シングルマザーが恋愛するためのポイント紹介:恋愛しちゃダメって思ってない!?

記事の著者:Kanako

シングルマザーだからと言って恋愛に興味がないわけではなく、できれば子どもも自分も幸せだと思える相手と出会って恋愛できたらいいな…という女性は多いはず。

そこでシングルマザーが彼氏をつくるための方法や、シングルマザーが恋愛をするときに気をつけるべきポイントを紹介していきます。

離婚率は年々増加していて、シングルマザーも増えています。しかし、世間にはシングルマザーに対して冷たい目で見る人も少なくありません。そういった環境で恋愛をするのは勇気がいることかもしれません。

しかし、幸せになる権利は誰にでも平等にあります。子供がいる場合は慎重になりつつ、自分の幸せをつかみましょう!

シングルマザーは恋愛対象になる?

MIRORが2018年に行った20~30代の男性向けのアンケート調査によると、シングルマザーは恋愛対象に「なる」と答えた男性が13%「ならない」と答えたのが87%という結果になりました。

30代までの男性は初婚であることが多いので、シングルマザーを恋愛対象外とする男性が大半を占める割合に。

シングルマザーに対する男性の意見

シングルマザーに対する男性の意見を、賛否それぞれ紹介します。

シングルマザーも恋愛対象の男性

数は少ないかもしれませんが、シングルマザーを恋愛対象とする男性も少なからずいます。

意見としては、好きになったからしょうがない、シングルマザーになった経緯を知りたい、恋愛は続行するというものが挙げられました。シングルマザーの女性と結婚ができるかという質問では、子どももいるので慎重になる男性が多数。

どのような理由でシングルマザーになったのかを、知った上で付き合っていきたいという男性意見が多くあります。

シングルマザーは恋愛対象外の男性

シングルマザーは恋愛対象外の男性意見は、他人との間の子どもを愛せるか不安、離婚理由にもよる、一気に家庭を背負う責任が挙げられました。

先ほどの、シングルマザーも恋愛対象の男性と同様で離婚理由は気になるよう。理由次第では、考えが変わる男性もいるでしょう。

しかし、男性はシングルマザーとの恋愛=結婚をしたらすぐにパパになるという責任感や不安感があります。このような男性を好きになってしまったら、ゆっくりと関係を進めていきましょう。

シングルマザーの恋愛事情

シングルマザーは恋愛に対してどんな意識を持っているのでしょうか。

モテるシングルマザーの特徴

シングルマザーであるからと、恋愛に億劫になることはありません。シングルマザーの女性だからこそ、出てくる魅力もあります。

苦労をしているイメージのシングルマザーなので、笑顔が絶えなかったり苦労を顔に出さない女性は魅力的です。多くの苦労をしているのに、弱音や愚痴を吐かないで頑張っている姿も好印象です。

また、1人で子どもを育てていくという責任感も良いでしょう。シングルマザーであることによって身に付けた、責任感や家事力はとても魅力的なのです。

恋愛を諦めている人も多い

シングルマザーが恋愛をするというのはうしろめたさがあるかもしれませんが、子どもへの気遣いをした上で恋愛はしても大丈夫でしょう。世間では冷たい目で見る人もいますが、気にする必要はありません。

パートナーを見つけるために恋愛するのもいいですし、女として扱われたいという理由で恋愛するのも悪いことではありません。幸せになる権利は誰にも等しくあるのです。

次の恋愛になかなか踏み出せない

1度、結婚を失敗しているため次の恋愛も上手くいかないのではないかと不安になってしまうシングルマザーは多いでしょう。

周りの人にも、次も上手くいかないのではと言われることも。周りの人からの忠告によって、恋愛に踏み出せなかったり不安になってしまいます。

シングルマザーが彼氏を作りづらい理由

恋愛をしづらいというシングルマザーが多いようですが、実際どうしてそのように思ってしまうのでしょうか。

世間の目がある

年齢にもよりますが、子どもの世話でさえ大変なのに彼氏に割く時間があるのか、子育てをないがしろにするのでは、といった世間の厳しい声があります。

テレビニュースや新聞でも、シングルマザーに彼氏ができたことによって起きた悲しい出来事が報道されることにより、世間がシングルマザーに向ける目が厳しくなっているのかもしれません。

彼氏は作りづらい状況にはなっていますが、子供を大切に考えてくれていることは悪いことではないと言えます。

子どもに彼氏を紹介しづらい

もしシングルマザーに彼氏ができたとして、その存在をどうやって子どもに伝えるのでしょうか。

お母さんの彼氏、というイメージは子どもに衝撃を与え、お母さんが知らない人に取られてしまうかもという不安も抱きます。

またそれを受け入れることができたとしても、彼氏と別れてしまった場合にも子どもに負担がかかってしまいます。

子どもに彼氏の話をしない、という選択肢もありますが、隠していたことがバレてしまうよりは自ら打ち明けた方が子どものショックは少なく済むかもしれません。

シングルマザーが彼氏を作る際に重要なマインド

シングルマザーが彼氏を作るときに注意すべき点を紹介します。

最初から完璧を求めすぎない

子どものことを大切に考えるあまり、シングルマザーは彼氏に対して求めることが多くなりがちです。

けれども、最初から求められることに対して、すべてを完璧にできる男性は非常に少ないといえます。

最初から完璧を求めすぎないようにすると、出会いのチャンスが増えることでしょう。

頭の中から「結婚」をあえて忘れる

シングルマザーとの恋愛は、子どものことがあるため、最初から彼氏にプレッシャーがかかってしまいがちです。

彼氏に対しても、自分に対しても、そのハードルを下げる意味でも、あえて「結婚」を忘れましょう。

一人の男性と女性として向き合うことによって、自然な形で愛が育まれます。

魅力ある女性になる努力をする

毎日母として、社会人としての生活に必死なシングルマザーは、「女磨き」をする時間が取りにくいものです。

しかし、せっかく出会いのチャンスがあっても、魅力的な女性でいなければ、それを逃す可能性があります。

1日に数分でも構いませんので、魅力ある女性になるための努力をしましょう。

「自分の気持ち」に対して正直になる

子どものこと、これからの生活のこと、責任感の強いシングルマザーは考えることがたくさんあります。

しかし、恋愛において重要なのは、「自分の気持ち」に対して正直になることができているかどうかです。

新たな恋愛は、最終的に「子ども」のためではなく、「あなた」の意思が大切です。

焦らず、気負わず、ためらわず

仕事と子育てに忙しいシングルマザーですから、数少ない出会いのチャンスは、確実にモノにしたいですね。

しかし、最初から彼氏に対して「子供の父親」を求めすぎると、それが彼氏へのプレッシャーにつながり、肝心の恋愛が発展しないことがあります。

シングルマザーの恋愛は、「子ども」を理由にするのではなく、「自分の幸せ」を理由にするといいでしょう。

誰よりも子ども想いのシングルマザーですから、「自分の幸せ」の中に「子どもの幸せ」は当然入っているのですから。

シングルマザーの恋愛で気をつけるべきポイント

いざお付き合いを始めてから注意するべき点がこちら。

相手にシングルマザーであることを最初に言っておく

シングルマザーであることを知らずに好意を持ってくれた男性に打ち明けるのはなかなか難しいかと思います。

タイミングもあるかと思いますが、いつまでも隠していることもできないですし、付き合いが長くなってから打ち明けたりするとトラブルの火種となることが想像できますよね。

最初に振り分ける意味でも早めに打ち明けることをおすすめします。

子どもに強いない

自分が好きになった人を子どもにも好きになってもらいたい気持ちはあると思います。

彼のことを好きであればあるほどその気持ちはあると思いますが、でも感情や好き嫌いは人それぞれ。

また、子どもの年齢によっては母親の彼氏という存在や母親が恋愛をするということに戸惑いや嫌悪感を抱くこともあります。

受入れるペースは人それぞれですので、子どものペースに任せてあげてください。

子どもの優しさを真に受けない

お母さんが喜ぶだろうと思うと本音を言えない子どもはたくさんいます。

お母さんを悲しませまいと無理をして「いいよ」と言ってくれていたとしても、本当にそうなのかな?と表情や声のトーンや行動などでできるだけ子どもの気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

母親と言え、全部わかるわけではないと思いますが子どもができるだけ本音を話せる環境を日頃からつくっておくことも大事ですね。

再婚がゴールではない

結婚と同じですが、結婚がゴールでないのと同じように、再婚もまたゴールではありません。

再婚をしたいと思ったら再婚をすることが幸せのように感じるかもしれませんが、再婚は幸せのひとつの形でありそれが全てではないということを理解していれば大丈夫です。

結婚率が低くなり離婚率が高くなり、再婚や子連れ婚も増えているのも事実です。

これは人の幸せの形がそれだけ増えていることを表しているとも言えます。どんな形だったら幸せだと思うかを子どもと話しながら探してみるのもいいと思いますよ。

男性の適当な発言をあてにしない

男性とデートをしたりしていると、「シングルマザーが好き」「子どもが好きだから大丈夫」と自分は受け入れる覚悟があるという男性が現れますが、シングルマザーにとって彼らの発言はどうしても疑ってしまうものです。

「シングルマザーが好きというけど、結局は子どもがいない方がいいよね」、「本当に子育てする覚悟あるの」と疑ってしまいます。

結婚経験のない男性はシングルマザーの立場になったことがありませんし、出産の立ち合いをしたことがないので、子どもの大変さを知りません。

シングルマザーの恋愛では男性の安易な言葉は信じずに、会うのは月に1~2回、セックスをしたくても数か月に1度など、相手に忍耐があるのか行動や発言で判断したいです。

彼と子どもとの関係性を考えよう

彼氏ができたとして、彼と子どもとの関係をどのように構築させたらよいか…と悩む女性も多いでしょう。以下を参考にしてみて。

彼と子どもを会わせるタイミング

子どもと彼を合わせるタイミングですが、ほとんどの場合は、あまり関わらせる必要はないと思います。

子どもにとって知らない男性が突然現れるのはストレスですし、仲良くなっても結婚するわけではなければ関係が途切れて悲しい思いをさせてしまうかもしれません。

子どもと彼が関わる適切なタイミングは、結婚することがお互いの間で同意が取れている時が一番安全です。

彼よりも子ども優先

彼とデートをして好きな度合が増してくると、どうしても彼とのデートを優先させたくなってくるでしょう。

しかし、この時も子どもを最優先させることを忘れずに。子どもの予定やご飯を優先して、彼とは空いてる時間で会うというのを原則しなければなりません。

じっくりと子どもと向き合う

シングルマザーに育てられる子どもは、母親の精神状態に敏感です。

恋愛を考え始めるなら、意識してじっくりと子どもと向き合う時間を毎日つくり、子どもが母親から愛されている実感を深く得られるように心がけましょう。

恋愛によっては自分の気持ちが一喜一憂してしまい、子どもにそれが伝わってしまうこともあります。

彼氏と子どもの相性を見極める

いくら自分と彼氏の相性が合っていても、彼氏と子どもの相性がよくなければ再婚後に思わぬ苦労に苛まれることになります。

そのため、結婚を視野に入れた彼氏と子どもの相性は、しっかりと見極めましょう。子どもが彼氏に懐くかどうか、一緒に過ごす時間を増やしながら確かめるのがコツ。

シングルマザーの出会いの場

これまでシングルマザーの恋愛について紹介してきましたが、そもそも出会いから探さないと…という人は以下の方法で相手を見つけてみて。

職場

シングルマザーは仕事や家事、子育ての両立で恋愛に割く時間がないと言われていますが、職場での出会いならわざわざ時間を割かなくても出会いの場として成り立ちます。

シングルマザーで出会いを探している人は自分の勤務先など身近な所に目を向けてみると、案外良い出会いのきっかけが見つかるかもしれません。

マッチングアプリ

Omiai

子育て、家事と仕事の両立で自分の時間がかなり限られ、また職場にも良い人がいない…という人におすすめなのがマッチングアプリ。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

SARAS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。