目が合ってもそらさない?目をそらさない男性心理5選

記事の著者:Kanako

男性と女性の視線は微妙に違う心理があります。好きな女性ならまじまじと近くで見ていたいし、好きな男性なら遠くからでも見ていたいものです。

男性は、自分の話をするとき相手を見つめる傾向があります。目をそらさないことは、相手からの何らかのサインです。一体男性は目をそらさないでどんなことを訴えたいのでしょうか。

目をそらさない心理にはポジティブなものとネガティブなものがあります。どのようなものがあるかみていきましょう。

目をそらさない男性心理 ポジティブ篇

目をそらさないでずっと目を離さない男性はどのような心理をしているのでしょうか。

相手の女性と仲良くなりたい、相手に興味がある、好意があるなど、ポジティブな心理が考えられます。男性は興味がない女性や、手の届かないと思っている女性とは目を合わせません。

目を合わせてからの目の動きなども分析すると感情が読み取れてくるかも。

仲良くなりたい

相手のことを知りたいと思ったり、仲良くなりたいと思っていると自然に相手のことを見て情報を得ようとします。

興味がない人にわざわざ見つめることはないし、むしろ目を合わせたくないと思うことも。

あなたに興味があるかもしれないのでいろんな話をしてみてください。彼の気持ちが見えてくるかも。

話を真剣に聞いている

男性は自分が話しているとき話し相手の目を見る傾向があります。自分の話をちゃんと聞いてくれているか確かめるのです。

逆に自分が聞いている立場でも相手の話をちゃんと聞いているよということを伝えるために目を逸らさないで聞いています。

その内容が真剣な内容であればあるほど、ちゃんと目を逸らさないで聞いてくれるでしょう。そんな男性はきっと誠実な人です。適当な男性は目を逸らさないで聞いてくれません。

好意がある

シャイな男性は好きな人と目が合うと逸らしてしまうかもしれませんが、自分に自信がある積極的な男性は逆に目をそらしません。好きな人は見ていたいという男性心理です。

目を逸らさない男性は自分に自信のある人であはありませんか。彼の性格も踏まえて目を逸らさない男性が自分に気があるのか判断してみましょう。

遠くから目が合うなんてことがあれば、かなり高い確率で好意を持たれています。目が合ったとき微笑みかけるのが1番効果的です。

目をそらさない男性心理 ネガティブ篇

目をそらさない原因には単に目が悪かったり、睨んでいるという場合も考えられます。しっかり相手に視点を合わせようとして、感情抜きに目をそらさない状況を作ることも。

目をそらさない人の割と多くの原因にあげられるので、相手の視力の情報なども知っておくと心理を確かめやすいです。

目が悪い

目が悪いと相手のことをちゃんと見ようとします。恋愛感情がなくても、目の悪さ故に自然に見てしまうのです。

目が悪いと目が合っていることに気付かなかったり、酷い場合は見つめ合っていることにすら気付いていないかも。

また、自分の顔になにかついていたりするときも相手は注意するべきか悩んでいるうちにずっと見つめてしまったということもあります。こっそり鏡を見て確認しましょう。

睨んでいる

これはレアケースかも知れないですが、あなたに恨みがあり睨んでいるということもあります。

目が笑っていなかったり、鋭く見つめられている場合は要注意。

心当たりがない場合でも気付かないうちに恨みを買ってしまっているかもしれないです。見つめているのか睨んでいるのか確かめましょう。

目をそらさない理由は両極端

目をそらさない理由は、ポジティブとネガティブの2パターンがあります。今このような状況にいる人は、相手の心理がどれに当てはまるのか分析してみて。

好きな人から見つめられたと思って喜んでいても、実は好意的な視線ではなかったなんてこともあります。早とちりは厳禁です。相手がどのような意図で目をそらさないのかを理解した上で、付き合い方を考えていきましょう。