素直に謝罪!彼女と仲直りするための方法5選

記事の著者:Kanako

大好きな彼女と喧嘩をしてしまって、なかなか仲直りをする機会がない…。付き合っていたら喧嘩をすることは多々あるでしょう。

とはいえ、なかなか仲直りのきっかけをつかむのは難しいもの。どうして喧嘩になったのか…喧嘩の原因がわからない…。謝っても、どうもそういうことじゃないらしく、許してもらえない…。

もう口もきいてもらえない…どうやったらきっかけをつくれるの?などなど、喧嘩の原因や彼女の性格によって、お悩みポイントはさまざま。

そんな困ったときに、彼女とうまく仲直りをするための5つの方法を紹介します。

相手の立場になって考える

男性は何故喧嘩になったのか、どうすれば仲直りできるのかということばかりを考えて、彼女の気持ちは無視しがちです。

しかし実際のところは彼女はただ自分の気持ちを理解してほしかっただけ、ということはよくあります。

・疲れているときに話を聞いてほしかったのに、うるさいと邪険にされた。
・外出先でちょっと寄りたいところがあるのに、さっさと先に行ってしまった。

などなど、男性が何気なくやってしまうことで、彼女は拒絶された・わかってもらえていないなど感じることが多いようです。

喧嘩の際に彼女の立場になって気持ちを考えてあげることで仲直りがスムーズになります。

手紙を書いてみる

彼女との仲直りをする際に意外と効果があるのは手紙を書いてみることです。

普段はLINEや電話で連絡を取り合うことが多いので、いざというときに活字での手紙を送ってあげることで、誠意を感じさせることができます。

謝ってみる

一見シンプルなことのように思えますが、行動に移すとなるとなかなか難しいことです。特に自分が悪いと思っていないのに、謝るのは納得がいかないかもしれません。

しかしここで大事なのは悪いと思っていなくても、謝ることです。ただ「ごめんね」と一言謝るだけで彼女の気持ちに変化が起きることもあります。

少しでも気持ちが柔らかくなれば、なかなかわからなかった怒った理由も、話してくれるでしょう。

ただしその時、問い詰めるように聞いてはNG。そもそもケンカしたときにはっきり言わないほどなのですから、彼女側から見れば言いにくいこと。ぽつぽつ話してくれる言葉に、根気よく耳を傾けましょう。

また、理由を話始めた時に、なんだそんなことで怒るなんて、別に大したことじゃないだろう、などと、彼女の意見を否定する発言は避けましょう。

一度否定の言葉を聞いてしまうと、女性は気持ちがすっとさめ、その後何も言ってくれなくなります。言ってくれないまま、着々と別れの準備を進めてしまうこともあるので、離れたくないなら否定的な発言は避けるといいでしょう。

抱きしめてあげる

喧嘩をしたときは、そっと後ろから彼女を抱きしめてあげましょう。科学的にも抱きしめてあげることで、安心感がわくことが証明されています。

ただしこれはかなり注意が必要。顔もみたくないほど怒っているときにやってしまうと、火に油を注いでしまいます。

見極めるポイントは、怒っているのか、悲しんでいるのか。意見の相違や相手の言動に怒って拒絶している状態なら、逆効果です。

反対に、気持ちを理解されずわかってもらえない、と落ち込んでいるときは、この方法は有効でしょう。しかし、どちらにせよ嫌いな相手から抱きしめられるのは一番嫌なもの。

知らず知らずのうちに、好きな彼氏から嫌いな他人になっていないか、確かめてから行動に移しましょう。相手がかっと頭に血が上っていても抱きしめられると冷静に話してくれるようになります。

プレゼントを送ってみる

喧嘩をして彼女にあやまってもなかなか許してもらえない。そんな時には彼女にプレゼントを送ってみましょう。

プレゼントをもらって嫌な気がする人はいません。そんなに高価なものでなくても花束の1つで仲直りのきっかけが生まれます。またプレゼントではなくても、ごはんに連れて行ってあげるのも同様に効果的です。

ただしこれも、「物を上げたら解決!ゆるしてもらえた!」と思うのではなく、仲直りのきっかけでしかありません。

プレゼントした後に、何で怒っていたのか、原因は何か、今後どうしていったらいいか、これを聞き出してお互いに解決していかなければ、また同じことを繰り返します。

どちらにせよ、お互いにお互いを理解して、思いやることが仲直りですので、そのポイントだけは忘れないようにしましょう。