学校別!子供に必要な教育費の内訳を公開!

記事の著者:Kanako

パパ・ママになったみなさん、「子供の教育費は1,000万以上」という話を耳にしませんか?一括で支払うわけでもなので、なかなかピンとこないかもしれません。

ここでは、それぞれの時期にどれくらいの費用がかかるのかご紹介します。

幼稚園の時期にかかる費用

保育園に入っていない場合、多くの子は幼稚園に通うことが多いですね。子供を私立幼稚園に入れるのか公立幼稚園に入れるかで月謝が変わってきます。

私立の場合は月額約4万円(年間約48万円)、公立は月額約1万9千円(年間約23万円)が目安。これだけの差があるのなら公立幼稚園に通わせたいと考えるかもしれませんが、実際は公立は私立に比べて数が少ないのです。

自治体によっては私立幼稚園に通う場合の補助を出しているところもあるので、確認することをおすすめします。

小学校の時期にかかる費用

幼稚園が終われば、花の小学一年生です。小さな背中に大きなランドセルを背負う我が子をほほえましく見ることでしょう。

さて、小学校は6年制ですが、いくらかかるでしょうか。小学校は月額約8千円(年間約10万円)が目安。私立の小学校に通う人は約90万円ほどかかることに。小学校は公立に通わせる親が多く、その場合幼稚園の時よりも金銭的な負担は少なくなります。

また、多くは習い事を始める年齢。公立の小学校に通う子供も習い事を始めますが、私立に通う子供は、公立に通う子より習い事をする人が多いです。そうすると100万円を超える費用がかかることになります。

中学校の時期にかかる費用

中学校も公立か私立かによって、大きく学費が変わってくることになります。

公立の場合は、月額約1万5千万円(年間約17万円)です。その他に習い事だけでなく塾も通うようになるでしょう。その場合を考えても合わせて約45万円程になります。

ところが私立に通うとなると金額の桁が変わり、授業料だけでも月額約8万円(年間約100万円)程度。公立に通う子と同様に習い事や塾にも行くとなると、約125万円ほどになります。よほどのことが無い限り、現状では中学も公立に通わせる親が多いようです。

高校の時期にかかる費用

高校になると、私立に通う子供も今までより増えます。

公立に通う場合月額約2万円(年間約24万円)、私立の場合は月額約6万円(年間約72万円)が目安。習い事を含めると、それぞれ15万円~25万円程プラスになってきます。

高校生にもなってくると月額の授業料が大きく、その分親の金銭的な負担も増えることに。その代わり所得制限はあるものの、就学支援金という国の制度が存在します。上手く活用して、子供がより楽しい高校生活を過ごしていけるようにしていきたいですね。