デートで失敗した後に挽回する方法4選:素直に気持ちを伝えよう

記事の著者:Kanako

好きな人と楽しみにしていたデートが、失敗に終わってしまったという経験がある人は少なくないでしょう。

楽しみにしていただけに、後味が悪く残念な思いをしてしまいます。また、暗い気持ちのままでは次のデートがしづらいものです。

そこで、気持ちを入れ替えて再度デートを楽しむための挽回方法を紹介します。

1お礼のメールをする

デートが終って帰宅後、デートのお礼メールをしましょう。

失敗したことよりも先に、お礼の「ありがとう」を伝えることが重要です。

別れたあとのメールや連絡を待っている人は多いです。自分で失敗したと思っていても、メールのフォローで挽回できるかもしれません。

好印象にもなるので、必ずお礼のメールをしておきましょう。

2素直に相手に伝える

デートが失敗してしまった理由を冷静に考えてみましょう。

考えて自分で出した答えを箇条書きにして紙に書き、失敗の内容を見て、再度挽回したいという気持ちがあるのであれば、その気持ちをそのまま相手に素直に伝えることがいちばん大切です。

電話やメール、会ってでも構いません。

自分が思っているほど、相手のダメージが少ない可能性もあります。

3マメに連絡をする

失敗したことをひとまず忘れて、心機一転、話してみようという人は、失敗がなかったかのように積極的に連絡してみてください。

何事もなかったようにラインや電話をして明るい話をしてみたりして、その中で相手も気にしていないようなら大丈夫でしょう。

相手は失敗したデートのことをさほど気にしていないかもしれません。

そのときの対応を見ながら、自分の思いを伝えましょう。

4リベンジデートを計画する

デートで失敗することで、次のデートが億劫になりがちです。

しかし諦めたら、何の解決にもなりません。前回の失敗を活かし、二度と同じ失敗をしないよう再度デートプランを考えて相手を誘ってみましょう。

失敗は誰にでもあることなので、次回こそ楽しいデートができるよう、気持ちを入れ替えましょう。

「失敗は成功の元」といわれているように、失敗をすることで次に繋がります。