スムーズに成立!離婚したいけど理由がない時に準備する事柄5つ

記事の著者:Kanako

あなたは離婚したいと思ったことはありますか?
夫婦生活でなんらかの原因で離婚をしたいと思っても、明確な離婚原因が挙げられないとスムーズにはいきません。

裁判離婚へと発展したときに、法廷で定められている原因に当てはまらない場合は、離婚成立が難しくなることもあるんです。
ただし、協議離婚の場合は、特定の原因がなくても両者の話合いで納得できれば離婚を成立させることができます。

スムーズに離婚を成立させるために、用意しておくべき事柄を5つに分けてお教えします。

1.別居を始めてみる

離婚を決意する前に、まずはお互いが冷静に頭を整理するための時間を作ってみてください。
別居しても離婚への想いが変わらない場合は、しばらく別居を続けてみましょう。
5年以上別居し続けると、別居期間が長いということを離婚原因の1つにできます。

別居したからといって必ずしも離婚が成立するわけではありませんので、ご注意くださいね。

2.経済的な自立の確保

離婚した際に一番悩まされる問題として、金銭的な問題が多く挙げられます。
自身の生活に加えて、子どもがいたら子どもの生活費も稼がなければなりません。
離婚後の経済的自立が不安なら、今のうちに準備を進めることをお勧めします。

ハローワークなどで今の自分のスキルでできる仕事を調べたり、もし余裕や時間があるのであれば、資格を取ったりしておきましょう。

3.話し合う内容を明確にする

離婚するとなると、相手と様々な問題の話し合いが必要になりますよね。
そこで感情的になったり、問題が絡み合いすぎて話の内容が変わってきたり……なんてこともあるかもしれません。
そうならないためにも、あなたが解決すべき内容をあらかじめピックアップしておきましょう。

大抵の場合、離婚の際にはどうしても、全てがあなたの思い通りになるとは限りません。
うまくすり合わせができるように、ある程度、条件の幅を広げておくといいでしょう。

4.離婚したい意志を固める

配偶者がやり直せる余地があると思っている場合、あなたが離婚への堅い意志を持っていなければ、話し合いが難しくなります。
離婚調停の場合は、調停委員に離婚への強い意志を分かってもらう必要があるんです。
決して揺るがない気持ちを固めましょう。

本来、調停では弁護士は必要ありません。
でも、だからこそ、調停の段階から弁護士を連れていくなどすると、離婚に堅い意志があると思われやすくなります。

5.離婚時にもらえるお金を把握しておく

離婚する際には、必ず慰謝料や財産分与の問題が出てきます。
何も把握していないままで離婚をすると、損をしてしまうことも……。
早いうちから事前に、分与できるものを把握しておくといいでしょう。

現金や預貯金、不動産や株券、退職金などが、共有財産と言われるものです。
共有財産になり得るものをきちんと全て整理して、1つ1つ、相場まで計算することが大事。
そうしておけば、金銭の問題で後から後悔することもなくなります。