事前準備が肝心!離婚で養育費を多く貰う方法まとめ

記事の著者:Kanako

離婚をする事になってからは、何かと夫婦で話し合いをして決めなければならない事がたくさんあります。
養育費に関してもいつからいつまでもらって、どれくらい貰うのかという事を決めなければいけません。
これから養育費を少しでも多くもらう為にしておく事を紹介していきたいと思います。

1.養育費とは

養育費というのは、子供が生活していくために必要な費用と、保育園や幼稚園から大学までの教育にかかる費用、そして病気などにかかった時にかかる医療費と幅広いです。
そして基準としては、養育費を払う人が受けてきた教育レベルと同じくらいの教育を受けさせる義務があり、学習塾や家庭教師、予備校にかかる養育費を支払うこととされています。

2.養育費の決め方

養育費というのは、親の収入によって決まってくるものなので、一概にいくらと決める事は出来ません。
夫婦でよく話し合って決めていくのですが、まずは支払う側の親の年収ですが多ければ多いほど支払う養育費も上がっていきます。そして、親権を持つ事になる側の親の年収が少なくても貰える養育費は多くなります。
あとは、子供の人数や年齢によっても変わってきます。

3.養育費の平均

離婚が決まってから養育費を決めていくのですが、その時の養育費の平均ですが、子供が一人だったとしたら3〜5万円くらいが平均で、子供が二人の場合には、5〜9万円くらいが平均となりますが、この場合にも養育費を払う側の収入や親権を持つ側の収入によって変動します。そして、交渉の仕方によってはもっと貰える可能性もあります。

4.相手の収入を確認しておく

離婚して養育費を少しでも多く貰うためには、養育費を払う側の収入をちゃんと確認しておく必要があります。
やはり養育費というのは、支払う側の収入が多いほど貰える養育費は上がってくるので、支払う側が養育費を少なく提示してきてもきちんとした適正な金額を提示できる対応が出来るように相手の収入を確認しておく事は重要です。

5.教育費を計算しておく

離婚して養育費を少しでもたくさん貰う為にしておかなければいけない事として、子供が社会人になるまでの教育費を計算しておくという事が必要になります。
子供が学習塾へ通ったり学習教材を購入する費用や、受験をして高校や大学へ進学する際に必要な入学費だったり授業料などといった、あらゆる教育にかかってくるお金をあらかじめ計算しておく事は養育費を多く貰う為には重要な事です。