一目惚れの離婚率が低い理由5選:遺伝子レベルで惹かれあっている?

記事の著者:Kanako

「出会った時にビビッときたから」は、結婚する時のよくある理由ですよね。

絶対失敗する!と思われがちな、一目惚れ婚。

アメリカでの調査では、一目惚れで結婚した夫婦が離婚する確率は、男性20%、女性10%と、意外にも極めて低いのです。

一目惚れ結婚での離婚の確率は、なぜこのように低い傾向にあるのでしょうか?

遺伝子レベルで惹かれたから

一目惚れのメカニズムの一つとして、女性が男性の”におい”で、自分と全く違う遺伝子を嗅ぎ分けて惹かれるということがあります。自分と全く違う遺伝子の方が強い子孫を残せるため、本能的に惹かれ一目惚れしてしまうのです。

このように遺伝子レベルで惹かれた結果、最強の遺伝子を残したいという本能がとても強くなります。離婚の危機になった時に、別れたいという気持ちよりも本能が勝るため無意識に思い留まり、離婚率が低下するのです。

男性からの一目惚れ

男性からの一目惚れの方が、離婚率は低いとされています。
一目惚れし、時間と労力を費やしてやっと手に入れた特別な存在を、簡単には手放せないという気持ちがあるので、離婚することが少ないのです。

男性は自分が必死に手に入れた物を、とても大切にする傾向があります。
よって男性の方から追いかける恋の方がうまくいき、結婚生活も長続きするのです。

似た者同士

一目惚れカップルは、似た者同士なことが多いです。
価値観や考え方や、趣味や嗜好が似ている者同士は、一目惚れしやすい傾向があります。

そもそも一目惚れというのは、必然的に同じ時間に同じ場所に居合わせた二人ということなので、それだけでも似たようなところがないとは言い切れませんよね。
趣味を共有できることは、結婚生活がうまくいく秘訣です。

小さいことは気にしない

結婚生活の中で何か問題が起きても、惚れた手前すぐに許してしまうので、大きなケンカになることが少なく離婚に至りません。
すぐに「私が惚れたのだから仕方がない」という気持ちになります。

初めから、相手に対してハードルを上げていない状態で結婚しているので、多くのことを相手に求めることがないのです。
理想と現実の差があまりないのが、大きなメリットになります。

年齢を重ねても冷めない愛

歳をとると、男女ともにシワが増えたり、体型が崩れたりするものです。
年齢を重ねることによる劣化が理由となり、離婚に至るケースが少なからずあります。

一目惚れ婚は、そのようなことで愛が冷めることはありません。遺伝子レベルで好きになっているので、見た目が原因で離婚に至ることはないのです。

一目惚れの相手を振り向かせるには

一目惚れの相手と付き合える人は、幸せ者ですね。

しかし、現実で一目惚れの相手に出会えることはなかなかありません。

初対面で一目惚れしてみたいという方はマッチングアプリを試してみても良いかもしれません。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す