妊娠したけど彼と結婚したくない時の解決策5選:彼の話を聞いてみる

記事の著者:Kanako

もしも、結婚したいとは思わないような彼氏との間に子供を妊娠してしまったとしたら、あなたはどうしますか?子供の養育費を考えれば、結婚して両親がいる方が良いと頭では分かっていても、どうしても結婚したくない。

そんな時、一時的な感情で彼氏と別れたり中絶を決めるということは、子供にとってもあなたにとってもよくないことです。

今回は、あなたと子供が幸せになる為の判断が冷静に出来るよう、実践してほしい解決法を5つ紹介します。あなた一人の問題ではないため、いろんな人の意見を聞いた上で、決断しましょう。

妊娠したけど結婚したくない時の解決法

未婚の女性が妊娠した場合、多くの女性は罪悪感を感じたり、将来の不安を感じるそう。

ここでは、女性の未熟さや若さゆえに、焦って間違った選択をしてしまいがちな妊娠への解決法を紹介します。

冷静で1番幸せな選択ができるように、参考にしてみてください。

マタニティーブルーを疑う

マタニティーブルーとは、妊娠発覚後、ホルモンの変化によって急に将来に不安を感じたり、彼との関係が心配になったり、情緒不安定になる事で、2人に1人が発症してしまいます。大抵の場合、10日~2週間程で軽減されるようです。

もしも、あなたが妊娠発覚したばかりの時期であったとしたら、重大な決断はもう少し後にして、身体を休める事を優先した方がいいかもしれません。

母親に相談してみる

あなたの母親は、当然ながら子供を持つ厳しさや楽しさを経験しています。

結婚をせずに子供を産むと選択した場合、シングルマザーとして子供を育てていかなければなりません。そうなると、必然的に親や家族の協力が必要となってくるので、まずは母親に相談してみましょう。

母親だからこそ、あなたが一番幸せになれる道を示そうとしてくれるはずです。

彼とじっくり話し合う

妊娠はあなただけの問題ではありません。彼の気持ちを聞き、今後どうしていくべきなのかをじっくり2人で話し合う事が必要です。

今の彼だから結婚したくないと思うだけで、彼も変わってくれるかもしれません。親としての責任を自覚すれば、きっと彼もそれなりの努力をしてくれるはずです。

彼に責任を感じさせ覚悟してもらう為にも、まずは彼と真剣に向き合ってみることが重要です。

同じ気持ちを持った女性を探す

友人や家族に相談すると、あなたの為に色々な意見やアドバイスをしてくれると思いますが、必ずしも皆があなたと同じ気持を持った経験があるとは限りません。

今はネットで検索すれば同じ状況下に置かれた人の悩みや体験談などを、沢山見ることができます。同じ状況を経験した彼女達はどうやってそれを乗り越えたのでしょうか?

安易に全てを鵜呑みにするべきではありませんが、もしかしたらヒントになる答えが見つかるかもしれません。

子供の認知について考える

こちらについても彼とじっくり話し合う事が必須であり重要ですが、もし結婚せずに子供を育てると決断した場合、彼は子供の認知をしてくれそうでしょうか?

彼も子供の父親としての義務を果たして欲しいと思うのであれば、正式な届を出しておく必要があります。彼が子供の父親として認知しない場合、法律上の親子関係は認められず、子供の戸籍上父親欄は空白になります。

それは、子供が成長して自分の戸籍情報を調べたとき、父親が認知しなかったという事実はすぐにわかります。

どちらが正しいと一言で判断はできませんが、認知におけるメリットやデメリット、子供への影響を十分に考えた上で決断してください。

彼との別れを選択した時はペアーズ

妊娠したからには、将来や子供のこと、自分の希望を考えて最善の選択をしましょう。

しかし、無理に今の彼氏と結婚をしなくても、シングルマザーになってから理解してくれる男性と出会い、結婚する方法もあります。そこで、多くのシングルマザーの方も利用している、マッチングアプリのペアーズを紹介します。

ペアーズでは、プロフィールに結婚観を入力することができるため、子供は何人ほしいか、家事・育児についてなどの相手の考え方を知ることができます。

また、子供の有無も入力できるのであなたが子供ありと入力してもアプローチしてくれる男性は全て受け入れてくれる男性と言えるでしょう。

800万人以上いる登録者の中から、相性が良く、子供がいるという事実を理解をしてくれる男性をきっと見つけることができるはずです。

[無料]ペアーズで出会いを探す