけの可能性もあります。彼氏が情けないから仕方ないと、なんでもやってあげていたり自分から行動していませんか?

そういった態度に彼氏は甘え、頼りない男になっている可能性が考えられます。頼りない女性を演じ、逆に彼氏に色々なことを頼るようにしてみましょう。