会う頻度がUPする!彼氏と連絡頻度が減った時の対処法

記事の著者:SARAS編集部

彼氏との付き合いが長くなればなるほど、それと反比例していくかのように減っていくのが連絡頻度だと言われています。

最初たくさんやりとりをしていたカップルほど、連絡が減ると彼女は不安になっていくものです。

他のカップルが彼氏との連絡頻度に関するどのような悩みを抱えているのか、減ったときの対処法を中心に、恋人同士の連絡に関する悩みを解決していきます。

彼氏との連絡頻度に関する悩み

彼氏からの返信が少ない

彼女からはたくさん連絡しているのに対して、彼氏からの返信が少なめ…そういった理由で悩んでいる女性は非常に多いです。

返信が遅かったり少なかったりすると、自分の連絡頻度が高すぎるのかと悩んでしまいます。

電話とメール・LINEの頻度

連絡手段には大きく分けて、電話など直接話すものと、メール・LINEなどの文面を送るものの二つのツールがあります。

この二つのツールでの連絡頻度を、それぞれどうするべきか迷うという女性は多いです。

電話は毎日だと重いのか、それともメールやLINEでも毎日はと考える人が多いのか…考えれば考えるほどわからなくなる問題です。

彼氏と連絡頻度が減った時の対処法

付き合いたての頃はまめに連絡をしてくれていた彼氏、しかし最近はその頻度が減ってきている…そんな悩みを抱えてはいないでしょうか。

彼氏と連絡頻度が減ったとき、どのように対処をすればいいのかを紹介していきます。

会う頻度を増やす

連絡頻度が減ったからと言って、落ち込むことはありません。

連絡頻度が減ってきた頃合いというのは、電話やLINEなどではなくきちんと会って顔を合わせるべき時期だというサインです。

実際に会ってたくさん楽しい時間を過ごせば、連絡頻度が減ったことなど気にならなくなります。

相手を気遣う

連絡頻度が減ったからと言って、返事がないことを責めたり返事を急かしたりすることは絶対にしてはいけません。

返事がなくても負担にならない程度に自分から連絡はしつつ、「忙しくて大変そうだけど頑張ってね」など気遣いの言葉をかけましょう。

彼氏から連絡が来ないときの対処法

自分からは連絡をしているにもかかわらず、彼氏からの連絡がない…女性としてはとても不安になる状況です。

彼氏から連絡が来ない時、彼女はどのような対処をすればいいのでしょうか。

相手の状況を考える

彼氏から連絡が来ない不安感でいっぱいになり、現在の彼の状況が頭から抜け落ちてはいないでしょうか。

一度冷静になり、現在彼がおかれている状況を思い出しましょう。

仕事が忙しくなるということを言っていた、身内の都合で慌ただしいと言っていた…思い返すと実は連絡をしたくてもできない状況なのでは、と思えることは意外と多いです。

連絡はし続ける

彼氏から連絡がないと、どうせ返信も来ないのだからと、彼氏への連絡自体を途切れさせてしまう女性もいます。

しかしまだ彼氏と付き合い続けたいのならば、程よく連絡は取り続けるべきです。
彼女側からの連絡まで途切れさせてしまうと、気づいたら自然消滅していたというパターンになる可能性も高いです。

自分磨きをする

彼氏から連絡が来ないとネガティブになり、そのことばかり考えて一日を過ごすというのは非常にもったいない行為です。

そんなときもある、と大きな気持ちをもち、連絡の取れない時間で自分磨きをしてみましょう。

社会人彼氏との連絡頻度の理想

社会人になると、学生時代と比べてどうしても時間の制約が厳しくなりがちです。

そんな社会人彼氏と付き合う上で知っておきたいのが、彼との連絡頻度の理想。

相手にとって負担にならない連絡頻度を知ることで、関係を長続きさせることができます。

週に数回

社会人彼氏の彼女との連絡頻度の理想は、週に数回だと言われています。

基本的に男性は連絡というものを「必要な時に必要な要件を伝えるため」に取るべきものだと考えています。

男女の関係であれば若干この考えは軟化するものの、それでも連日ダラダラやりとりをする…というのは、男性からすると苦痛に感じる人も多いです。

毎日でも

近年手軽に連絡が取れるツールとして普及しているのが、LINEです

LINEなど手軽な手段で良ければ、連絡は毎日でも構わないと考える社会人彼氏が増えています。

ただし実のある返信を求められる、いつも長文を送りつけられるというのは重いと考える人が多いため、あくまで軽い内容であれば毎日でも…という認識に留めておくことが大切です。

話し合って決める

男性の中にももちろん、たくさん連絡がほしいという人は存在します。

連絡頻度の理想というのは、実際はそのカップルによりけりです。

話題として出しにくい内容でもないので、一度二人で最適な連絡頻度や内容について話し合ってみると良いでしょう。