パートナーを失って気付くこと5選

記事の著者:Kanako

カップルとは、付き合い始めは何をするにも初めてでドキドキしますが、時間が経つにつれて関係がマンネリ化してしまいがちです。

もちろん結婚するカップルはいますが、その一方で価値観や性格の違いなどが原因で別れてしまうことも多いでしょう。しかし、別れてから改めて気付くことは沢山あります。

そこで今回は、女性がパートナーを失ってから気付くことを5つ紹介します。

パートナーを失って気づくこと5つ

失った存在の大きさ

パートナーを失ったときに初めて、彼があなたの中でどれほど大きな存在だったのか、ということに気付きます。ここで取り戻せるなら良いですが、そうでない場合が多いです。

どんなに自分に大丈夫と言い聞かせても、何気ない瞬間にふと思い出してしまうことがあるため、完全にふっきれるまでには長い時間を要する場合があります。

場合によっては、何年もの間ずっと引きずってしまうことも。そんな状況を防ぐためにも、パートナーと別れるときはお互いが後悔しないように、納得がいくまで話し合う必要があるでしょう。

居心地の良い存在だった

関係がうまくいっていないときは、パートナーやその存在を邪魔だと感じたり、一緒にいること自体を苦痛に感じることがあります。

しかし、別れた後はパートナーに対する負の感情がなくなり、その代わりにパートナーとの楽しかったことや嬉しかったことを思い出すことが多いでしょう。

そのとき初めて、自分にとって彼が居心地の良い存在であったと気付きます。関係がうまくいっていないときに別れるのではなく、1度距離を置くなどの措置が好ましいですね。

相思相愛になることの難しさ

別れた後、新しいパートナーを探す方法はたくさんあります。しかし、何人の異性と知り合えたとしても、自分が愛せる相手に出逢うことはそう簡単ではありません。

また、自分を愛してくれる相手に出逢うことも簡単ではありません。たくさんの異性と知り合えば知り合うほど、相思相愛になることの難しさを感じるでしょう。

別れてはじめて、相手がいかに貴重な存在であったのか、ということに気づかされるのです。

ひどい態度だった自分

別れたいと思っている頃は、イライラや不満がつのってパートナーに八つ当たりしたり、冷たくしたり、ひどい態度をとる女性は少なくありません。

しかし、とりたいと思ってそういう態度をとっている訳ではないので、パートナーを失ってから初めて気付き、反省することも。

さらには、それが別れにまでつながってしまったことを、後悔してしまうこともあるでしょう。

大切なのは中身

付き合い始めた頃はお互いに感情が高ぶっていて、恋をしています。しかし、そのような感情は次第に薄らいでいき、恋が少しずつ愛に変わっていくことで、結婚するカップルもいます。

しかしパートナーを失うことになった場合、お互いに恋から愛に変わることができなかった、またはどちらか一方は相手を愛せなかった場合だと考えられるでしょう。

長く付き合っていく中でお互いを愛する関係を築くには、相手の中身を愛することが必要です。

つまり、パートナーと愛し合える関係になるために重要なのは、最初にパートナーを選ぶ時点で、外見ではなく内面を重視しているか、ということだと言えます。

アプリで新しいパートナーを探す

Omiai

今回は、恋人と別れてパートナーを失った時に気付くことをまとめました。やはり失って初めて、パートナーの存在の大きさには気付かされるようです。

パートナーを失って、寂しい気持ちになるのは仕方ないことですが、次の恋愛に進むには、それを長く引きずらないことが大切です。今回気づいたことを、新たな恋愛に生かしていけると良いでしょう。

しかし、次の恋愛に踏み出したいと思っているけれど、なかなか相手が見つからない…という女性もいるのでは。そんな人にはマッチングアプリがおすすめ。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す