恋愛が長続きする男性の特徴7つ:店員にも誠実にも向きあう人?

記事の著者:Kanako

誰しもが恋愛を長続きさせたいと思っているのではないでしょうか。ですが、いくらこちらが長続きさせたいと考えていても、相手の性格によっては長続きしないこともあるはずです。

そこで今回は、恋愛が長続きする男性の特徴について紹介していきます。

恋愛が長続きする人の特徴

メンタルが強く、気持ちに余裕がある

メンタルが強いと、気持ちに余裕が生まれます。こういったメンタルの持ち主は、常に気持ちに余裕があるので、誰に対しても優しい態度で接することができます。

また、気持ちに余裕があることで、恋人に対しても優しく接してくれることでしょう。

ありがとうが素直に言える

男性の性格として、素直に何かを言うことは照れくさいと感じる人が多いことでしょう。

そんな中で、ありがとうと素直に言える人は、相手に対して常に感謝の気持ちがあると言えるのではないでしょうか。

感謝の気持ちがある人は、恋人にも常に感謝の気持ちを忘れることはないはずです。そのような素直さが、長続きをする上で必要だと言えます。

モノを大切に扱っている

自分の身の回りのモノを大切に扱っている人は、優しい気持ちと感謝の気持ちに溢れていることでしょう。

モノを大切に扱っていることを感じたいのであれば、靴やカバン、時計や財布などを見ればわかるはずです。

たとえブランドではなくても、きちんと手入れがされていれば、それはモノを大切に扱っている証明になります。

モノを大切に扱うということは、長続きをさせることにもつながってきます。

疑われるような行動をしない

普段から隠し事をせず、疑われる行動をしないように心掛けるようにしているので信頼できるはずです。恋愛を長続きさせる上で、信頼関係はとても重要です。

普段から疑われる行動をせず、それを習慣づけているのであれば、信頼に値すると判断できるのではないでしょうか。長続きさせるには、信頼関係は最も重要だといえます。

誰に対しても丁寧な態度をとる

たとえば、レストランの店員さん、タクシーの運転手さんなどに対して、横柄は態度を取る人がいます。

自分の方が常に上であるという錯覚から、そのような態度に出てしまうのでしょう。

ですが、たとえ客であっても神様ではないのです。レストランの店員さんにしろ、タクシーの運転手さんにしろ、そこにいるのは「人」。

そして、もしかしたら逆の立場になることだってあります。お互い客であり、サービス提供側に周ることを理解して、誰が相手であっても丁寧な態度を取れるということは、人に対しての優しさがあると言えます。

こうした態度を取れる人は、恋人に対しても同じように接してくれるはずです。

小さな約束を覚えている

些細なことでも、何気ない会話の中でも、約束をしてしまうことがあります。ですが、大抵の人はそんな約束を忘れてしまいがちです。

本人にとっては大切なことかもしれないのに、お願いをされた方は、些細なことと捉えて、忘れてしまうといったことはよくあるのではないでしょうか。

そんな中、些細な約束を覚えている人は、些細なことに対しても気遣いができる人だといえます。

忘れられた方は、しょうがないかと思ってしまうようなことでも、ちゃんと覚えてくれていると嬉しいものです。

数よりも関係性を大切にしている

たくさんのモノ、たくさんの人よりも、そのモノの本質、その人の人柄を大切にする人は、人やモノをぞんざいに扱わないことでしょう。

付き合う人の数よりも、一つ一つのモノや一人ひとりの人間を大切に扱う人は、他人に対して誠実に向き合うことができる人です。

友人関係も数より、その関係の中身を重視している人は、恋人に対してもきちんと向き合ってくれることでしょう。人と真摯に向き合えるということは、恋愛においても長続きさせるために必要なことだといえます。

恋人の家族をさりげなく気遣ってくれる

恋人と会話をする際は、一番身近な存在であるお互いの家族の事が話題に上ることもあります。あなたのことを大切に思う人であれば、あなたが家族について話したことも覚えているのではないでしょうか。

「そういえば弟さん、受験だったよね。頑張ってね」という激励の言葉や、「お母さん、風邪気味だっていってたけど大丈夫なの」という心配の言葉が自然に口から出てくるはずです。

こういう相手なら結婚してもきっとあなただけでなく、あなたの家族も大切にしてくれるでしょう。

あまり几帳面過ぎない

几帳面なことは悪いことではありませんが、度が過ぎてしまうのは考えものです。また几帳面な人は自分はもちろん他人にも同じように厳しい傾向があるので、女性は一緒にいる時間が長ければ長いほど疲弊してしまいます。

言葉は悪いですが、人間にはある程度のいい加減さ、そしておおらかさが必要です。おおらかであるということは、気持ちに余裕があり器が大きいということでもあります。そういう相手と一緒にいれば、自分もゆったりとリラックスした気持ちで過ごすことができるでしょう。