社会人に出会いがない原因と出会いの場16選:どうやって出会いのきっかけを作る!?

記事の著者:竹井 未来

学生の頃であれば、学校に行けばたくさんの人に出会えるし、部活やサークル活動をすれば他校の学生とも出会うことができました。

社会人になると仕事も忙しく、友だちと会うこともそうそうなくなり、「出会いがない」「出会いの場ってどこなの?!」と悩む人が増えています。しかし、社会人になったからこそ出会える場もあるということを知っていますか。

出会いを求めて行動する前の下準備から、社会人の出会いの場を紹介していくので、社会人になって出会いがなくなったという人はチェックしてみて。

目次

社会人になると出会いがない原因と対処法

自由な時間がない

社会人の多くが、出会いがない理由として自由な時間がないことを挙げています。

仕事を一生懸命頑張ることはもちろん大切なことですが、今後の人生をより豊かにするために、自分の時間を作ってみて。

そのためには、ライフスタイルの見直しが必要です。最近ワーク・ライフ・バランスという言葉をよく耳にするようになりましたが、大切なことです。

仕事と私生活のバランスを上手に取っていけるよう、自分のライフスタイルを見直していくことが大切です。

職場と自宅の往復ばかり

夜遅くまで仕事をして、朝早くから出勤…そんな社会人は、どうしても職場と自宅を往復するばかりになってしまいます。そうであれば、出会いが少ないのも仕方ありません。出会いといえば、職場か通勤中の電車等に限られてしまいます。

そんな人は早起きをしてみましょう。慣れるまできついかもしれませんが、早起きは三文の徳といわれています。24時間をどう使うかはあなた次第ですが、使い方を変えれば新しい出会いに繋がる可能性が広がります。

朝、散歩する、ランニングする、朝風呂をする、いつもより早く出勤してみるだけでいつもと違う出会いがあるかもしれません。

朝の心がけ一つで、健康、美容にも繋がり、出会いのきっかけも増えます。

休日に疲れて家にこもってしまう

どうしても、仕事中心の生活になりがちな社会人。休みの日にも疲れて家にこもってしまう…そんな人も少なくないはず。しかし、そのままでは出会いは一向に増えません。先ほど紹介しましたが、出会いは職場か通勤中に限られてしまいます。

そんな人は、勇気を出して休みの日に予定を入れてみて。休日に友人と食事に行き、友人に新しい友人も紹介してもらえば出会いの幅は広がり、様々な情報を得ることもできます。

友人との予定がなければ一人でどこかに出かけてみるのもあり。出かけた先で、素敵な出会いがあることもあります。

社外の人との交流が少ない

社会人は、毎日会う会社の人とばかり交流を深めてしまいがち。会社内でパートナーを見つけることも、素敵なことですが、職場に好みの相手がいない…と感じているならば、すぐに社外の人と交流できる場を探してみて。

おすすめは、趣味や習い事を始めることです。趣味が同じで結婚される人は多くいます。趣味を通じて親密になることが多く、休みの日の過ごし方がイメージしやすいからでしょう。

また習い事は一度ではなく、定期的に実施できるため会話を重ねることができるのが魅力的なポイント。趣味がない人は、まずは興味があるジャンルから調べてみることが重要です。

出会いの場に行く前に準備すること

服装

「出会いの場だから」といって張り切る気持ちもわかりますが、露出の多すぎる服だったり、派手な色をした服装は男性陣に引かれてしまうので控えた方がいいでしょう。

例としては、ワンピースやひざ下のスカートがおすすめ。スカートを履きたくない、露出したくない場合には、スキニーパンツがおすすめです。

言葉遣い

言葉遣いは、丁寧な言葉を使おうと意識していても、ついついいつもの癖が出てしまうものです。

つまり、普段から言葉遣いに気をつけるのが一番の近道。友達と話すときに少しでも意識し続けていれば、次第に矯正されるはずです。

友達からの印象も変わり、一石二鳥。言葉遣いは私生活だけでなく仕事場でも重要なものになってくるので、丁寧な言葉遣いを心がけてみて。

常識を知っておく

当たり前のことをすることは、案外難しいものです。例えば、「いただきます」などの挨拶から、お箸の持ち方など。

これらの常識をどれほど知っているかは生まれ育った環境に依存しやすいものではありますが、今からでも知識として知っていけばOKです。

社会人の出会いの場16選

1.サークルに所属する

出会いの場を求めているなら社会人サークルに入るのがおすすめ。社会人サークルの強みは類友、共通の趣味趣向で繋がれる上にコミュニティとしての一体感があるために仲良くなりやすい点です。

20〜40代までの男女があつまり、飲み会やバーベキュー、スポーツ等さまざまなイベントを運営開催しているところも。

OL、公務員、保育士、美容師、医師、看護士、社長などあらゆる職業の人が参加しているので、結婚相手に条件を求める人には嬉しいポイント。自分の趣味を活かしたサークルに所属するとストレス発散にもなります。

しかし女性しか参加しないようなサークルに所属することは避けることがおすすめします。できるだけ男女で一緒に活動できるようなサークルだと、男性と話す機会が増えます。

2.職場や社内のイベントに参加する

あるサイトの調査では、結婚できたカップルのうち約3割が会社で出会ったという調査があります。実際男女が入り混じる職場であれば、これほど恋愛に好都合な場所は他にありません。

おすすめは、いつもは顔を合わせない人とも話ができるチャンスである、宴会や忘年会に積極的に参加して、顔を覚えてもらうことです。

3. 会社のビル内の共有スペース

他の会社の人と出会う確率が高いエレベーター。「よく会いますね。」と声をかけてみると、いいきっかけになります。相手に不快感を与えてしまわないように、あくまでも自然に話しかけるのがポイントです。

タバコを吸う人なら喫煙ルームも良い出会いの場となります。ちょっと一息つこうというタイミングが合うのは、もしかすると相性が合うのかも。

ただし、お互いにリラックスしに喫煙ルームに来ているということを忘れずに。笑顔で会釈をするなど、まずは顔を覚えてもらうことから始めてみて。

4. 習い事

学生の頃にはできなかった習い事を始めてみるのもおすすめ。そこには新しい出会いが待っているはずです。料理教室、英会話、社交ダンス、ヨガスクールなど男女混合で行われている習い事は、結婚につながるきっかけとしての出会いの場になります。ジムやゴルフなど男性が多い習い事も出会いの幅が広がるため、おすすめ。

異性と出会うことを目的に通う場合は、理想的な相手に巡り合う確率は低いかも知れませんが、自分の技術を磨くついでとして「素敵な人がいればラッキーだな」ぐらいの余裕を持つのがベター。

好きなことを通じて出会った異性とは、共通の話題が絶えずに長続きするでしょう。

5.ボランティアに参加する

ボランティアや慈善団体での活動は、男女で協力することが多く、男女の出会いの場としておすすめ。ボランティアに参加する人は比較的時間に余裕のある人が多いので、交際率も非常に高いようです。

さらに異性にガツガツした雰囲気がなく自然に出会えるので、第一印象でも警戒心を持たずに打ち解けることができ、男女共に穏やかな気持ちで付き合いを始めることができます。

自分の地域の名称とボランティアというキーワードで検索をしてみれば、色々な社会福祉団体やNPO法人のボランティア募集情報が表示されます。

若い学生だけではなく社会人や中高年、初心者も大勢参加しているので、試しに一度参加してみるのもおすすめです。

6. 飲み会

社会人になると、学生の頃よりも飲み会は圧倒的に増えます。個室のお店では難しいですが、大衆居酒屋などの隣の席が近い居酒屋で隣の人と仲良くなり、そこから発展することも多々。

人付き合いが苦手な人は不参加になりがちですが、出会いがないと悩んでいるなら、積極的に顔を出してみて。仕事に関係なく、普段出会うことのないような人との出会いがあるかも。

7. バー

学生だとなかなか入りづらかったバーですが、社会人なら1人で静かに飲みたい時に入ることができます。同じバーに何回か通うことで、常連客と親しくなれる可能性が高いようです。バーに来る男性は落ち着いている人も多く、無理な誘いはしてこないので安心。

ただし、お酒の場であることは忘れてはいけません。しっかりと相手のことを見極めることが鉄則。酔った状態での見極めは難しいですが、後悔しないためにも注意が必要です。

8.クラブやライブ会場に行ってみる

趣味で出かけた先でも意外と出会いが待っているものです。特に成功率が高い場所はクラブやライブ会場。音楽好きは同じ趣味を持っているということで話が弾みやすく、短期間で仲良くなりやすい傾向にあります。

特に野外フェスは「一緒に回りませんか?」という一声でグッと接近できるのでおすすめ。

9. 同窓会

同窓会は、気が知れている昔の友達に出会える場所です。同じように出会いがないと悩んでいる異性も多く来ています。初恋の相手がもしも結婚していなかったら、当時の淡い恋心が再燃するかも。

しかし不倫のきっかけにもなりやすいのが同窓会。相手が既婚者ではないかを一番に確認することが重要です。

10. 友人の結婚式

年齢を重ねていくと増えるのが友人の結婚式。最初は祝う気持ちで出席しますが、段々むなしくなってしまうことも。しかし、悪いことばかりではありません。出席者の中には少なからず独身男性がいます。

友人の結婚式で幸せにひたっている時に出逢った相手なら、すぐにゴールインできる可能性も高まります。

11.FacebookやInstagram

最近増えているのが、FacebookやInstagramを使って出会う方法です。Facebookでは、自分の興味のあるお店の情報を集めたり、色んなサークルやグループなどが多くあるため、そこに登録して出会いを求めることもできます。

また、友人の友人とメッセージのやり取りをするなど、安心して交流することができるのもメリットの一つです。「出会いがない」と投稿してみるのも手です。

Instagramやtwitterではハッシュタグと呼ばれる機能を使って、出会いを検索することができます。「#つながりたい」「#フォロバ」(フォローバックの略)などをつけて投稿すると、他の人から見つけてもらうことが可能です。

12.ナンパで出会う

ナンパはどこでもできる上に、好みの異性の連絡先を知ることができて、場合によってはそのまま2人で遊ぶことができます。まずは自分のことを見てもらうためにひたすら声をかけると、何人かは立ち止まって話を聞いてくれるかもしれません。

自分に興味を抱いてくれる異性を見つけるまで声を掛け続ける辛抱強さが重要ですが、出会いの場を作るにはおすすめです。女性は声をかけられたら、最初から断るのではなくとりあえず話をしてみて。

話していくうちに仲良くなって、そのまま素敵な出会いに繋がる可能性もあります。

13.合コンに参加する

合コンに参加する異性と付き合うのにためらいがある人は、考え方を変えてみて。自分と同様に合コンに参加した人は恋愛に積極的な人が多いので、付き合える確率も高くなります。

最も異性と出会いやすい上に付き合える、もしくは結婚できる可能性が高いので、異性と出会いを作りたいと考えている人は合コンに参加するのもおすすめ。

14.街コン

街コンというと、出会いがない人や若い世代ばかりが集まっているようなイメージがあります。しかし実際には、街コンに参加している人の年齢層には幅があり、バツイチの人が参加していることも。

仲間内の合コンよりも、ずっと規模が大きいイベントと考えることができます。さまざまなジャンルの人と出会えるので、自分に合った人を見つけやすいとスポット。

街コンMAPで探す

15. 婚活パーティ

partyparty

もっとしっかりと将来のパートナーを確実に探したい!でも、お見合いは少し早いかな…という人には、婚活パーティーがおすすめ。

お見合いよりも、たくさんの人と出会うことができるのが婚活パーティです。効率的にたくさんの人に会うという意味ではおすすめ。

誰か一人に絞らずに、たくさんの人と交流をしつつ出会いを見つけたいという人は、婚活パーティも考えてみて。登録することには、勇気が必要かもしれませんが、あなたと同じように真剣に出会いを求めている人がいるのは、大きな利点です。

PARTY☆PARTY[公式]

16. お見合い

お見合いというと堅苦しいイメージがありますが、結婚を真剣に考えているからこそ出会える相手です。そろそろ結婚を考えている人はお見合いもおすすめ。

お互いが結婚という目標に真剣に向かっているため、失敗は少ないといえます。出会いがない…と両親に相談しているのもいいでしょう。

オンラインで社会人ならではの出会いを

ネットで知らない人と出会うのは抵抗があるかもしれませんが、まずは異性と出会うことを目的とするのではなく、自分の人間関係そのものを広げるために使ってみて。

まずはマッチングアプリに登録して、自分にあった理想の相手を探してみましょう。中には結婚までいくカップルもいるので要チェック。仕事が忙しくて出会いの場に行く暇もないなんて人も、マッチングアプリならスキマ時間を活用できるのでおすすめ。

1.真剣な出会いを探すならOmiai

Omiai

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

2.オトナの出会いならハッピーメール

happymail

ハッピーメールは気軽に出会いを探したい人にぴったりのマッチングアプリ。もともと出会い系のイメージが強かったハッピーメールですが、現在は時代の流れに合わせてマッチングサイトとして運営されています。

累計登録者数はなんと1700万人。その中にはオトナの出会いを求めている男女も数多くいます。プロフィール情報を見て慎重に相手を探すことができる他にも、写真を見て、好みの容姿の方にアプローチすることが可能です。

24時間365日監視体制でサクラや業者はほとんどいません。女性でも安心して出会うことができます。また女性は無料で使えるのでお得。気軽に多くの出会いを楽しみたい人はハッピーメールをチェックしてみて。

ハッピーメールで新しい出会い[18歳以上]

3.ユーブライド

婚活サイトというと、現実に出会いのない方が使うイメージがある人も一定数存在します。しかしアメリカでは結婚した人の3組に1組が、オンラインのサイトで出会った人と結婚しているというデータがあります

ユーブライドは運営歴18年の老舗婚活サイト。会員数は150万人を超えています。日本最大級の婚活サービスで、約6割が3ヶ月で結婚に至っています。

結婚までの期間が短いということは、それだけ結婚に真剣な人が多いということ。確実に結婚相手を探したい!という人におすすめのサイトです。

ユーブライドで婚活

4.楽天オーネット

結婚相談所に登録するとなると、敷居が高いもの。しかし恋愛の先の結婚を考えている場所ですので、結婚相談所での出会いは一石二鳥です。

登録料が必要だというデメリットがありますが、スタッフなどサービスも充実しているので、サポート面も安心。出会いの場を見逃さずに、結婚まで一気にゴールできる可能性が高まります。

楽天オーネットでは、自分がどのくらい結婚に向いているのかを判断する結婚チャンステストを無料で受けることが出るので、気になる人はチェックしてみて。

楽天オーネットの結婚チャンステスト

おすすめマッチングアプリBEST3

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。