知れば納得!仮面夫婦が離婚しない5つの理由

記事の著者:Kanako

他人から見たら仲が良く見えても、実はすでに愛情が冷めきっているのに夫婦を続けている、仮面夫婦が世の中には存在します。

何故彼らは離婚を選ばず、夫婦を続けていくのでしょうか?実はそこには切実な理由が隠されています。

今回は仮面夫婦が離婚を選ばない理由を5つご紹介します。

1. 世間体を気にしている

結婚・離婚は2人だけの問題ではありません。2人が離婚をしたいと思っても、お互いの家族や会社など様々な人を巻き込むことになります。

「田舎の両親が悲しむのでは、、、」「近所の人に噂話をされて両親が嫌な思いをするのでは、、、」など家族への心配はもちろん、中には離婚をした事で会社での評価が下がってしまうことも。

このように世間体を気にすると、離婚をするより夫婦関係を続けていく方が無難だと考えるのは自然なことかもしれません。

2. 子供がまだ小さい

離婚を踏みとどまるのには、子供のためという理由も多いです。

特にまだ子供が小さいのであれば、子供の成長や周囲との関係性を考えると自分たちが辛抱してでも夫婦関係を続けていく方が子供には良いと考え、離婚にブレーキがかかります。

ただ、この場合は子供が自立したタイミングで離婚を決意する人も多いです。

3. 経済的な理由

離婚後に自身で生活をしていける稼ぎがない場合、離婚をしたくても出来ないというケースがあります。

もちろん相手から不当な行為を受けて離婚する、という場合は慰謝料や子供の養育費をもらう場合もありますが、基本的には離婚後は自分の力で生活をしていかなければなりません。

就業の経験が乏しい主婦の場合、突然自立する、というのはかなりハードルが高いことです。

経済的な理由で離婚しない人は、強い意志と覚悟を持たないとなかなか現状を変えることは難しいでしょう。

4. 離婚手続きが面倒

離婚は結婚をするよりも3倍の労力が必要と言われています。

子供や仕事と日々の生活に加え、離婚ともなるとかなりのエネルギーを要します。公的な手続きはもちろん、その他にも銀行やクレジットカードの変更など実に多くの手続きが必要になってきます。

このような事を考慮すると、暴力やパワハラなどよっぽどの理由がない限り、まだ離婚をするまでではないかなと踏みとどまってしまうケースが多いのも現実です。

離婚への労力を使うよりも、仮面夫婦としてでも生活を続けていく方が楽でメリットが多いということなのでしょう。

5. 家族と恋愛は別もの

仮面夫婦と言われる夫婦、全てが仲が悪いという訳ではありません。

当然、家族としては上手くいっているケースもあります。たとえ男女としての愛情はなくなっていても、二人の関係性が既に家族として結ばれていれば必ずしも離婚という結論に達することはありません。

どんなに問題があっても、実の両親や兄弟とは縁が切れないというのともはや似た感覚です。こういったタイプの夫婦は、男女間の愛と家族愛は別ものと考えています。

男と女の愛を求めるよりも、家族として上手くいっているのであれば、離婚する必要はないということです。